暮れ逢いの作品情報・感想・評価

「暮れ逢い」に投稿された感想・評価

まゆ

まゆの感想・評価

-
この監督なので見てみました。奥様がすごい、病気の旦那様がいらっしゃるのにやりたい放題ですね。ピアノに愛撫するシーンだけが変態で他は普通の不倫話でした、サラッと見られます。奥様のファッションが素敵。階段を愛する女性が先に登っている時、近くに腰掛ける時など男性はあんな風に女性を見ているのかと…なんだか肉肉しさを感じる映画でした。
ルコントがスッゴク狙ってきているのはわかるが不発。ぐらぐらカメラが太宰風に言うと「ワザワザ」。レベッカ・ホールも美しくはあるが気品が足りない。もうちょっと難攻不落感がほしかった。ぼうやも若者というだけで背景が見えない。リックマンはさすがだった。銀の写真たてに入ったリックマンのポートレイト欲しい。やっぱりルコントにはヘソ曲がりのフランス人を撮って欲しい。
ルコント2013年の作品✨
やっぱり作風がいい!妙なズームや細かい演出でルコントの世界に酔いました✨
一途な恋愛が叶うのか⁉最後まで引き込まれます😃
2015.12.15 wowowで視聴。
不倫、遠距離、悲しい辛い恋をしてる人に特にお勧め。嫉妬、戦争で引き裂かれた恋。観てる人に色々な事を考えさせてくれる映画。恋愛してる人全員に観て欲しい映画です。
nekop

nekopの感想・評価

2.7
字幕

えー!!
めっちゃ焦らしたくせに!

キャストはルコントらしいチョイス
あすみ

あすみの感想・評価

3.0
あれだけ焦らしに焦らしておいて、最後これだけか…という感じです
ほたて

ほたての感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドが好きなはずの私でも
終わり方いただけなかった…

それは違うやろーッ
いつも通りのパトリス・ルコント作品という感じ。官能的といえば褒め言葉になるけれど、裏を返せば中学生男子くらいが取りそうな行動に見えなくもないのが痛いところ。それでも重厚な演技もあって平凡な物語をきっちり見せるあたりは熟練の技だとは思う。
otom

otomの感想・評価

3.8
ルコント作品は90年代くらいまでの以来の鑑賞。メロドラマと成り上がり物語が戦火に翻弄されるベタなストーリーだけれども、前半のいびつなズームなど心象に沿った演出でなかなか良かった。にしては盛り上がりに欠ける気がしなくもないが、劇中の二人がこの後メチャメチャ盛り上がるだろうから良しとする。良作。
2015/1/9
私がヨーロッパ映画に目覚めるきっかけとなった「仕立て屋の恋」「髪結いの亭主」「イヴォンヌの香り」のルコント監督の最新作。
ストーリーは、ある実業家の秘書が、その実業家の若い妻と恋に落ちるというラブストーリーの王道ともいえる平凡なあらすじ。
その平凡なストーリーを、スクリーンから女性の匂いがただよってきそうな濃厚な映像美や、セリフの行間を埋め、出演者の心の動きを表現するカメラワークで、奥行のある作品に仕上げているのはさすがルコント。
ただ観てる間、なぜだか違和感があり、しっくりこない。
なぜなぜ???と考えていてわかった。
この作品が英語劇だから。
やっぱりルコント作品はフランス語じゃないとだめ。
せめて舞台のドイツ語にしてほしかった。
>|