黙秘の作品情報・感想・評価・動画配信

「黙秘」に投稿された感想・評価

yumasai

yumasaiの感想・評価

4.0
「ヒッチャー」で殺されてしまったジェニファー・ジェイソン・リー。今回はメンタルやられた大人の役です。母親役でキャシー・ベイツ。ホント、彼女の演技は凄いです。人には裏表があるのよ!と言えないけど言いたい時の表情が凄い。母親としての威厳。そして賢さ。すべてが詰まっています。

クソ親父はあれで良かったと思う。でも娘の心は晴れないまま映画は終わります。

これもスティーブン・キングの傑作として推す。
satton

sattonの感想・評価

3.7
ミザリーと同じ、スティーブンキング×キャシーベイツの映画。
メイン州の小さな島を舞台に富豪女性の死の謎が解かれていく…という話で、基本はサスペンスですが、最終的にこの映画が全く別のテーマを描こうとしていたことに気付かされます。全体的に暗く寒々しい雰囲気だけど、その中でも暖かさを感じられるラストは良かったな。
1995年 アメリカ サスペンス!

スティーブン・キング原作

黙秘ーsilenceー

分れのシーンが印象的な映画。
怖い映画かと思いきや、全然違う映画。
最終的にはハートフル。
女はしたたかに生きましょう。
◎キャシーベイツ(個人的にシェリーウィンタースと被る)の現在と過去の演じ分け、ジェニファージェイソンリー(綺麗だけど、いぶし銀のような役者さんで好きです)の鬱感満載の演技、デビッドストラザーンのクズ旦那っぷり、皆素晴らしい。
脇を固めるクリストファープラマー、ジョンライリー、ジュディ、皆素晴らしい。

◎過去の鮮やかな色彩の映像と現在の荒んだ青みがかった映像と非現実的な空の色。皆既日食でのクライマックスシーンはまるでそこだけ切り取られた異空間のような光の表現。
メーン州にある小島の一軒家、ロケーションの雰囲気が重たいドラマをより引き立たせていてどれも素晴らしい。

◎母と娘の絆の再生、娘の記憶が飛んでいたある事実。強い母親、女性としての蜂起

◎ミザリーネタもチラホラ。
黙秘ってそういうことだったんだ‼️😲 

ミザリーのイメージと、タイトルから想像する内容とのギャップが大きいですが、良質な人間ドラマです。

不器用な人間って誤解されやすいんですね。
母娘のやり取り、私も最初は娘の側から見てました💦

現在から回想への切り替え、同時進行から移行して色彩も変化する手法が鮮やかでした‼️😚
Juliet

Julietの感想・評価

4.0
かなりまえ、

日本上陸まえに、
サンフランシスコで鑑賞。

そして、再度、鑑賞

映像や、とりかたが、すばらしくきれい。
日蝕の、
ワインと、食事と、
クソ旦那との対決。

そして、こうなるまえ

いきなり泣き出した、ドロレスに
事故を仕掛けるアイデアをはなす
ときの
女主人の
目力、すごく、ぞくぞくする。
知菜

知菜の感想・評価

3.5
観よって悔しくなるシーンいっぱいあった。まだ男社会みたいな時代
JKay

JKayの感想・評価

3.3
最初と最後でこの母娘の見方が全く変わる、黙秘され続けた事実は結果、母娘を結びつけた。

男性への対抗心がとても散りばめられている。

2020.120
たぁ

たぁの感想・評価

4.1
スティーブンキング原作。
読んだことは無いけど映画でも伝わる面白さ
鬼才と呼ばれるのが納得いく。
そしてジェイソンリーが若い。タバコを吸うシーンは時代を感じさせると共に美人を際立ちます。
そしてキャシーベイツの演技力。憑依されてるの?笑うくらいでした。

記憶との葛藤を遡る見せ方は私は好きです。
>|