十月の作品情報・感想・評価

『十月』に投稿された感想・評価

エイゼンシュタインン監督の「戦艦ポチョムキン」(1925)に次ぐ3作目。史上初の社会主義国家を成立させた1917年ロシア革命の10周年記念映画。レーニン指導下の革命の様子が壮大なモンタージュ映像で描…

>>続きを読む
とにかくゴチャ〜っと密度がスゴい!

そんで観ていて燃えてくるようにできている
oVERSON

oVERSONの感想・評価

4.4
群衆が一斉に振り返るシーンは圧巻。橋が上がっていくシーンで強調される馬と女性の髪も、恐ろしさを伝えるのには十分過ぎる。
2022-191
ジョウ

ジョウの感想・評価

3.7

この作品は革命及びソビエト連邦建国10周年記念として、政府からの要請を受けてエイゼンシュテインが撮ったものです。
要するにソ連万歳な非常に政治的なプロパガンダ映画です。
これまでのストライキや戦艦ポ…

>>続きを読む
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0

セルゲイ・M・エイゼンシュテイン&グリゴリー・アレクサンドロフ監督作。

ロシア革命の経緯を克明に描いたサイレント映画。
映像の力強さが圧巻で、モンタージュ理論に基づいた細かいカット割りが作品に緊張…

>>続きを読む
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

3.5

【アクション映画の魅力マシマシ】
10月なので、 「死ぬまでに観たい映画1001本」掲載のサイレント映画観た。パワフルな群れの蠢きと武器のカットの重ねを観ると、今のアクション映画って意外とカット捌き…

>>続きを読む
mikan

mikanの感想・評価

3.7
1917年10月25日に勃発したロシアの「十月革命」を劇的に描いたプロパガンダ映画。
表情へのクローズアップ、素早いカットバック、逆再生等、今見ても面白い映像が沢山…。
音楽はショスタコービッチ!
れおな

れおなの感想・評価

4.4
・アクション映画みたいな迫力がある、観ていて単純に楽しい
・プロパガンダだから当たり前なんだけど、レーニンの登場シーンがむちゃくちゃかっこいい

「パンのために!土地のために!平和ために!同胞のために!」。エイゼンシュテイン監督が「戦艦ポチョムキン」の数年後に手掛けたロシア革命の頂点である十月革命が描かれたソ連共産党のプロパガンダ映画。

七…

>>続きを読む

エイゼンシュテイン監督作品
歴史は詳しくないが十月革命の映画
何人のエキストラがいるのだろう、凄まじい迫力の作品であった
サイレントであるが彼らの声が聞こえてきそうな感じ
「パンのために!」は印象的…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事