海よりもまだ深くの作品情報・感想・評価

海よりもまだ深く2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:117分

3.9

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)…

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

「海よりもまだ深く」に投稿された感想・評価

hide

hideの感想・評価

3.5
女は、今を生きる。男は、未来に生きようとする。家族であり続けることもむずかしい。幸せになるってなにかをあきらめること。
zk

zkの感想・評価

3.9
男っていうのはなんで
昔のことをいつまでも
だらだらと執着し続けてしまうのか

清瀬というロケ地が絶妙。
佳子

佳子の感想・評価

4.2
是枝監督受賞おめでとう記念に見た。
いい役者ばっかり。
台風の夜に子供連れ出して錆びれた公園の遊具のなかでお菓子食べる感じがわかる。そこで話す「なりたいものになれてない。
でも、そういう気持ちで生きていくのが大事。」っていうシーンが心に残った。

このレビューはネタバレを含みます

離婚した家族という設定の中で、それそれ交錯する思いを描いている。
「.離婚→仲直り」というありきたりなナラティブではない。
交錯している中でそれぞれ前を向いていこうという姿がすがすがしい。
エリー

エリーの感想・評価

3.7
真悟の
「パパはなりたいものになれた?」
がぐさりときた

嵐の中、宝くじを探す家族は愛おしい
超クズで、でも隣にいてもおかしくない様なクズが愉快で怖くて染みる。

主人公が他人をこきおろす言葉は全てブーメラン、他人の卑下は全部主人公に当てはまる、何気ない会話のネガティブな要夜は全部自分に当てはまる、そんなタイプの主人公を阿部寛さんが超チャーミングに演じていて、特に山や谷があるようなストーリーじゃないのに、一瞬も退屈することなくスパークしてました。

爆笑してしまう所も多くて
「マクドナルドじゃないよ、モスだよ!」とか、した。とかしない。のくだりとか
夫婦のくだりは本当に最高に面白いと同時にとてもヒヤヒヤしました。

樹木希林さんの仙人としかいえない達人芸と、真木よう子さんの女と母の狭間的なエロさも大変味わい深かったです。

「あなた、私が弱ってくのじっと傍で見てなさいよ。」
ってセリフがなんだか染みちゃって、しんみりしていると、台風の男の冒険を全て女性陣に見透かされてて、鼻水が出るかと思いました。
nhk0810

nhk0810の感想・評価

-
「言っとくけどな。
そんな簡単になりたい大人になれると思ったら大間違いだぞ」

「誰かの過去になる勇気を持つのが大人の男ってもんだよ」

「幸せって言うのは、何かを諦めないと手にできないものなのよ」

万引き家族よりライトで見やすい。
相変わらず料理&食事のシーンがすてきだ。
あとハナレグミがいい。
りちゃ

りちゃの感想・評価

4.5
海街diaryもそうだけど、是枝監督作品、好きだなぁ。
あーあるある!分かる!いるよね!ってなるし、何気ない日常を作品にできるのがまた凄いところだと思う。
阿部寛の絶妙な表情だったり、樹木希林のじわっと潤む瞳だったり言葉にしなくても伝わってくる心情がすごく素敵だった。

その中でも刺さる言葉があったり。
画の撮り方も個人的に好き。
家族っていいものだなあ。物語としては特段起伏があるわけではないのだけれど、それぞれの役者さんの演技が演技とは思えないほど日常的で、所どころ笑えるシーンもあり、本当の家族の様に思えてぐいぐいと引き込まれた。阿部寛のダメだけど子ども思いなお父さんぷりは見事。笑
格言の様なグッとくるセリフが所とごろにあって、人生について考えさせれる。家族なんだから、色々と問題があるのは当たり前だし、やりたいことをやれてる人間なんて少ない。台風の最後の日に、樹木希林と真木よう子のやり取りのシーンは涙腺を刺激されました。
「こういう所はあたしに似ちゃったのよ」
親孝行しよう。
そしてこの作品を観て男は女々しい生き物なんだと気づきました。笑
J

Jの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自称作家で探偵事務所に勤務しているダメ中年の良多。台風の夜、母が住む団地に良多、元妻、息子の元家族が偶然集まることに。"なりたかった大人"になれなかった大人たちの物語。

団地がほのぼのする。
ストーリーに波があまりないから眠くなる。
主人公はかなりのポンコツやなと思いながら見てた。
>|