三つの朝の作品情報・感想・評価

三つの朝2018年製作の映画)

製作国:

上映時間:30分

3.6

あらすじ

「三つの朝」に投稿された感想・評価

inukamo

inukamoの感想・評価

-
余分なものが削ぎ落とされたオシャレ映画。台詞も最小限。純文学チック。
三人のささやかな日々、台詞の妙、日常がちょっと動く瞬間の切り口が美しいです。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.6
the face 根矢さん特集にて鑑賞。

朝御飯にかけた赤いケチャップ、
金魚が入った緑の水槽、
青いペディキュア、
三者三様、工場で働く女性たちの生活が重なり合い、それぞれが少しずつ影響を与えていく。
彼女たちが迎える新しい朝は、一体、何色なのだろう...。

基本的に大きな出来事が起こるわけではないけれど、優しい鍵盤やギターの音楽が自然や美しい映像と相まって心地の良い雰囲気を作り出していた。
3人の女性のうち、2人が朝=性行為の時間として描かれているのが意外。
また、金髪のややグレ根矢さんは割と新鮮だった。
プロデューサーで関わっている外山文治さんという名前をどっかでみたことあるなぁ~と思ったら、この後、兎丸愛美さんをヒロインに『海辺の途中』を撮った監督だった。
Kaba

Kabaの感想・評価

-
男と女とはなんなのか?
性別なのか?それ以上なのか?
男を大事に思うのはなんなのか?
apple

appleの感想・評価

-
兎丸さんに会いに行った。とても素敵な人だった。

映画は日常のちょっとしたことがその人の意識を変えるっていう素敵な素敵な内容だった。日常にあふれているちょっとしたこと

花束を持った人を見かけて、あの人は花束をもらったんだって思えるのすごくよい

自分を勇気づけるためなのかな、素敵なことがあってなのかな、自分に花束を贈るのもすごくよい

娘さんの髪の長さを気にしてて、そろそろゆえる長さだから、ヘアゴムをプレゼントしようって思うのもすごくよい


誰かに自分の作ったものを褒められるのもすごくよい

好きな人を思って塗るマニキュアもすごくよい

好きな人を思って流す涙もすごくよい
eye

eyeの感想・評価

3.6
"三つの朝" (2018)

>服飾の道を目指しながらも なんとなく無気力を引きずったまま日々をやり過ごす20歳の麻衣

>上司との不倫から抜け出せずにいる30歳のふみ

>一人で娘を育てるため必死で働く40歳の真知子

深夜の工場でひっそりと働く3人の女性

彼女達は呼吸するのが とても苦しそうにみえる
3人の他人同士が織り成す人間模様が映される

正直 希望の「希」の字もないような日常で

それぞれに通じる満たされない心の想いが
空洞となって大きくぽっかりと広がってる

淡々している彼女達は日々何を感じてるんだろう

「男性」の幻影を追って何かに期待する一方で

男性達もまた空虚であり虚無の塊
期待もなければ 目標すらない男性達

彼らは追いつけず 掴まえられず 実態がない

女性達はカンタンに生きていけず
そこから逃げ出せないもどかしさ

希望の光を見つけるまでの葛藤がある

正解や不正解を見つけていくことじゃなく
自身を取り巻く環境が一瞬で変わるわけもなく

劇的なことは何一つ一切起こらない

だからこそ

そこに山のように積もってしまう"寂しさ"
女性視点の"男性不在"のやるせなさが滲み出てる

意味を求めたところで"それ"は見つからず
偽物のような日常が本物であることは沢山ある

それが意外と身近にある "幸せ" だったりする

彼女達は日々を逃げ出さないから
暗闇の中で光が一切見えないように
傷ついても傷つけられても日々生きる

男性に期待や頼ることに焦点を当て続けるよりも

「堅実に生きていこう」

と少し決心して迎えた朝には希望がバスの窓から
差し込む光のように少し映し出されている

何か特別楽しいことが起きるわけでもなく

"終わり"を望むような満たされない"悲しみ"
日々が過ぎ去っていく"儚さ"を感じる

どうしようもない日々でも大切に
曖昧な朝で不安ばっかりでも

抑揚がない日常の中に

「何かを見つけて生きる」

そのこと自体が尊さを感じさせる

色んな経験を経て 人に優しくなれるし
笑ってもいけるようになれる
Bigs

Bigsの感想・評価

-
The face vol.2 根矢涼香特集にて中短編三本立て
「彼女のひまわり」
「朱色に染まれば」
「三つの朝」
とにかく美しい絵柄。

見終わった後の残像感がすごい。
心に写真を直接
焼き増ししたかのような印象が残る。

フィルムで撮ったような白い絵柄に、赤い口紅と青いマニュキアと何も塗らない口紅が映える。

それはそれぞれの女性の三つの朝を暗示しているかのようだった。

男に依存する女。
そこから脱する女。
男に捨てられた女。

同じ工場で働くそれぞれの朝が躍動する。

これを撮られた根岸里紗監督

主演の兎丸愛美さん
これから要チェック。

岩井俊二さん以来の人かもしれない。

ふと思ったが、インディーズ映画に出てくる部屋の生々しさ好き。

メジャー映画の作り物感では出せないそこにある生感。
まる

まるの感想・評価

3.5
それぞれの生活がありそれが交わり合うのはかけがえのない奇跡であり、関わらないこともできるのだな
短編映画なんだけど長編映画見終わったみたいな満足感がある。この監督の名前はこれからも頭に入れておく。
dozen

dozenの感想・評価

4.1
主人公たち3人の視点と接点のズレと交わりが面白い
引き込まれるカメラワークの中、俗っぽいものも美しくみえる世界
だけどそこにいる人間はキレイなお人形さんじゃなく、ちゃんと生きていると感じられる生っぽさがいい
>|