海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

mamiKO

mamiKOの感想・評価

4.0
まさか題名がそこから来てるとは!
親子で話している時のたまたま流れた曲から発展した会話の一部…凄いセンスを感じる。
名言がたくさんな作品。
なりたい大人になれなかった大人たちのものがたり。
情けなくて、もどかしくて、やるせなくて、暖かい。
元妻の婚約者の絶妙な嫌な奴加減が最高。
氷(カルピス入れて凍らせたかき氷)が冷蔵庫臭いとか、味噌の空き容器にカレー入れて冷凍してるとか、全く同じエピソードないのに、おばあちゃん思い出して懐かしくなる。近い。
海よりもまだ深く。
確かに、そんなに誰かを愛したら、まともに生きてはいけない。
過去の栄光含め、なりたい自分と今の自分とのギャップにもがきながら、それでも毎日を愛おしく過ごすしかない。
嵐の日に、公園の滑り台に隠れてお菓子食べるなんて素敵な親子。

気持ちだけでは一緒にいられない。
気持ちだけだと、いつかそれすらなくなる。
ある程度の気持ちがあれば、そこまで好きでなくても一緒にいられる。
生活力という安心感は、強い。

人間は複雑で滑稽だな。
以前に見て感想を書いていなかった。

名作ですよ。

改めて、樹木希林!

とくにセリフになるかならないかの言葉だったり、仕草が完璧なので、芝居なんか何1つないんじゃないかとさえ思える。

そして、真木よう子と阿部寛…そんな夫婦想像できるか?

普通こんな配役にするだろうか…

いやいや、映画をみれば、アリだな、それに、こんな感じで別れるのも、あるんだろうな、と。

つまり映画の妙なリアリティ。

この監督の作品はワンダフルライフから好きなんだが、毎回圧倒される。
樹木希林と真木よう子とのふたりのシーンは見ごたえありありあり!
同じ是枝監督の撮った「そして父になる」よりもずっとこっちの家族の方がリアルに感じた。飛び道具なんか使わずに、地味だけど丁寧に人間ドラマを描いた方がこの監督の良さがでると思う。
m

mの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

幸せは何かを諦めないと手にできないもの

誰かの過去になる勇気

のこる台詞がたくさんさらさらと流れた
うまくいかないよなぁ
でもたのしくしてないとなぁ

また数年後に見たい
エンディングのハナレグミもずるい
なんかいい色合いでリアルやな〜
大衆ウケはしないやろうけど、なんか温かくも寂しい映画やった。
日常を表現してるからこそ樹木希林さんと阿部寛さんの台詞に重みが所々あった
チェケラー
台詞1つ1つが違和感なくとんでもなく自然で、決して幸せな状況ではないのに人の暖かさに溢れた映画だった
なりたいものになれなくてもそれを志して生きていることに意味があるっていう言葉に強く勇気づけられました
樹木希林さんの『なんで男は今を愛せないのかねぇ…。』この台詞がなぜかすごく心に残りました。
sako

sakoの感想・評価

3.8
本当にリアルな日常。
伏線は多数あるが回収せずに終わる。

安定すぎる樹木希林さん阿部寛さんの親子コンビネーション。

映画というより、こういう夫婦のドキュメンタリーのようでした。
サエ

サエの感想・評価

-
"幸せは何かを諦めないと手にできないもの"
樹木希林さんって偉大なんだな
会話とか、なんか全てがリアルだった
>|