紙の月の作品情報・感想・評価

紙の月2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りな…

1994年。梅澤梨花は、子どもには恵まれなかったものの夫と穏やかな日々を送り、契約社員として働く「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上から高い評価を得ていた。一見、何不自由のない生活を送っている梨花だが、自分への関心が薄く、鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある日、外回りの帰り道にふと立ち寄った、ショッピングセンターの化粧品売り場。支払い時にカードもなく、現金が足りないことに気づいた梨花が手を付けたのは、顧客からの預かり金の内の1万円。銀行に戻る前に、すぐに自分の銀行口座から1万円を引き出して袋の中に戻したが、これがすべての始まりだった…。梨花の感覚と日常が少しずつ歪み、暴走をし始める—。疑いの目を向けられ、追い詰められた梨花が取った行動とは?そしてその先に彼女が見たものとは……。

「紙の月」に投稿された感想・評価

お金の恐ろしさと楽しさを感じた。
とりあえず眠くならない程度にテンポが良く展開される。結構BGMの使い方がよく、人間が壊れて行く様を絶妙に描写している。小さな事いい事を積み上げるのは難しくても悪い習慣を増やすのは簡単
トンビ

トンビの感想・評価

3.7
真面目で、物静かな主人公が、横領で得たお金での暮らしに快感を覚えて、やめられなくなってしまう。
そんな中、横領がバレるか、バレないか、そんなハラハラドキドキする臨場感がリアルに伝わってきて面白かった。

過ちは最終的に、自分を不幸にする。
鑑賞後、そんな言葉を連想するような話でした。
宮沢りえは目が潤んでいて綺麗だと思うけれど、わたしは小林聡美を美しい人だなと感じます。

本当の気品はどっしりとした石に菊が一輪って誰かが言ってました。
ちょっと引用の仕方がズレてますが、

わたしもそう思います。
罪人になるかならないかは紙一重。
ぎりぎりで彷徨い続ける危うさ、越えてしまってからの恐ろしい強さ。
行き着くところまでいくしかない。
淡々と転げていく人生だけど、どこか羨ましいような。
ささき

ささきの感想・評価

3.8
終始いや〜なハラハラ感、静かに胃を掴まれるような、ズンと胸にくるような。
面白い作品でした。
こうはならないだろうと思いつつ、誰しもがこうなってしまう危うさを抱えているとも思わせられる。
彼女のことをみんな「そんなことをするような人には思えなかった」って言うんだろうな〜
善人とか悪人ってなんなんだろう。
吉田大八監督作品やっぱ好きだ。
宮沢りえと池松壮亮の演技も安定でよき。
上旬

上旬の感想・評価

4.2
原作も読んで見た。吉田大八作品って映画化に際して設定とか話をけっこう変えるけど見終わったあとの印象としては割と同じなんだよね。宮沢りえ半端ない。小林聡美と大島優子もベストキャスティング。邦画としては、というかサスペンス映画としては普通におもしろい。おすすめできるレベル。
他人に分け与えることで何者かになりたかった梨花、夫はタイの男の子にはなり得ず、光太に彼を重ねる。心は底無し沼のよう。
ついぞ足場が崩れ、畳み掛けるように世界を壊していく平林、旦那、隅さんの言葉。リアリティラインぎりぎりの淵に立っているかのような感覚、爽快感、エンターテインメント。
ラストシーン、渇望し続けたソレを手にした梨花は、ようやく少女から脱却できたことだろう。

個人的な話をすると、従兄弟の息子が余りにも池松壮亮に似すぎているので、彼の濡れ場を見ると複雑な心境になる。

99089
ふぅた

ふぅたの感想・評価

3.7
「クラスに一人はこんな女子いたなぁ」と思ってしまう真面目で地味で美人なヒロイン梅澤梨花。
梨花は子どもにこそ恵まれなかったが旦那と穏やかな結婚生活を送る主婦。また契約社員として「わかば銀行」で保険契約の売り込み手続きを務める。
丁寧で親切な彼女の仕事っぷりは、上司や顧客からの信頼も高く、彼女を漢字で表すならば「清楚」そのもの。
そんな梨花が毎日手にするのは札束。顧客の保険金を現金でやり取りする1994年の時代だからこそ、この物語はノンフィクションとして観ることができる。
毎日札束を受け取り、数えて、渡す。銀行員達にとって、大金はいつも目の前にあるもの。
地味で真面目で清楚な梨花はある些細なことから気狂いはじめる。
光と闇は紙一重。
しかし、彼女が闇に沈んだのは、銀行員になってからではない。生まれ育った環境から、その根源が描かれており、より物語に引き込まれて行く。
初めは些細な可愛らしい過ちも、時間と共に深海へ落ちて行く。
人間の弱さとか罪の生まれ方を感じる映画。

時代背景も伝わったし、キャスティングが絶妙でした。
ddd

dddの感想・評価

3.5
原作小説未読
最後の転〜結までの流れがすごい面白かった!
この作品で池松壮亮好きになった
「ありえない」と「ありがち」が混ざり合う。
聡美さんがいいわー。そして、久し振りに聴く聖歌が心地よい。
原作読んでみよう。
>|