ダークサイドの作品情報・感想・評価

ダークサイド2018年製作の映画)

Looking Glass

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

幼い娘を事故で亡くした、レイとマギーの夫婦。2人は新生活を求めて、田舎町のモーテルを買い取って経営することにした。ある日、レイは倉庫の奥で隠し通路を発見する。それは10号室の壁裏まで続いており、マジックミラーで室内を覗けるようになっていた。そしてある夜、美女2人がレズビアン・SMプレイに耽る様子を、罪の意識を覚えながら覗き見してしまうレイ。だがそれは、連鎖する事件の前触れにすぎなかった。しばらく…

幼い娘を事故で亡くした、レイとマギーの夫婦。2人は新生活を求めて、田舎町のモーテルを買い取って経営することにした。ある日、レイは倉庫の奥で隠し通路を発見する。それは10号室の壁裏まで続いており、マジックミラーで室内を覗けるようになっていた。そしてある夜、美女2人がレズビアン・SMプレイに耽る様子を、罪の意識を覚えながら覗き見してしまうレイ。だがそれは、連鎖する事件の前触れにすぎなかった。しばらくして、10号室にいた女の1人が死体で発見される。そして、何者かがプールに投げ込んだ、豚の死体。前オーナーのベンは失踪し、町の人々や保安官は新参者のレイに疑惑の目を向けてくる。レイはこのモーテルで、かつて若い娘の変死体がプールで発見された事件があったことを知る。10号室に隠されている、恐るべき秘密とは?レイはベンの行方を追い、その謎を解き明かそうとするが……。

「ダークサイド」に投稿された感想・評価

"禁断のエロティック・サイコスリラー"って、どの辺りが"エロ"なんですかね?(笑)

毎週金曜はシリーズ"貸すも地獄、借りるも地獄"なんですけど、先週に続き今回もお休みです。
今作全くノーマークだった作品で、次に観る映画のついでに観た作品です!(笑)
タイトルにひかれただけです!(笑)

モーテル買ったらとんでもない事故物件だった、って話し。
ニコラス・ケイジの出演作はポンコツ!(笑)
設定は面白そうだったんです!
人里離れたモーテルでマジックミラーから他人の秘め事を覗いたせいで、引き返せない闇に引き込まれる…ってね。
でも主人公が覗くのはホントにただのSEXで、犯罪を見たとかじゃないし、むしろ覗いてる主人公が犯罪者(笑)
しかもその隠し通路を見付けるシチュエーションも不自然だし、意味ありげな態度の向かいのガソリンスタンドの店員も、少女回春の常連客も、直接ストーリーには関係ないやん!(笑)
極端な話、主人公の奥さんの存在すらほぼ無意味。
要するにスカスカのストーリーを、説明不足の主人公が話をこじらせ、無関係な登場人物で引き伸ばしてるだけ(笑)
多分全てを知っているであろうモーテルの前オーナーは何も言わないまま殺されるし、事件に関わってそうなSMの女王様も何も言わないし、と言うか、多分犯人であろう人物も犯行を語らないので、事件の全容も何も無い!(笑)
当然犯行動機もわからない!(笑)
エロでもサイコでもスリラーでもないやん!(笑)
そして今時ラストに"THE END"って画面に出るって(笑)

今作観るのに電車で移動中の話し。
いつもは阪急で梅田まで行って、そこから地下鉄御堂筋線に乗り換えて心斎橋に行くんだけど、今日は南方で地下鉄に乗り換えたんです。
丁度サラリーマンの帰宅の時間、満員の車内に怒号が響く!
「退いてくださいよ!病人なんですよ!座らしてくださいよ!」って元気そうなおっさんが叫んでる!(笑)
大阪こわっ!(笑)

