マイ・ライフ、マイ・ファミリーの作品情報・感想・評価

「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」に投稿された感想・評価

哀しくて、何もかもうまくいってなくて。。。
でも如何にもならないほどの辛さでもない。
何か温かいユーモアに包まれている。
車から電車から見える景色がなんかいい!
音楽、映像もとてもハイセンスな感じがする。
そしてそれが嫌みじゃない。

ストーリーはとてもシンプルな展開だけど、登場人物の、俳優の感情の襞が非凡な作品にしている。

最後の終わり方も好きだった。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.5
フィリップたん目当てで2010年の映画祭が初鑑賞。なぜ原題のSavagesではいけなかったのか!すべてを物語ってるのに! 愛された記憶のない兄妹が、愛しても憎さが勝る父親の面倒を見なくてはならなくなる。愛されたいと思いながらも不倫を続けてしまう妹、愛したいと思っても相手と精神的に深い関係になれない兄。そして元凶となった両親。苗字がsavagesである皮肉。それでもなお、ラストにて、兄が作った脚本や、妹が下した決断を目にすると、心が爆発して涙が止まらなくなる。同じような環境で育った人には諸刃。
Luna

Lunaの感想・評価

3.7
ローラリニーのダメ女感は逆に好感度たかい。自分にあまい不倫女が何故か似合う。

中盤(1時間10分ぐらい)の兄妹ケンカはストーリーの核となっている。
私もいつか介護をすることがあるかもしれないが、その時は兄(ホフマン)の言葉を思い出したい。
誰の為の介護なのかって事を。
imagoo

imagooの感想・評価

3.2
記録

#TheSavages
#TamaraJenkins
#LauraLinny
#PhilipSeymourHoffman
#PhilipBosco
#PeterFriedman
Oliver

Oliverの感想・評価

3.5
認知症の親を抱える兄妹が直面する現実。父への複雑な感情を持ちながらも、邪険にはできない気持ちと同時に経済的な問題にぶつかる。自分たちの人生にもどこかで満足できていない二人が父親の病気を通じて、家族のあり方や自分の幸せが何か追い求めていく。

あまりにも内容が現実的すぎて、痛々しかった。ただ、介護は誰しもがいずれ経験するであろう重要な問題であって避けては通れないと強く感じた。
白畑伸

白畑伸の感想・評価

4.9
うむ!面白い!!
いい映画じゃったぞ!!

なんというか特に強い色はなく
普通ちゃ普通の映画なんだけど、
初めから作品に惹きつけられた。
なんか面白いんですよ、
なんか分かんないけど。
分かりにくいってことじゃなくて
どこが良いのは具体的には
分からないけど面白くて好き映画だった。
これは一度映画館で観たい。

フィリップ・シーモア・ホフマンと
ローラ・リニーが良いんですな、多分。
二人の掛け合いが良過ぎて
ずっと観ていたくなる。
ごくごく自然な演技なのに
何故か惹きつけられる、
これって凄まじい実力だと思います。

二人が別の場所に居るパートでも
個々でいい演技するんだまた…笑

シュールなの多かったな〜。笑
この映画はほんと笑っていいのか
よく分からん絶妙な塩梅が上手すぎるw

なんかまた観たい、っていうか
何度も観たくなる映画でした!!
オススメです。
ScorpionB

ScorpionBの感想・評価

3.2
それぞれの夢、家族愛、不倫、兄弟愛、出会い、別れなど様々な要素が丁度いいバランスで入り混じっている作品だと感じた。
シナリオの起伏が大きくなく、一見地味なストーリー展開かなと第一印象としては感じたが、妙なリアリティと登場人物たちの素朴さや決して華々しくない生き様に親近感を感じるとともに徐々に心に滲んでくるような一作。
音楽や撮影技術での演出は控えめで、風景や人物の会話が比較的残りやすいと思います。
特にジョン役の俳優の方はこの作品で初めて知ったとは思えないような何とも言えないナチュラルな演技と雰囲気で作風や役柄にかなりマッチしていたかなという印象。
それぞれの想いや夢に向かう姿勢を折々で描きながらも衰えていく父を二人で懸命に支える姿が身近な人々として捉えることができ、リラックスしながらも愛や夢を感じられ、見終わった頃には前向きな気持ちと希望のかけらを感じることができる、素朴ながらもしっかりとした味わいのある映画だと思います!もう少し歳をとった頃にまた観直してみようかなと思いました!

thank you.
gp

gpの感想・評価

3.7
家族の病気をきっかけに自分を見つめ直すような話
丁寧で繊細でなかなか良かった。
ただあまり最初と最後で成長してない気がする。今後状況が良くなる気がしない。二度と合わないぐらいして欲しかった。
マミ

マミの感想・評価

4.6
兄がフィリップ=シーモア・ホフマン、妹がローラ・リニー!これをゴールデンコンビと思うのは私だけ?老人ホームに入ることになった父親をめぐる二人の葛藤、二人それぞれの生活における苦悩などを、決して重く暗くは描いていない素晴らしい作品。ローラ・リニーが姉で、マーク・ラファロが弟を演じる『You Can Count on Me』がまた観たくなった。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.7
演技が素晴らしかった。演技とか役とかそういう感じが全くなくて、登場人物そのものという感じがした。さすが名性格俳優ローラ・リニー&フィリップ・シーモア・ホフマン。
テーマは親の認知症や自分の人生そのものの行き詰まりとかで重苦しくなりそうなところを、ちょっと明るかったりする音楽がやわらげている気がした。認知症については自分の祖母のことを思い出して、そのリアルさに頷けるとともに、悲しくなってしまった。すごくあり得る話で、ずっと無関心なままではいられないんだろうなと思った。本当"今"から大事にしよう。