キューポラのある街の作品情報・感想・評価・動画配信

「キューポラのある街」に投稿された感想・評価

ひでG

ひでGの感想・評価

3.7
まずは個人的な思い入れから。

僕は今、長野県木曽郡に住んでいるけど、
昨年までは埼玉県川口市の住民だった。(そして、来春にはまた川口市に戻る予定)

川口市、古くからの川口市民にとっては、
記念碑的作品なんだよ、これは!

川口市のゆるキャラ(全く話題にならなかったけど😃)の名前は、キュユーボラにちなんで「きゅぼら」

公的な機関の名前にも、キューボラが使われているし、

10年くらい前の「アド街」川口市特集で、
一位は未だに「キューボラのある街」だった😅

本作は、1962年作、舞台は1961年、昭和30年後半の川口でロケをしているので、

昔の川口駅や荒川沿い、
武蔵野線?の鉄塔らしき場所や
川口駅から京浜東北線沿いの道路(今はアリオがある所)が映っている。

まるで、社会科の資料集みたいな楽しみが
川口市民にはありました!😃

さて、とても時代を反映している作品だと改めて思いました。

繁栄を誇った川口の鋳物工場も少しずつオートメーション化の波が押し寄せます。

自らを「職人」と呼ぶ吉永小百合の父、
東野英治郎は、怪我で職場を失います。

紹介された別の工場の機械化についていけず、すぐに辞めて呑んだくれています。 

それにしても、この父親のしょうもなさは
ちょっとイラつきます。

もう少し、物語的になんとかなっても良かったようにも感じますが、割と最後まで放りばなしです。
彼は、組合にも抵抗し、「施しは受けぬ!」と強がりを言います。

それによって、娘が修学旅行に行けなかったことにも作品の中では応えていませんでしたね💦

吉永小百合と弟のそれぞれの朝鮮人友達も、この時代を反映していますね。

北に帰るということが作品の後半に出てきますが、撮った時には、これが恐ろしさ場面になるとは予想していたのでしょうか?

「ALWAYS」のように、「昔は良かった、みんな良い人!みたいな世界観ではなく、

東野英治郎に代表させる、古きダメな人間を出しているのは、浦山桐郎監督が表したかったところだろうが、

そんなことよりも、これは、アイドル映画の王道なのであろうね。

僕が好きなのは、公園の水道で口を洗う場面

少女がほんのちょっと女性に変わる、つぼみが開き始めた、可憐さで終始画面を引っ張っていく。

そして、それ以来、今日まで、
そのイメージ、そのキャラクターのまま
銀幕で活躍し続ける、

最後のムービースター
吉永小百合の誕生映画としても、記念碑的作品なのでしょう。
当時、地上の楽園とまで言われて肯定的に捉えられていた、北朝鮮への帰還事業。今観ると猛烈に複雑な気分になる…。

吉永小百合は、元気いっぱい!
shino

shinoの感想・評価

3.3
吉永小百合が輝いている。
吉永小百合が走る姿にこの少女の生きる姿  全てが現れている。
一生懸命に、ひたむきに、全力で。

鋳物工場は出てくるが キューポラは最初にちょっと出てただけ。
でもキューポラという響きがすごく良い。

昔の映画は大好きだけど セリフが聞き取り難いのが残念。
吉永小百合さん、可愛い。
町工場が舞台で、時代背景は昭和30年代。日本全体が高度成長期のはじめ、まだまだ貧しかった。自分が知らない世界がそこには確かにあって、主人公の人間の素晴らしさに感動しない人っている?
ORODIM

ORODIMの感想・評価

4.5
アマプラにて試聴。こんな映画が昔からあったのか題名だけは聞いたことはあったけど、、、もっと学生時代とかに見たかった!かつて子供だった事があるひとならば、時代を越えて響く作品だと思う。この主人公のそのときそのときの気持ちは、見てるだけで痛く伝わってきた。同じ境遇や経験にないひとでも、さすがにわかるしかない、共感、心に響く表現。自分の力だけでは状況を打破できない時、無力と感じるとき、どうにもならないとき、それを一人の少女がどうやって乗り越えようとするかを、嘘っぽい奇跡を用いずに描いている。ジュンがどんな大人になるか、楽しみである。ジュンがんばれって時空を越えてエールを贈りたくなった。
多くのカットで多人数のエキストラが行き交っている。
なのにクドさは現れず、画面にエネルギーを加えていた。

仕切りの外は機械と人だらけなのに
居るのはスタッフだけという
パチンコ屋の玉を補充する空間が画的に凄まじい。

終盤に出てきた
食堂とその窓の外を収めたショットも気に入りました。

赤子がオギャーと生まれても赤ちゃんを映さなかった点と
弟がズボンを脱いでパンツ姿になり
同一画面でヒロインがスカートを脱いで下がレース姿になっていたが
次のカットは弟のパンツ姿のドアップという
攻撃的な発想にも感服しました。
Hipposky