次回予告
ゾンビウィルスが蔓延する"トウキョウ"で、ゾンビに噛まれてしまった少女が、発症して"リビング・デッド"になるまでに治療法を見つけ、"アイドル"を続けようとする話し。
これも難しいと思うのでかなりネタバレのヒント出してます(笑)
と言うかほぼタイトル出ちゃってます(笑)
上映中タグから辿ればみつかると思います!(笑)
haru

haruの感想・評価

2.5
2018/6/21 観賞。
知り合いから譲り受けたモーテル。
倉庫を片付けていると秘密の通路を見つけ進んでいくと客室がマジックミラーで覗ける。
その日を境にモーテルに嫌がらせが始まる・・・。
「屋根裏の散歩者」的な作品かと思ったが、ストーリーにメリハリが無く、何よりチャチ。
途中で「犯人この人かな?」と思ったら本当にそうだった🤣
もう少し伏線など増やし物語をハラハラさせて欲しい、そんな作品でした‼️
P.S.あまりに消化不良なので、
もう一度「ワンダー君は太陽」見よう‼️
johnnie0

johnnie0の感想・評価

1.0
なにこれ。と思ってしまった。
僕にはなにがしたかったのかよくわからないものだった。ずっともやもや。
この映画に伏線の回収という概念はない。
気味の悪さはあったと思う。そのための1時間半くらい。
紫式部

紫式部の感想・評価

2.5
ニコラス・ケイジの超B級サスペンスとしてはあまりにお粗末過ぎて唖然

どれもこれも意味不明なまでに中途半端で伏線にも至らず、展開読めて全く面白くも怖くも無い。

私には残念な作品でした
B級サスペンスのケイジ映画
砂漠やアメリカの田舎町の雰囲気は良い感じだったが、
期待した程のサスペンスはなくあっさりネタバレ、
伏線回収無しの丸投げのラストに飛び出る「THE END」に思わず笑ってしまった。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
モーテルの奇妙な端部屋と不可解な小事件の連続で、薄気味悪さと緊張感が堪らない。その分、一気に真相が露わになる終盤の急展開と細部を想像に委ねるミニマムさが気持ち良い。期待以上に楽しめたサスペンス・スリラー。
dita

ditaの感想・評価

3.0
@シネマート心斎橋  

未体験ゾーンを楽しむつもりで観始めたらオープニングが格好良くてびっくり。画もファッションも90年代っぽい感じで好きなやつやった。その設定いる?とか散々引っ張ってこれ?とか言わないよだってニコラスの演技とケイジのアクションでお釣りがくるもん。

砂漠の撮り方とか地下通路?のおどろおどろしい感じとかはホントによかった。風呂敷広げるだけ広げて最後はまぁアレやけど所詮事件の真相なんてそんなもんやなと自分を納得させつつ席を立ったら観てたお客さんみんな笑顔で退出してたからやっぱりニコケイは偉大。

このレビューはネタバレを含みます

凡作にも多々出演しているので出演作には注意が必要ながら、それでもついつい観ちゃう、ニコラス=ケイジ主演作。

結論から言うと、本作も残念ながら凡作寄りの出来。
ネットで成約して譲り受けたモーテルのオーナーを受け継いだ夫婦が怪しい現地住民やモーテルの不可解な構造に次第に疑心暗鬼になる、という筋立て。

前のオーナーと連絡が取れなくなったり、過去のモーテル内での自殺疑惑、オーナーを引き継いで最初の客が後々殺される等、謎が謎を呼ぶ展開が中盤までは良いのだが、いかんせん結末があっけなさ過ぎた...。
変にオカルトに舵を切られるよりはマシかもしれないが、やはり拍子抜けというかなんというか。

また、主人公夫妻が過去に娘を事故で亡くしている、という設定も上手く物語に作用しているとは言い難い。
色々と改善点の多い作品なり。
郊外のモーテル、連続殺人、何より画面奥からズームアップしてくる赤字のタイトルと懐かしい感じのB!
めっちゃ難しい顔しながらエロいこと考えるニックケイジにカメラが寄ってくとこめっちゃ好き。
冒頭から漂う嫌な雰囲気とか張り詰めた空気感は作品に引き込むには上手くできていたけど中盤からというか作品全体がなんかダルい。
色々、描写が長く観てるこっちがだれてしまった。
オチも散りばめた伏線を上手く回収できてない印象でした。
>|