愛がなんだの作品情報・感想・評価

愛がなんだ2018年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「愛がなんだ」に投稿された感想・評価

Nao

Naoの感想・評価

4.0
これが愛なのかどうかも分からないなぁ
でもなんか共感
とりあえず誰かを愛したくなった
あさ

あさの感想・評価

2.5
感想はあるにはあるけどコッテコテの偏見ばかりなのでここには書けない
Risa

Risaの感想・評価

3.5
今までの色んな経験がごちゃ混ぜになった映画だった。自分がイカれてるって人に言われなきゃ分からない。なるほどそういうことだったのか。色んな考えの人がいるもんだ。
そして成田凌の表情がすごくすごく良い。
くみ

くみの感想・評価

1.0
まぁまぁ気持ち悪い作品でびびった。過剰に憧れたり人をぞんざいに扱ったり。

肌荒れしてるし雑だし適当な女って言われてた人くらいかな、救いあるのは
曖昧な空気感というか、テルちゃんの気持ちの変化がだいぶ分かってよかった。
odkysyk

odkysykの感想・評価

-
クールジャパンはこういうのをもっと世界に出していったほうがいい。全然伝わらないかもしれないけど、たぶんアメリカにもヨーロッパにも「グワーッ」となる人はいると思う。狂人ばかりに見えるけど、「自分の中にも同じ狂人がいるんじゃ…」とついつい探してしまう映画はいい。
FeMan

FeManの感想・評価

4.0
評判を聞いてもっと無骨で粗々しい感じを予想していたが全然そんなことなくすごく洗練された作品だった。
ストーリーテリングを含め全てが妙に巧く感心させられた。
ラストもホラー映画みたくゾッとさせられ非常に満足した

開始早々、この映画はわたしを対象につくられたものではないんだな、と気づき、いろいろ、本当にいろいろ、考えながら観てた。


体調が悪いマモちゃんに呼ばれて喜び、味噌煮込みうどんを作り、部屋の掃除をしだすテルちゃんのそれも、葉子の言うとおりに従順に動くナカハラのそれも、わたしからしたらべつに愛じゃなかった。

わたしはたぶん、感情の部分をあんまり信用していなくて、だって見えないし。なのに誰かの感情をわかろうとするなんて、難しすぎるよ。だからどう名付けてもいいし、名付けなくてもいいと思っている。そのかわり、伝えたいなら、好きって言葉にしたり、行動にしたり、思い出を増やしたりするしかないんだと思う。
それで、彼女たちの行動は、ほんとうに「自分的」で、優しさにも見えなかったな。テルちゃんが「『好き』か『どうでもいい』のどちらかになっちゃう」と言っていたけれど、あれはほんとうに分かんなかったなー。その間だっていくらでもあるのでは。

(わたしからしたら彼女たちの行動は愛ではなかったけれど、彼女たちがその感情を愛だと呼ぶなら、愛なんでしょう。だからほんとうに、感情なんて、どう名付けてもいいと思う。それが目に見えるかたちになるかどうか、が大事なのかなあとか思ったり。)


自分を棚に上げているみたいだけれど、わたしだって、好きすぎて悶々としちゃうこととか、空回りしちゃうこととか、死ぬほどある。
でも、「わたし」がいて、「あなた」がいなかったら、叶わなくないですか。「あなた」が「わたし」になっちゃったら、どうして好きでいられる?べつに全部を犠牲にされたいとか思わないし、すべてを変えられるなんて嫌だ。彼女たちはほんとうに恋人になりたくて、ほんとうに幸せになりたいのかが不思議だった。




好きとか恋とか愛とか、決めなくていいのだろうな。恋を通り越したなにか、とか、愛にはなれなかったなにか、とか、ただ祈るみたいに大切ななにか、とか、そういうのでいいよ。実際わたしは、そういうふうにして漂わせているいろいろがある。それに、それこそ、いいな、と思う。あなたとわたしの関係なんて、あなたとわたしがわかってればいい。誰も知らないあなたのいいところやだめなことろがあることこそ、わたしがあなたを知っているってことじゃないですか?わたしたちだけに通じる言葉とか、わたしたちだけが覚えてる思い出とか、そういうのこそ、大切にしたいよ。それらを忘れちゃうのが怖いから、ときどき取り出してみて、眺めたり、触れてみたりするんだなと思った。



...とか、いろいろ思ったけれど、まだ18のガキンチョなのでね、わたしがわかんなかっただけなのかもしんない。観ながらいろんな男の子のことを考えてた。全員に、サンキューな、の気持ちでいっぱいである。
HeroM

HeroMの感想・評価

3.4
愛かなんかのラブ?ストーリー。

説得力に欠けるか。
絶対岸井ゆきののほうが可愛いし、そんなに酷いクズ人間は出てこない。
愛の狭間に落ちていったようなテルコのオチは退廃的で面白い。
愛とそれ以外の分水嶺、恋の駆け引きとか。絞った登場人物の中でうまく表現されている。

「恋がなんだ」「愛がなんだ」となっていく微妙な空気感を表現したいのか。良くも悪くもテンポとキレがない感じ。

ジャケがなかなか深くて良い。
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
きっとわからない人にはわからない。現実味があって、わかる人には共感が得れる作品だと思う
>|