暮れ逢いの作品情報・感想・評価・動画配信

『暮れ逢い』に投稿された感想・評価

ピアノをクンクンするマッデンちゃんどえらいキモカワ 胸毛!!
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

1900年代が感じられる衣装、街並み等はめちゃくちゃ好きだったけど
カールと町の恋人がただ、ただ可哀想すぎる。
やっぱ浮気/不倫系は感情移入できないし
したくないし、どうしても
うわあ、きめえ…って…

>>続きを読む
Nishiumi

Nishiumiの感想・評価

3.2
若妻の匂い立つような色気、艶めかしい仕草、骨抜きになってしまうやろ。ゲランの香りが伝わってくるようだ。でも後半が盛り上がりにかけ残念。
Kana

Kanaの感想・評価

4.0

久々に良画に出会った
何はともあれひとまずアランリックマンが至高
2人を観る目の切ないこと!そして妻のことも、フレデリックのことも、社長は愛してると感じられて胸が締め付けられた
最期の言葉に涙

そ…

>>続きを読む
ルコントは女性のうなじ本当に好きだな。二人が結ばれるまでを引っ張って引っ張ってひたすら焦らされる話。さいごに入った部屋でもまだダメだった!

あらすじと役者の顔ぶれから、鑑賞後の印象が予測され、その通りになった作品。
この時代の風俗が好きで、普段あまり関心のない恋愛テーマであっても、定期的に鑑賞してしまうクセあり。
ありきたりの物語だが、…

>>続きを読む
舞台はドイツ、パトリス・ルコント監督作品だけど、英語劇…
だけどちゃんとルコント的な変態さは感じ取れる。アラン・リックマンの視線が良すぎた。

フランスの名作家シュテファン・ツヴァイクの原作『Journey into the Past』をパトリス・ルコント監督が、自身初の英語劇として、第1次世界大戦前夜のドイツを舞台に、孤独を抱える若妻と、…

>>続きを読む
coma

comaの感想・評価

3.8

パトリス・ルコント監督作品の「髪結いの亭主」「仕立て屋の恋」「橋の上の娘」が大好きで傑作だと感じている私としては、
原作ありき(ルコント監督の脚本では無い)
ドイツが舞台(フランスではなく)
台詞は…

>>続きを読む

丁寧に作られた品のある恋愛映画。
ほんの10年前の作品だけど、古き良き時代のロマンティックって雰囲気。
おそらく今時の若者とは随分違う恋愛観だろう。
ヒロインが性格故か、時代故か、はたまた辛い過去故…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事