七つの会議の作品情報・感想・評価

「七つの会議」に投稿された感想・評価

個人的には朝倉あきが動いて喋ってるのがスクリーンで観られたんで大満足です。今月のノルマは達成しました。
以上。




[メフィストフェレスが正義の味方へ]

来年から就活なんだけど、大学のせいでいろいろイジられそうで嫌だわ。これから就活する人間が見るべき映画ではないな。

野村萬斎の人間じゃない感じが上手く扱えてる前半はメフィストフェレスっぽく影だけ使ったり、ありきたりな演出だけど浮いてなくって、しかも朝倉あきが狂言回しで全く不満がない。しかし、橋爪功が隠蔽を宣言してから主人公の狂言師が全面に出てきてしまって、それが正義の味方になるわけだから、なんか奇妙な場違い感が凄い出てる。

あと、20年間の話が回収されるのかと思いきや、20年前と現在という二点だけで語られていて、そこは残念だった。20年間放り出されなかった理由が欠如していて、そこにも人間的な側面が感じられない。

残りはテレビ的な演出で、映画じゃないと言えば映画じゃないんだけど、そもそも前提としてハードル下げて武装解除してる(というかさせられたというか)ので、別にいいよって感じ。やっぱり朝倉あきを観に行ったのでノルマは十分達成されたよ。『下町ロケット』の時はいつも眉にシワを寄せて阿部寛と竹内涼真の間を駆けずり回っていたが、今回はちゃんと顔芸大会に参加してたので、それも満足。否、大変満足。
mkttkd

mkttkdの感想・評価

-
あんまり好みの作風ではないかなぁ
色んな人の話を描きすぎてごちゃごちゃしてる感じ、映画じゃなくて連ドラとかの方が合ってるのでは…?
内容は、みんな何かを隠してたり人の足引っ張ろうとしてたりでため息が出るというか呆れた気持ちになった。
半沢直樹が見たくなる
晴子

晴子の感想・評価

4.0
めっちゃおもろかったです!
八角さんの癖の強さ、よかったです〜
「そんな時代もあったねと」中島みゆきの唄が聞こえて来そうな昭和世代にはどんな会社にも何らかの闇が存在していた経験を懐かしく思いつつも、平成、令和世代にはどの様に感じらるのか興味が湧く。インターネットで可視化出来る様になり、しばらくは現実世界の会議が露呈し続けるだろう。
shuh8

shuh8の感想・評価

3.2
みんな辞めてピカピカの履歴書握りしめて転職すればいいんだけどなぜかしない話
池井戸潤原作。野村萬斎がカッコよかったな。営業会議とか御前会議を誇張して描いてはいるが、日本企業の責任逃れの体質をよく描いている。
ダメ社員が不正を告発、香川照之が最後は改心するなど、半沢のスタイルを踏襲しつつも別の味わいがあった。
下高井戸シネマ
TVでもいいんでしょうね、つまらなくはないが、TVでもいいんでしょうね!
半沢直樹好きな人は絶対好き。かなり面白かった!
野村萬斎の演技を見たいがためにいった作品。鑑賞中にインフルエンザが発症するも最後まで集中させてくれて、楽しまさせてくれるようなテンポの良い映画
短編がいくつも繋がってひとつの作品として成り立っている作りだったのがテンポの良さを作ってくれたような気がした。
ストーリー的にはこんなとんとんいくものか?と思うところもあったが気になるほどではなく、俳優たちの演技には拍手を送りたくなった。あと朝倉あき可愛い
>|