戦艦ポチョムキンの作品情報・感想・評価

「戦艦ポチョムキン」に投稿された感想・評価

螢

螢の感想・評価

3.3
古典には手に取るべき意味も価値もある、ということを改めて体験した作品。
100年近く前に作られた作品とは思えないほど、刺激と迫力とエネルギーに満ちた作品で、まじまじと観てしまいました。

複数の異なるシーンを細かくつなぎ合わせたカット割りにより、感情の強調や、新しい意味の生成をし、鑑賞者に訴える「モンタージュ理論」を実践・確立した、映画の教科書的作品として知られる、1925年にソ連にて制作・公開された、サイレント映画。

日露戦争敗北直後のロシアは戦艦ポチョムキンにて、「ウジ虫入りスープ」をきっかけに、虐げられてきた労働者階級である水兵は反乱を起こし、上級将校の殺害・監禁事件を起こした。
そして、戦艦の寄港した港町オデッサでは、市民の蜂起をきっかけに、帝国側であるコサック兵による市民の大虐殺が起こり…。

映画史上「最も有名な6分」とされる「オデッサの階段の虐殺」のシーンは、血が苦手な私にとってはつらいのだけど、それでも、細かいカット割りによって高められた緊迫感と、それなのに滞りのない流れのよさに惹きつけられてしまいました。

大階段を逃げ惑う市民、撃たれる子供、瀕死の子供を抱えあげて兵士の前で命乞いをする母、血まみれで咆哮をあげる老婆、銃声に倒れる母親、赤ん坊を乗せたまま階段を駆け下ちていく乳母車、足下の市民の死体には目もくれず列をなして階段を下りながら銃を撃ち続けるコサック兵…。

つなぎ合わされる画面が、残虐さや悲しみをこれでもかと強調します。モンタージュ理論ここに極まれり、という場面ですね。

モンタージュ自体は現代では当たり前の技法となりましたが、それでも、このオリジナルの力強さは他に類を見ない見事さです。

無声映画ならではの、声がない分演技の振りが大きい絵画的な要素、紙芝居のように挟み込まれる字幕カットなどが、これまた独特の味を生んでいます。

映画史上の価値につられて鑑賞した作品でしたが、そんなの忘れるぐらい、夢中でみた作品となりました。
かっこよ。ちょっとグッときた(影響されやすいのもあるし、プロバガンダ作品だということでもあるし、映画として面白かったのもある)
しんご

しんごの感想・評価

3.5
あまりの待遇の悪さに怒りが爆発した戦艦ポチョムキンの水兵達がストライキを敢行。悪魔の様な上官を殺害し反乱する、というお話。

1905年に始まったロシア革命20周年を記念して製作された紛れもないプロパガンダ映画だが、そんな政治的要素を軽く越えたスペクタクル娯楽。

大学で映像論なる科目を専攻していたとき、「モンタージュ技法」を習った。例えば泣いている女の人の映像がある場合、その直前に「棺に入った父の遺体」のカットを挿入するとその後の映像は「身内の死を悲しむ女の人」を意味していると客は理解する。全く別のカットが意味を持って連続するという映像表現だ。

この技法が本作では存分に使用されている。ウジの湧いた食事にキレた水平達、全速力で走る船の機械部...と、とにかくストーリーにテンポと緊迫感を与え続けているからサイレント映画なのに全然飽きない。現在では当たり前過ぎる手法は100年前から既に行われていたんだね。

特に、「映画至上最も有名な6分間」と形容される「オデッサの階段」のシークエンスはまさにモンタージュの本領発揮で今観ても圧巻の一言。子供を撃たれたお母さんの悲痛な顔のアップからの人々に踏まれまくる子供のカットがたまらなく辛い。ちなみに、乳母車が階段落ちするシーンは「アンタッチャッブル」(87)の駅での決戦シーンでパロディ化されている。

まさに映画史の教科書と言える作品。
ソ連のプロパガンダ映画でしたよね。
教科書にも載る大傑作ですよね、乳母車のシーンは有名。
機械のシーンもよかったよね。
パンに砂糖をのせるシーンが好き。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.9
共産主義、革命の雄叫びが爆発する。政治への烈々たる思いが映画製作者達を映画史をも革命へと導いた。さまざまな映画でパロられているオデッサの階段の大虐殺シーンの凄惨さといったらない。圧迫感、左から右へ奥から手前へ転がり落ちていく人々が狭い画面に並々ならぬ恐ろしさを演出させている。歴史的価値が計り知れない作品。
村八分

村八分の感想・評価

4.0
プロパガンダ映画だとわかっていても胸が熱くなってしまう すごい
disco

discoの感想・評価

3.2
記録

餓鬼レンジャーのポチョムキンを知って鑑賞。ウクライナのオデッサの階段は観といて良かったし共産主義が成功したように思えた映像だった。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.3
大学の授業で見せられたが、オデッサの階段のシーン以外よく覚えてない…
この時代にこの映画。
色んな映画でも見る乳母車のシーンの原点
「私」という中心の不在が革命の構造なのかなと思った

保守的な同一性(が生み出す否定性)、中心点を瓦解させていくことこそが革命であり、オデッサの階段のシーンはそういった同一性、否定性に抗う差異の氾濫であるのかなと
>|