ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜の作品情報・感想・評価

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜2011年製作の映画)

THE HELP

製作国:

上映時間:146分

4.0

「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

4.0
ジェシカチャスティンのメイドへの接し方が周りと対照的で泣ける( ; ; )
己

己の感想・評価

3.3
嫌な世の中だ。

と思いつつも、隣国の人が家政婦で居たら同じような扱いするかも知れんと思うと他人事ではない感じ。

でも、お馬鹿な子がなにも気にしてないあたり、心の本質では差別なんてない。見栄や世間体で差別してる。って思えるあたりが救いか。


長いし、結構淡々としてるけど
なんか、良いまとまり方してるんでストレスなく見れて良かったです。
たくみ

たくみの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

涙あり、笑いありって感じだけど、実際はもっと真面目に考えなきゃいけない普遍的なテーマだと思った。

パイのくだりは笑ったし、ラストの本当の母親の代わりに育てた娘さんと別れるシーンは涙、、

見てて理不尽だなって思ったしイライラしたけど、勇気を持って告白することは大事だなと思わせる映画です!
ねこ

ねこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

昔はこんなにあからさまな人種差別があったんだと思うと胸が痛む。

黒人女性の力強さと優しさが伝わってきた。

そしてスキーターの心ある行動がよかった。
シーリアも差別しない素敵な女性だと思う。ミニーはこの家で働けて幸せになれて良かった。

人と人との繋がりを再確認させられる物語だった。
james

jamesの感想・評価

4.0
当事者でなければ本当の気持ちは分からないだろう。露骨な人種差別を受けそれでも仕えなければならない経済的事情。そんな状況を打開すべく立ち上がるその町に住む一人の新人女性記者。どんな人の人生であれ可能な限り幸せだったと思える一生にする事が出来るのも関わっている人達の行い次第。
くろお

くろおの感想・評価

4.0
新旧関係なく、主役にも脇役にも良い女優さんを隈無く配置してて話にすごい安定感がある。
ほとんどが女性社会の話で悲惨な出来事は多々あるけど、血生臭い事件は全然起こらないのも、この映画の手軽さの要因だと思う。

ただ、実話じゃないって事で、「デトロイト」とか「ミシシッピー・バーニング」を思うと、「ホントにこんな事やったら、もっと大変な事件になるんじゃないの?」って思ったりも…

あと、この映画に責任は全く無いけど、主役(と言わせてもらう!)ヴィオラ・デイヴィスの家政婦姿が「ゲット・アウト」の家政婦に妙に似てて、
そっちが気になってしまった。
coco

cocoの感想・評価

4.5
「心がつなぐストーリー」と副題にあるから、「きっと白人の富裕層と黒人メイドの心のつながりを描くのだろう」と安易に考えるのだけど、
現実を描こうとする限りそう単純なことではないと思い知らされる。

差別がある限り、相手の言うことを信用することはとても困難だ。
この映画で描かれるのはむしろそっちだと思う。
差別から逃れることの困難さ。
差別に対する抵抗の虚しさ。
生きる気力を奪われるような死別。
立ち上がろうとするたびに打ちのめさせる。

それでも世界が変わったのは、信じたからだった。
「白人だから」「黒人だから」とあきらめずに、おずおずと語りかけたからだ。
心を通わせることをあきらめなかったからだ。
人生はそう簡単にハッピーエンドにならないけど、あきらめずにいることはできる。

この映画はチャーミングでエンターテイメントで、一方で深刻な差別を扱っているんだけど、繰り返されるメッセージは驚くほどいじらしくて健気だ。
白人と黒人、母と子、男と女、女性同士のマウンティング、都会と田舎、
いくつかの主題を織り交ぜながら一つのメッセージに向かっていく脚本は見事。
ままま

まままの感想・評価

4.5
50年代のミシシッピ州…これを聞いただけで黒人差別が非常に厳しい背景がすぐに想像付く
そんな中で「私の育て親はメイドであった黒人だ」と黒人差別に疑問を抱き、彼女たちの声に耳を傾け本を出すという勇気のいる決断と行動へ移すスキーターはもちろん、覚悟を持ってスキーターへ思いを託し諦めず日々力強く生きていこうとする彼女たちに心動かされる…📘

ジェシカ・チャステインの、嫌味な女性達とは対照的な可愛くて心の純粋な素敵な女性の役どころが良くて好きだった ☺︎
オクタヴィア・スペンサーとのやり取りもこの作品の中で好きなシーンだなぁ
がい

がいの感想・評価

3.8
ジェシカチャステインがこんな役どころを演じるなんて
ワタシの全てをジェシカチャステインに持ってかれた
や〜〜ジェシカチャステインがイイ映画

このレビューはネタバレを含みます

大好きな作品です!
エンディングまで悲しさと悔しさが詰まってますが…それもこの作品を良い映画だと感じさせる要因なのかなと。
子供のとき心に抱いていなかったはずのその気持ちはどこから芽生えてしまうのでしょう?
嫌な奴も良い人も登場する皆それぞれが上手に描かれていて本当にステキな映画だと思います。
>|