Hipposkyの感想・評価

3.5
17歳の吉永小百合がみずみずしい演技で引っ張る傑作。当時としては爽やかなエンディングなのだが、21世紀の目から見ると悲しさを感じてしまう。地上の楽園とはいかに。
chaco

chacoの感想・評価

3.3
家族や家庭環境、仕事に友達関係と昔の日本を感じた。
吉永さゆりの演じる役はとっても向上心があって高校に行きたくて仕方ないが、家庭は貧しく頑固おやじに家族が振り回され苦労している。
貧しい家に育ちながらも強く夢を持って頑張る姿に観てる側は励まされたんだろうな。
キューポラとは煙突とのこと。
のす

のすの感想・評価

4.5
この映画は後世にも伝承してゆくべき素晴らしい映画だと思った。

鋳物の町、埼玉県川口市を舞台に中学3年生の少女ジュンが様々な壁にぶつかりながらも周りの仲間達と歩んでいく姿を描いた傑作。

もの凄く活力に満ちた映画。家族の貧困、進路問題などにぶつかって荒波に呑まれても懸命に生きる主人公には心が動かされた。この年でどうしようも無いような事にぶつかって様々な友人とか大人とかに振り回されて投げやりになった時があっても自分の道を見つけた主人公の心は強い。当時この映画を見た多くの人は希望を与えられただろうやぁと思う。

この時代に懸命に生きる人々を生き生きと映し出したこの映画は凄まじい。少女の繊細な感情まで丁寧に演じていた吉永小百合さんには感激した。表情が良かった。
三四郎

三四郎の感想・評価

3.5
北朝鮮帰国事業は、当時の北朝鮮の報道では、日本にある朝鮮総連の祖国への帰還を願うというメッセージを受け取り、北朝鮮も受け入れることにしたとなっているが、実際は、金日成が、韓国よりも早く豊かになった北朝鮮を国内外に宣伝するため、また、当時世界最貧国グループに位置した韓国に見せびらかすための政策であった。
そもそも、日本統治時代、日本は、北朝鮮は重工業、南朝鮮は軽工業および農業を主として統治した。故に、日本へ出稼ぎに来る朝鮮人は、出身地で言えば南朝鮮(韓国)の人が多かった。北朝鮮帰国事業で帰った人々も、南朝鮮(韓国)出身者が多くいたであろう。これにも北朝鮮の発展及び、南朝鮮(韓国)出身者が自ら選んで故郷の南朝鮮(韓国)ではなく北朝鮮へ帰るという韓国政府へのアピール/挑発という金日成の狙いがあったように思う。
北朝鮮が韓国よりも早く経済発展したのは、日本統治時代の工場やダムなどをそのまま運用したからに過ぎない。

子供たちの会話が興味深い。
日本人少年「どうして南鮮と北鮮と仲悪いのかな?同じ朝鮮人なのによ」
朝鮮人少年「二つの世界の対立なんだってさ。東と西のドイツみたいによ」
日本人少年「そうすると戦争が起こるかもしれないな。ヤバイぜサンちゃん、北鮮なんかよ」
朝鮮人少年「だけど戦争になりゃ日本だってヤバイじゃんか」
日本人少年「うん。そりゃそうだな。川口だって水爆でイチコロだよな。
朝鮮人少年「だからおんなじことなら朝鮮人は朝鮮で暮らした方がいいだろ?どうせ貧乏なんだしよ」
日本人少年「そりゃそうだな!今より貧乏なりようがねえからな!」
ここで二人は笑うわけだが、北朝鮮へ帰った人々は、日本での貧乏よりもさらに過酷な極貧生活が待っていたのだ…。

北朝鮮帰国事業の第1号船に乗っていた在日朝鮮人と受け入れ側の北朝鮮幹部の話をテレビで見たことがある。
在日朝鮮人は「地上の楽園と聞いていたが、迎えてくれた北朝鮮の労働者の頬はこけていて、服も靴も粗末で…騙されたと思った」と言っており、実際、港に降りた時点から、在日朝鮮人は日本語で不平不満を言っていたそうだ。
受け入れ側だった北朝鮮幹部は「日本の資本主義社会で極貧の生活をしてきた同胞が痩せこけて着るものもない状態で帰ってくると思っていたら、私たち幹部と同じかそれよりも上等な服や靴を身につけて、ふくよかな体つきだったから驚いた」と話していた。

高度経済成長をしていく日本国家/日本政府にとって、貧困層であり、日本人との間で問題が起こる朝鮮人は、足手まといだったのだろう。
一気に朝鮮人を除去する方法として、北朝鮮帰国事業は、北朝鮮、朝鮮総連、日本政府の利害、思惑がまさに合致する事業だったのだろう。

当時の日本には、朝鮮人と仲良くすることをよく思わない親は、多くいただろう。今はどうなのだろうか。南米や東南アジアから出稼ぎに来ている移民の子供と遊ぶことをよく思わない親もいるだろうか。

同じ人間にもかかわらず差別はなくならない。悲しい現実だ。
>|