泳ぎすぎた夜の作品情報・感想・評価

泳ぎすぎた夜2017年製作の映画)

La nuit où j'ai nagé

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:79分

3.8

あらすじ

雪で覆われた青森の山々。毎晩、魚屋の父は街の市場に出かけてゆく。父の出がけに目を覚ました6 歳の息子は、そのあと眠ることが出来ない。皆が寝静まる家の中、少年は絵を描き、それをランドセルにしまう。翌朝、彼は眠い目をこすりながら学校へと登校するのだが、いつしか道をそれて、雪の中をよろめきながら街を目指す。少年の小さな冒険が始まる。

「泳ぎすぎた夜」に投稿された感想・評価

ウロウロしてる
ずーっと
でも「はよ帰りや!」って思わずに観てられる
ずーっと
駐車場のシーン
「んなアホな」と「よかった!」と想うふたりの自分が内にいて面白かった
79分
長いか短いか…
三つ編みの青いニット帽が、なんとなく魚のイメージで、真っ白い雪の中を泳いでいるようでした。
ynym00

ynym00の感想・評価

4.0
小さいころの夜中の除雪機の音とか、運ばれる振動で目覚めたときの自分を抱く親の腕とか、当時のさみしさや安心感含めて体感的に思い出すものがたくさんあってとてもよかった。
くだ

くだの感想・評価

3.5
画がずっと綺麗 黒いシーンが多かったので映画館じゃなくて明るいところで見た方が映えそう
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

3.0
予告編の冒頭に引用されている谷川俊太郎さんのコメント
『人間ももともとはけものと同じ生きものだった。
言葉がないと、意味の仮面がはがれて、
いのちのナマの姿が見えてくる。』
が、この映画のある一面をとらえていると思います。

それは、逆にいえば、この映画が、大人になることとは世界を言葉によって意味づけしていくことであり、そして、そのことによって何かを失っていくことかも知れないと教えてくれているということです。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/05/24/165154
犬と吠え合うところが良かった。

幼少期に急に父に会いたくなる気持ちは分かる。

映像が良い。でもそれに尽きる。

このレビューはネタバレを含みます

豪華でキラキラした劇場版はじめてのおつかいかと思ったら。

家族はなんか暗いし、お父さんはもしかしたらいない人?なんて思ったり。

セリフがないので、なんとも言えないですが、思いのほか暗い。

セリフがないので話が暗いとは言えないが、映像からの印象は明るいものではない。
nana

nanaの感想・評価

-
会えないお父さんに会いに行くけど結局会えない、夢の続きを見たいのにいいところで目が覚めちゃう感じ。
人が出てこないわけじゃないけどセリフが無いし、主人公の男の子の背後霊になって一緒についていけるようになったような気分だった。
natuco

natucoの感想・評価

3.7
冬の雪国は青森、
明け方に目覚めてしまった男の子の、24時間の非日常。


それぞれの年齢、その時期の感受性だけがもつことのできる世界がある。
この映画を見る多くの人が通り過ぎたであろう景色、頼りなく揺らぐ小さなそれは、こんなにも力強く自由だったのかと驚かされる。
k

kの感想・評価

-
きっと彼にとってめちゃくちゃ長い夢だったのかもしれない。いつもお父さんが家にいるときには眠ってしまっている男の子の小さな冒険でした。
>|