海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

人には相性がある、作品にも相性がある。やっぱり私は是枝監督は好きじゃないとこれで決めてしまいたい。見終えて「だからどうした」といつも思う。詰めが甘いというか、大人の事情多すぎというか。素晴らしい役者さんが粒ぞろいなのに勿体無いなー。
おまゆ

おまゆの感想・評価

4.2
樹木希林の存在感
阿部寛との掛け合いはもはや演技に見えない

無性に実家の家族に会いたくなった
shoco

shocoの感想・評価

3.3
是枝作品5作目。
前評判としてなかなかの高評価を聞いていたので期待して視聴。

ポスターにある「みんながなりたかった大人になれるわけじゃないんだよ」の言葉をまざまざと見せつけられ辛くなる。

でも息子には買い与えてやりたい、ありたい大人になろうとする。子どももいないのにどこか共感してしまう。

あんなに息子と会える日を楽しみにしている姿をみて、そんな今更ズルい。なんて思ってしまう。

リアリティと共感が胸を打った。
やっぱりフィルムってきゅんとする
はじまったときに
なんでかしらねー
映画や

阿部寛さん
樹木希林さん
じわ
すず子

すず子の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

阿部寛演じるダメ男(売れない小説家、探偵屋、ギャンブル好き、元妻に未練タラタラ、実家の金品を漁る)のヒューマン映画。
舞台は樹木希林演じる母の住む団地で、ドラマティックな展開はない。けど、日常生活を淡々と、かつユーモラスに描いた作品で、実力派揃いの演者たちの絶妙に自然な演技と味のあるセリフでどんどん引き込まれる。

「幸せになるには、なにかを諦めなくちゃいけない」
「みんながみんななりたい大人になれると思ったら大間違い」
そうなんだなーやっぱりそうなんだよなーと、じんわりしながら咀嚼した。

真木よう子の演技と役の立ち位置が素晴らしい。子どものために現実を見て、再婚に向けて良好な関係を少しずつ築いてる。
元夫を鬱陶しく感じながらも、かつて小説家として売れた本を愛おしそうに眺め、楽しかったであろう日々を思い出しながら元夫とできることなら家族の形でいたかった、でも出来なかったしこれからも出来ないんだ…という複雑な感情がとても溢れてた。うん、わかるよ。。

池松壮亮は相変わらずいい感じの飄々さ。すてき。
実家の冷凍庫から出てきた手作りのカルピスシャーベットがツボ。
あと、これ見終わった後無性にカレーうどん食べたくなって作って食べた。美味しかった。

ハナレグミのエンディングもたまらん。ばっちり。
KIRYU

KIRYUの感想・評価

3.9
阿部さんのどうしようもない男だけれど、悪い人ではない男役が似合ってたなー。
樹木希林さんはアドリブじゃないかと思うくらい自然な演技で本当にすごい。
恋は上書き保存ではなく油絵のようなもので塗りつぶして見えなくなるけど消えてないというセリフが印象に残った。
事務所の後輩くんはいいやつだったなぁ。
タイトルが又、歌詞の一部だつたのか!と。阿部寛と樹木希林だし、「歩いても歩いても」を思い出してしまうが、やはり家族がテーマだけど、今回は離れて戻らない家族の話。

阿部寛のクズっぷりがまぁ見事。この人2枚目半をやると凄く良い。って言うか、ほぼそういう役ばかりな気もするが。

周りは樹木希林、小林聡美、真木よう子、リリーさん、池松壮亮と言った実力派俳優が固めていて、これらはもう文句無い。

団地に住んでいたので、「あー、そうそう。こんなに狭いんだよねぇ!」と。それと、是枝監督ってやはり風景の切り取り方が素晴らしい。階段から出ると、楠があって、それが大きくなってるのは、この団地がいかに古いかを表現してるが、昭和の団地ってそうなんだよね。

所々に散りばめられる鋭いセリフ。

「誰がの過去になる勇気を持つのが大人の男」

「幸せってのは、何かを諦めなあと手に入らないのよ!」

「前に進ませてよ!分かってる?」
「分かった!・・・・
分かってた!」

台風一過の青空の下、宝クジは当たるはずもないけど、大事件とかも起こらないけど、リアルな日常がグサグサと来る、そんな素晴らしい映画です。
なりたい大人に簡単にはなれない

めちゃめちゃ深いし響く言葉
大した盛上がりなく日常を淡々と描く映画だからこそリアル感が凄い。
阿部寛の駄目男っぷりが最高。でも男ってだらしなくてどうしようもないけど、ほっておけなくてずるずる一緒にいてしまう。阿部寛と真木よう子は離婚したけど1度は幸せな家族を夢みた。嵐の夜なんでこうなっちゃったんだろうって真木よう子が呟いたのが印象的。
樹木希林の存在感も圧倒的。孫と話しながら涙ぐんじゃうシーンとか本当のお婆ちゃん思い出しちゃって胸がぎゅーとなる。
Iroihs

Iroihsの感想・評価

4.5
めっちゃ良かった…日々 見逃してしまいそうだけれど 確実に大切な瞬間だったり 忘れてはいけない気持ちが 丁寧にすくい取られていた…
>|