紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

悠

悠の感想・評価

3.4
一線を越える瞬間を見てしまった、いつバレるだろう...というドキドキ感
最初はビクビクしながらだった宮沢りえも話が進むにつれ、「さっさとやっちゃわないと」くらいの淡々とした表情に。

私も池松君と高級ホテルではしゃぎたいなぁ...
おにわ

おにわの感想・評価

4.2
この繊細さというか、邦画ならではの雰囲気が好き。横領したお金で若い大学生と不倫してる最中に流れる音楽が、おしゃれな恋愛映画みたいでアンバランスなのが、後戻りできない感じを際立たせてた。
はじめは軽い気持ちでも、恐ろしいことに発展するんだと怖くなった
ありそうな設定もリアルで怖かった
いい気持ちになる作品じゃないけど、怖くなる映画でした
原作既読。
ドラマ版も毎週観ていて好きだった。

「 映画はどうしようかな」位に思っていたら、高評価の声が聞こえてくるので気になってレンタル。

良かった!何というか映画版の方がリアル。ドラマ版の主人公(原田知世)を「女性」とするなら映画版の主人公(宮沢りえ)は「女」だ。

胸にズシンと重たいものを感じた。

苦しいけれどクセになる映画。

原作者の描く女性の悲哀や葛藤などが好きで、全作購入して読むほどのファンのため、自然とハードルは上がってしまうが、この作品は断トツで好き。

再見したい。
見てていつバレるのかでずっとハラハラしてた。
私のタイプの映画である。
宮沢りえって昔から変わらず綺麗だ...ほかにこういう作品はないかな?
yumiiiii73

yumiiiii73の感想・評価

4.5
一線を越えるって恐ろしいなと思わされた作品。身につまされる。目の前の快楽にだけ溺れていたらダメなんだよね。
この映画に似た横領事件って実際にあったんだ。
金庫室のシーンはバレるんじゃないかってハラハラした。
daliayu

daliayuの感想・評価

3.5
観ていくうちに宮沢りえの演技に引き込まれて意外にも面白くなっていった 
宮沢りえ凄い☆
特に小林聡美とのシーンが増えてきてからが興味深かった
後悔など微塵もしていない主人公に許容してしまいそうになる
原田知世のドラマ版とは全く印象が違った
でもけっこう長かった~
主人公には感情移入できない、、最後そっちか!って感じ
小林聡美がスゴい!!
tkmcsk

tkmcskの感想・評価

-
これもいつ観たか忘れた。でも観終わった時のことを今でも覚えてる。映画館出た後すごくずーんときた映画だった。人は欲を満たしても満たしても満たされないままの生き物なんだなと思った作品だった。
>|