火口のふたりの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「火口のふたり」に投稿された感想・評価

久し振りに見た大人のエロティック映画。WOWOW録画。
本作は日本の二大映画雑誌であるキネマ旬報と映画芸術からベストワン作品賞を取った話題の映画。
再会した男女が昔通りの自由奔放なSEXを昼夜、場所を選ばず行うという仰天ストーリー。背景には震災などの終末的死をイメージした描写がさり気なく挿入されている。また、抱き合いながらの会話は日常的リアリティーがあった。心と体の相性は本人たちの言う血のつながり(従兄同志)のためかも知れない。
裸が出ない最近の健全な日本映画に対して、あえてタブー的映画を演出したのはさすが新井監督である。また、柄本佑と瀧内公美の体当たり演技は久々に役者魂を感じた。佳作。
KAIMAR

KAIMARの感想・評価

3.5
柄本佑、瀧内公美主演。
従姉妹同士、元恋人同士。
お互い幼少期から全てを知った二人が
結婚前に、SEXしまくる映画。

下手なAVよりもリアルで、生々しいし
アブノーマルなシチュエーションじゃないと興奮しないとか、田舎ならではの
疎外感も描かれている。

柄本佑はゲスっぷりな演技が似合う、顔も。瀧内さんはエロい
柄本兄カッコよさのオンオフ出来るからズルい。柄本父との会話、自然すぎるわー。
滝内公美さん、初めてだけどキレイな身体。素敵です。火口の写真は飾りたい。
m

mの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

世の中には兄弟や親子でセックスしてる人
いっぱいいるだろうしうんぬんとか、子どもを産むくらいしかないとか直子のセリフがひっかかった。
あと食事中に触ってるのとかバスのシーンも気持ち悪い。

観てる間は映画として観てたけど振り返ってみると、AVに無理やり震災とか噴火とか災害の要素を入れて人物に感情を持たせてちょっとストーリー性を出しただけというような内容にしか思えなかった…
演じてるふたりは体当たりですごいなとは思ったけど。
お父さんには全然気づかなくてエンドロールでびっくりしました笑
IKUKO

IKUKOの感想・評価

3.5
柄本佑くんと瀧内公美ちゃんの二人芝居。すごく、やり切った感があります。

性欲を貪っているような、愛を貪っているような。
どこか後ろめたさみたいなんはあったけど、いやらしい感じなかったかな。

富士山の火口のポスターがかっこよかった。
kanko

kankoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

W座にて

体の声に耳を傾けて

あの別れの手紙で終わるのかと思いきやまさかの展開。 富士山噴火って...って思った。治るところに治ったのは良かったと思うけれど地震の事や富士山の噴火、そこはなんか納得出来ない。

始終ふたりはSEXしてるわけですがそんなに嫌らしさは感じなくてまさにw座のおふたりが話されてた様に動物の交わりを見るかの様な感じでした。
馮美梅

馮美梅の感想・評価

3.2
wowowオンデマンドで視聴。。R15+指定版ってなんだ?ぼかしがそうなの?よくわかりませんが、基本的に登場人物は2人。

従妹同士であり、一時は交際相手でもあった直子と賢治。
直子が結婚するということで久し振りに再会する2人だけど、直子の挑発に久し振りの感覚を思い出す賢治の体のほてりが止まらない…

仕方なく婚約者が帰ってくるまでの5日間だけ2人の愛欲の日々が始まるんだけど、やり過ぎて大変なことになったり、なかなか微笑ましい(笑)

子どもの頃から一時一緒に生活していた2人にとってお互い羞恥心というのはなくて、言いたいことを言い、やりたいことをやる。

ある意味、一番お互いの心も体も相性がいいのかもしれないのに、距離を持ってしまった。従妹同士だったら別に結婚しても問題ないのに、その辺は妙に距離を置いてしまったんだね。

兄妹のような感じだけれど、近親相姦というのともちょっと違う。
とても不思議な関係の2人。

柄本佑さんと瀧内公美さんというキャストが絶妙だった。
ギャス

ギャスの感想・評価

3.1
大災害の予感の中、"根本に立ち返る"。
彼らの場合は体の言い分に忠実に従うこと。
そこにあるのは社会も政治もタブーもなく単に感覚だけ。

感覚以外のものが複雑になりすぎている世の中で、全てをリセットができるとしたら本能に従うことよりないのかもしれない。
エロかった。瀧内公美さんは『彼女の人生は間違いじゃない』で見て綺麗な人だなと思ったけど、今作では更に大人な女性になっていた。でも、何を伝えたいのか分からなかった。家で寝っ転がりながらだったからとは思う。不倫はダメと分かっていても止められない、ってこと?
んー、こういう作品は捉え方が難しいよね。
シンプルな作品ほど、奥が深い。
そう感じた。
人間の本能的な生々しさはとてもよかった(笑)

まさかのおとーさーーーん😂