海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

さき

さきの感想・評価

3.9
阿部寛のだめ男感が良い。
現実の家族をのぞき見してる感じ
なんで阿部寛ってこんなダメ男役うまいんだろう?多分、セリフの言い方が嘘くさいし、それがバレてる感じがするところじゃないんでしょうか。
僕はよく『サザエさん』のマスオさんよくあの中にいられるな理論唱えてるのですが、この話の真木よう子の居辛さがひしひしと伝わってくるし、やっぱりマスオさんはすごい協調性があるなって。
むーん

むーんの感想・評価

3.0
離婚した家族の話で、こんなに自然に演じられるのはすごいと思う。

リアルな人間の生活や行動がうまく描かれてて是枝監督にはさすがだと思った。

台風の時にみんなでわーーってなってる時に家族のカタチを感じた。
shogo

shogoの感想・評価

4.2
人間は醜いなぁ。プライドだけは変に高く。
後悔しながらも泥臭く。地に足付けて。何かを得るために何かを捨てながら、生きていくしかないんやろな。

邦画らしい映画。なにげない日常だけが忠実に再現されてるだけに全てがリアル。心に刺さるセリフが多かった。

親は何歳になっても、どこまで行っても親なんやなって感じた。
小さい頃の将来の夢なんやったかなぁ、、、、。

年齢とか育った環境、今の環境とかで感じ方がだいぶ変わる映画やと思う。
また自分の環境が変わった時に見たい。
Acne

Acneの感想・評価

4.1
何か心に突き刺さる映画。
きっと10年後、20年後に見た時は、より深く心に突き刺さるのだろう。

流石の是枝監督作品。
作品内で描かれている生活がリアルというより、現実そのもの。

登場人物達の会話や仕草、行動が本当にリアルでどこか現実以上に現実らしく感じられます。

そして、社会に出た大人が心のどこかで思っている不安や不満を
作品内の彼等の現状・生活を通して、私達に訴えかけてきますね。

あまり触れて欲しくない部分を受け入れざる負えない現実として提示されるので、心がざわつきました。上手いです。

予告で流れる、
「なりたかった大人に、なれなかった人へ」
というキャッチコピーが本当に胸にしみます。


相変わらず樹木希林の存在感が凄まじかった。

どんな作品でも樹木希林が出ていると
特別な存在感を放っていますが、今作では よりその存在感が輝いていました。
改めて唯一無二の女優ですね。

とにかく樹木希林が話すだけで何か見入ってしまう。
人生について語らせると、ここまで説得力のある人もいないでしょう。

阿部寛に対して話している言葉が
画面を通して私達にも向けられます。
グッと色々な言葉が刺さりました。
色々と身にしみます。


阿部寛のこうはなりたくないと思っていた父親と似たような人生を送っている、あの感じも何か色々と感じてしまいます。


真木よう子・小林聡美も現実感のある日常的な描写や生活も素晴らしかったです。


個人的に主要なメンバー以外に心に突き刺さった登場人物は2人の。

・小林聡美の夫
「こいつダメだ感」は、お気に入り。
子供視点ながらも、自分の父親もこんな感じに映っていたなと 記憶が蘇りました。
本当にああいう人いますね。

・橋爪功演じる オーケストラ?講座の先生。

団地の中の小さなコミュニティで、年寄り達に尊敬されている存在。

そんな小さなコミュニティの中での
自分の存在的な価値を維持しようと、
昔話をして、自分を大きく見せようと見栄を張っているシーンは、
阿部寛と重なってもの凄く小さく見えました。
橋爪功に対する娘の目線が全てを物語っていますね。

あぁ、何か人生って何なんだと…、
何とも言えない気持ちになります。




その他にも
最後の亡くなったお父さんの知られなかった、行動もグッときましたね。


物語を通しても決して何かが大きく変わる訳ではない。
「こんなはずじゃなかった…。」
そんな思いを誰もが少しは抱きながら、
それを引っくるめて自分の人生をこれからも生きていく。

そんな人生としての普遍的なものを
何か教えられてた気がしますね。


エンディングのハナレグミの曲も
作品の余韻に浸れる素晴らしいものでした。


流石の是枝監督作品というクオリティ。
素晴らしい作品ですね。

是枝監督には個人的に「3度目の殺人」のような作風の作品よりも、
こういった人間ドラマの作品をこれからも作って欲しいですね。
しばらく面倒になってコメント付けずにいましたがこの作品には一言。
私の人生、何でこうなった。
誰もが思う事だと思うけど、そこには誰もが納得できる解答などあるわけでも無く。
そんなモヤモヤを持っている人の背中をほんとーに、ほんとーに、ほんとーに、3回言ったから嘘っぽいけど、ほんとーにそっと押してくれる映画かと。
チラ見でも良いから沢山の方に見て欲しいです。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.3
阿部寛とか真木よう子とか
独特の味をだしてるんだけど…

ぜーんぶ
樹木希林に持っていかれてる感

観終わって思い出すのは
希林さんのシーンばっかり
やっぱり凄いわ
monja

monjaの感想・評価

3.5
女は上書きではなく水彩画の上から油絵を描くってしっくりきた。男だけど。
幸せは何かを諦めないと手に出来ないものなのか。深いな。
TDC

TDCの感想・評価

-
芝居は終始ゆるやかなのに、ぐっと観ちゃいますよねー。台風の夜からのそれぞれのシーンがどれも秀逸。是枝さんの映画はほんとに面白い。
思うことはたくさんあるのだけど、エンドロールのハナレグミがすべてを代弁してくれたような。

良多のダメ親父・ダメ息子ぶりがほんとに最低で、子供の前ではせめてしゃんとしていたいっていう姿も本気でダサい。でもあの情けさにはシンパシーをひしひしと感じるし、なんのかんので愛おしい。阿部寛、この役ぴったりですね。

樹木希林の芝居はいつもの樹木希林なんだけど、この映画のおばあちゃんはもう他人の気がしなかった。自分の祖母であるかのような錯覚。最後の手を振るとこなんか泣きそうになったわ。

でもって是枝作品の真木よう子はなんでこんなにいいのか!
「300円は当たるんだぞ!」「え、そうなの?」からちょっとずっこけるところとか、ズルい!
ur1ng

ur1ngの感想・評価

3.9
No.85

YouTubeでハナレグミの深呼吸のPVを観たら、この映画のスピンオフのようになってるってコメントがあったから気になって鑑賞!

家庭の日常?の表現が絶妙すぎる...
モロゾフのプリンの容器、うちの家もコップにしてる(笑)

そして場所が!!本川越やないかい!!!
地元に阿部寛と真木よう子きたのは嬉しいなあ🌹
西武線沿線が多い!


ほんとにどうしようもない人って、なんやかんや嫌われないから不思議だな(笑)
どのセリフも名言!出てる人みんな最高!

樹木希林とリリーフランキーと池松壮亮と小林聡子出てたら最高
>|