ゴールデンスランバーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴールデンスランバー」に投稿された感想・評価

mikutomi

mikutomiの感想・評価

2.0
オリジナルの方が良きですな

初めてみる人にはいいかも

エンディングはオリジナルと違う結末
chipe

chipeの感想・評価

4.1
邦画も観ただけに、パッケージのカンドンウォンが一瞬堺雅人に見える。

流石、韓国映画で迫力とストーリーは素晴らしい。ちょい出のハンヒョジュ目当てで探しながら鑑賞したが楽しめました。国家権力とか陰謀とか好きでは無いけど気になりませんでした。
日本で堺雅人が演じていた主演を韓国ではカンドンウォンが演じている納得感:)

日本版とはストーリーが異なり、伏線回収の楽しさは特にない。
ay

ayの感想・評価

4.0
原作と比べるとストーリーも変わってたし大分省略されてたから物足りなさも感じたけど、個人的には面白かった。
piks

piksの感想・評価

3.8
国家、権力、
それに立ち向かうテーマって多いけど
これは立ち向かわなかったね。
それ貫いた彼の純粋さ。
P

Pの感想・評価

3.0
そもそも何故こんな目に。なんだけど、
巨大な組織から逃れられない怖さ。
誰も信じられない中、唯一信じる相手とは。
自分だったら、この人かな、、、なんてちょっと考えさせられた。
tych

tychの感想・評価

3.4
2017年 108分。アイドル歌手を強盗から救って有名人になった宅配ドライバー キム・ゴヌ(カン・ドンウォン)、古い友人ムヨル(ユン・ケサン)から連絡があり再会の喜びも束の間、彼らの目の前で次期大統領候補が爆破物で殺され、キム・ゴヌが犯人とされてしまう。警察と国家情報院が彼を追ってくる、情報捏造 証拠隠滅 メディアも敵 国家的陰謀も見え隠れする中 果たして彼は逃げ切ることが出来るのか?!カン・ドンウォンが翻弄される若者を爽やかに演じている。
torakkichi

torakkichiの感想・評価

3.7
面白かったしスピーディーでよかった。

ねつ造は得意分野だろうけど、こんなことまで…と思うと怖くなったね。

ところで劇中に流れるシン・ヘチョルが歌う『ヒムルネ』(力を出せって意味)は、桑田佳祐が歌ってるのかと思った。

主題歌もビートルズの中でも好きな方だし、多方面から楽しめたよ。
堺雅人主演の同名映画のリメイクかな?日本版観てないから比較できない。韓国って国家ぐるみの陰謀系好きよね。イメージによる世論調査、SNSやテレビの持つ力、人を信じるということ。様々なメッセージを投げかけてくる作品だと思う。あとは出演人がエグいね。カン・ドンウォン主演。ハン・ヒョジュやらキム・デミョン、すぐ死んじゃうけどユン・ゲサンに、キム・ウィソン、ユ・ジェミョンといった最近よく出てくるベテラン陣まで。出演者見るだけでもお腹いっぱいになれるね。
まろ

まろの感想・評価

-
愛すべきカンドンウォン様
人の良いドライバー役がよく表現されてた

日本版と比較してストーリーが弱いと言われているようですが、アクションとまでは行かずとも緊迫感の表現がさすがの韓国

ごはんのお供に楽しめる映画
カンドンウォンはやっぱり「1987、ある闘いの真実」観賞必至。見ざるを得ない。
韓国の歴史の断片が、強く、重く、蠢きながら自身の元へ押し寄せる傑作です、ぜひ。
>|

あなたにおすすめの記事