紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

ai7n28

ai7n28の感想・評価

2.8
過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいのことは取り返しがつくのでしょうか

吉田大八監督っぽさが全くない作品
ak

akの感想・評価

3.2
若さとお金はきょうき
最初の方の駅のシーンに何故そうなったのか未だにわからないけど、旦那さんがめちゃくちゃ嫌な人であってほしかったなー。田辺誠一の無駄遣い
aiaiaikun

aiaiaikunの感想・評価

3.0
お金ってないと生きていけないけどお金あるせいで生きていけないものもあるよなあ
poko

pokoの感想・評価

3.4
思っていた映画とはだいぶ違いました。

「盗んだお金でも寄付することで人が救える。。何が悪いのか?」
※平祐奈の偽ホクロが気になる。。というのは置いといて。

ヒーローとして描かれた石川五右衛門みたいなことを言う女の子。。

自分のやりたいことをやる。
欲望のままに横領を繰り返す主人公。。お金持ちからお金を剥ぎ取って何が悪い??と欲望を満たし続ける。

突如、爽快に激走!
そして、彼女の行いのおかげ?で成長した手紙の少年。。。

正しい倫理感とは何なのか?と問いかけてる??

僕の倫理感では。
でもね…盗んだらあかんよ。
人のものだもん!俺はそれで爽快に走れないもん。。。多分。。内股気味に走っちゃうよ…

他の方法考えよ!
という結論でした。
gaaaa

gaaaaの感想・評価

3.6
“閉塞感”が生んだ“自由”への幻想。

“お金じゃ自由にはならない”

貨幣経済が崩れかけているタイミングに上映した意味とは。

子供の頃から、募金は実際どこに流れているのか、良いお金として使ってもらえてるのか疑問だった。
でも、信じるものだけが報われる。
それでいいんだと、見終わって強く思えた。

各々のキャスティングが素晴らしかったから、ほとんどの登場人物がクズに見えた。
雲丹

雲丹の感想・評価

-
見るのは2回目だった。美しく破滅していく宮沢りえを見つめる事、これは私にとってこの上ない高揚、快感だった。ホテルで過ごす幸福なひととき、運命を動かすぶち破りのシーン、とても好きだな。今後この監督作は劇場で鑑賞しようと確固たる決意に至るような、凄まじい歓喜の衝撃、天晴れな作品だった。
みこ

みこの感想・評価

3.8
歪んだ善意が織りなす、数々の横領に目が離せなかった。
ラストシーンが忘れられない。
かこ

かこの感想・評価

2.5
長期休暇中に海外旅行に行く機内の中でみて、なんで休暇中にこんな暗い映画観てしまったんだろうと後悔した記憶。笑
休みの日は仕事から離れるべきだなと痛感した映画だった笑
宮沢りえの変わっていく演技に
小林聡美の落ち着いた演技。
どちらも素晴らしい。
ラストもよかったです。
SADA2000

SADA2000の感想・評価

3.8
全体的にトーンが暗めで、終始何か緊張感に包まれた雰囲気でちょっと疲れた。

ストーリーも銀行の横領事件として現実的な展開で、これって実話?って感じるぐらいだった。

宮沢りえの演技◎。三井のリハウスの頃からこれまで、いい女優さんになりましたね。
>|