僕はイエス様が嫌いに投稿された感想・評価 - 3ページ目

『僕はイエス様が嫌い』に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公は決して観客の視点や代弁者ではなく、カメラは主人公との間に(心理的な)距離があり、現象的にしか理解できないように演出されている。
(奇跡と現実の境界が主人公にしか分からない)

白百合(無垢の…

>>続きを読む
qoo

qooの感想・評価

3.9
宗教?信じるって何 洗脳との差が明確に存在しないのが怖い 信じないというか信じられないんだよね、そうだよね…
背骨

背骨の感想・評価

3.6

神様にお願いしたから友だちが出来たと思っていたのに、その神様に裏切られてしまった…
無垢な少年の目に映る信仰の世界と残酷な現世の理不尽な関係。これはまるで子供版『沈黙サイレンス』であり『シークレット…

>>続きを読む
レク

レクの感想・評価

3.9

宗教も信仰も関係なく、純粋に少年視点から描かれる祈りと請い。
突如、カトリック系の環境に放り込まれて半ば強制的に祈りを捧げることになった少年が、悲劇により神に懐疑的になり文字通り神ごと聖書に拳を叩き…

>>続きを読む
キリストなんかに頼らなくてもいいことを小さなうちに学べたのは幸いでしょう。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

3.7

「神様って本当にいるの?」
宗教は何かに縋りたくなる人のための心の拠り所みたいなものだと思うから、結局信じる信じないも自分次第。全ての現象は偶然の積み重ねでできているから、それを受け入れられるかどう…

>>続きを読む
神には、なんでもできないことはありません_。

宗教についてではなく、「祈る」「願う」ということについて。

美しくて、静謐な映画。
ミニチュアの神様無理矢理入れてる感ある。思っていた以上のメッセージを感じなかった。
KOUSHI

KOUSHIの感想・評価

4.5
神様はなにもしない。運が良かったのも、運が悪かったのも、全部自分のおかげで自分のせい。そして、ことの成り行き。神様に感謝するなんて、身に覚えない。
むんむ

むんむの感想・評価

3.7

俯瞰で見るよう固定で撮り、静かに淡々と物語る私好みの映画でした。チャドのふざけ具合も小さいから笑える。
鑑賞後にじわじわ余韻が旎く愛おしい作品。
台詞と構図に無駄がなくコンパクトな尺でみせるセンス、…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事