ある船頭の話の作品情報・感想・評価・動画配信

「ある船頭の話」に投稿された感想・評価

nana

nanaの感想・評価

5.0
凄い物を観てしまった。

映像、音響・キャスト、ストーリー
全てが凄い。素晴らしかった。

仙人のような船頭を柄本明が演じている。


家族を持たず、故郷にも帰れない渡し船の船頭が、川を流れて来た少女と暮らし始める。

不便な村を渡し船が繋いでいるが、建設中の橋が出来てしまえば渡し船は必要とされなくなってしまう。
いろんな気持ちを抱え、村人に慕われ、頼りにされる日々を送る船頭。

やがて橋が完成し、生活や可愛いがっていた少年が変わって行く。

そして事件が


圧倒的な映像美
後半にかけてはそれが狂気のように感じてしまう場面まで。
穏やかな美しさから恐ろしいほどの美しさになって行く。

主人公の心のようだ。

人間は知らない間に他者を傷つける。

不用意な挨拶のような言葉の凶器。
悪意。
悪意がないものも。
その身になれば解るであろう凶器が、現実を主人公に突きつけ、追い詰める。

離れない不安。

橋が出来れば…
心に刺さり続ける棘がもう一人の自分を作ってしまう。

いつ壊れても不思議じゃない。
でもこの人は穏やかな笑顔をたやさず客をもてなし、船を漕ぐ。

この船頭を演じる柄本明さんが素晴らしすぎる。

脇を固める俳優さん達も主役級の豪華なキャスティングで、要所、要所でハッとさせられる。

呑み込むような音に、心臓を掴まれる演出。


美意識の塊のような傑作。

 
監督が音響にこだわり、自ら上映劇場に足を運び、それぞれの会場に合わせて音の調整を施した作品。

監督から、
「映画館以外では半分も面白くない作品なので、DVDも買わなくていいし、レンタルもしなくていい。配信されたらダウンロードもしなくて良い、劇場でだけ観て下さい、と周りの人に伝えて下さい。」
と、人に薦める際の注意があるほどのこだわりよう。
上映が拡大されて大勢の方にこの贅沢を堪能して頂きたい。

感動を散らしたくなくて、電車やバスを避けてタクシーで帰宅。
車の中でリピートチケットを購入した。

この作品を世に送り出した制作陣に感謝。
美しい原風景……を狙ってるんだろうけど私の地元なので、あ。はい。って感じ。
時は川のように流れ人も時の流れと共に軽薄。
便利な世の中になれば必要とされない者は淘汰される侘しさ。
伝えたいことはわかるけど、ボソボソ何言ってるのか聞き取るのが大変でした。
キャストが豪華過ぎてその分ハードル上げてしまった。
オダギリジョーはこれから映画監督として売れるべきだと思う
オダギリジョーやるねっ👍
 風景が美しい。山、木々の緑、青い空、雲、川、水面、川面に打ちつける夜の雨、雪。こんな景色がまだ日本にあるのか⛰セリフは少ないが、風景の美しさに音楽が重なって壮大な雰囲気。
 渡しを生業とするトイチの日常がセリフ少なめで淡々と進む。ある日、川に瀕死の少女が流れてきた辺りから話が盛り上がってくる。少女は何者?時々トイチには見える不思議な少年は?少しだけファンタジー(?)の要素もあり、トイチの人としてこうありたい、という思いが語られたり、中身は濃厚。
 村に橋が出来たことによりトイチの仕事も減り、人々の生活も変わり始める。仲の良かった源三も金回りが良くなった様子で身なりも性格も変わってしまう。そして悲しい結末になるのだが、、、。
 あまり好みの映画ではなかったけれど、オダギリジョーが監督ということでの鑑賞。仮面ライダークウガを観て、子供よりハマってしまい、すっかりファンになった😍それ以来静かに冷静にオダギリジョーの映画やドラマ、トーク番組は観てしまう🥰
 一見、髪型やファッションなど独特だったり、でも誠実なんだろうなと思わせる所もあったり(私の勝手な想像ですが)と、気になる俳優。そんな彼がどんな映画を撮ったのかと気になったので観ることに。
 想像以上❗️こんなにしっかりした映画が創れるなんて!本気度がわかる感じ!次にどんな映画を持って来るのかすごく興味が湧く。
 出演者も贅沢。主役の柄本明もピッタリだけど、実力派の名優揃い。観る価値のある映画だった❗️
erueru

erueruの感想・評価

3.5
映像賛美。
静かに流れる景色の中で、
時々飛び込んでくる赤や青が
強烈に印象に残ります。
古き良きものが少しずつ変わっていく時代。
クリストファー・ドイル撮影監督の実に美しい映像。
自然礼賛。物悲しい。
命を運んできた渡し舟の船頭トイチ。これまでずっと有難う。
ふう(風)という女の子との出逢いがトイチの全てを変えた。
誰かのために何かの為になろうとしている、そんな人間に私もなりたい。

映画館で観たかった。
素晴らしい作品。
すべての画面が美しくて創作意識を刺激するし、世界にはこんなに美しい場所があるんだ、足るを知るって生活してるなとか、とにかく色彩が神がかっている。

物語の盛衰と季節の夏から冬への変化が侘しさを増長させていて胸が苦しくなった
気になっていた作品をやっと見れました。
映し出される自然の風景の
映像美に圧倒されます。
絵的な作品と言って
過言ではないかなと思います。
なんと!エンド・クレジットに
クリストファー・ドイル様の名が。。。
撮影に参加されているとは
知らなかったな~
ラストに於ける引きで映し出される
船のショットが絵的に素晴らしく
印象的です。
また、水面がこんなにもフォーカス
された映像は今までなかったのでは?
音と相まって心に刻まれますね。
ホント映画館で見たかったと後悔。。。
そして何よりも凄いのはやはり
柄本明様の圧倒的な演技力でしょう。
失礼な事を申し上げるようで
大変恐縮ですが、こんなにも
存在感のある俳優様とは。。。
ちらっと出演される豪華な面々も
作品に味わい深さを与えていると
思った次第です。
村上虹郎様の変貌ぶりが思いの外
意外でした。
今まで見てきた作品の固定観念が
あった所以からでしょうか。
気になったのは柄本明様が受ける
ノイズがちょっとしつこいかなと
感じたのは私だけでしょうか。
あと、途中出てくる精霊的な人は?
芸人さんが多数出演されているのは何故?
伊原剛志様はかなりむかつきました。
何だか儚い気持ちにさせ、
独特な余韻を漂わす作品と
言えましょうか?
ichita

ichitaの感想・評価

3.7
クリストファー・ドイル撮影監督とあって、美しい映像でした。
特に水場の美しさは過去作でも溜息ものですからね、今作でもたゆたう水面は格別の美しさでした。

プロットも役者も撮影もいいわけですから、あんなに喋らなくてもいいかな、とは思いましたね。
>|