フォードvsフェラーリの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

上映館(365館)

「フォードvsフェラーリ」に投稿された感想・評価

ヤマー7

ヤマー7の感想・評価

4.4
これは、おもろいわ。かなり胸熱。
フォードの経営陣ほんとクソ(笑)衰退するのも納得だわ。一方、敵の親分であるフェラーリ氏は本当に車が好きなんだなと。

マットデイモン&クリスチャンベイルのコンビは文句なし。

このレビューはネタバレを含みます

男のロマンが詰まった映画(ルマンだけに)(使い古された激さむギャグ)

VSフェラーリっていうくらいなのでゴール直前まで白熱した展開かと思いきや、わりと中盤でフェラーリリタイア。
まあ実話なので仕方ない。
ゴールも半ば騙されたような形で2位フィニッシュ。判定も覆らず。
まあ実話なので仕方ない。
え、そこで??というところでケンマイルズが亡くなってしまう。
まあ実話なので仕方ない。

愚痴っぽく書きましたが僕は変な脚色するより史実に忠実なほうが好みなのでとても良かった。

フォードVSフェラーリというより、上層部VS現場って感じでした。
上層部の考えることなので客寄せのためにはこのタイトル仕方なかったか。

でもやっぱりレースは臨場感あって手に汗握る展開、演出でしたし、何より音に凄くこだわりを感じた。

レース終盤からクライマックスがわりとあっさりなので若干拍子抜け感はあったんですがテンポもいいし車もはえーし、見応えはばっちりです。

レース好き車好きの男の子にはたまらん一作。ロマンに溢れてます。ルマンだけにね。
IMAX万歳。
大きな音、大きなスクリーンで観て大正解でした。

「漢」が詰まってました。
興奮しまくりです。

実話なんですよね。
奥さん素敵でした。
レースシーンはカッコいいし、熱い映画ってことも分かる!分かるんだけど、フェラーリの扱いがなぁ、、フォード対フェラーリやけど、フォード万歳感が強いかなぁ、、
Ben

Benの感想・評価

4.1
クリスチャンベールのマイルズがかっこ良すぎる!息子役のノアジュブも良かった。
あんまりレースはそんなに興味ないけど、重厚感のある映画になってて、153分に感じなかった。飽きずに最後まで観れた!

このレビューはネタバレを含みます

バーンサルがめっちゃかっこよくて画面に映る度に落ち着かない
カーズが大好きなのでエンジン音いっぱい聞けてわくわくしてたけど結末が…レースの歴史まったく知らなくてめちゃめちゃ悔しい…
ttr

ttrの感想・評価

4.5
4DXの良さを最大限に活かせる映画
一瞬も目が離せなかった 興奮で何度も泣きそうになる

このレビューはネタバレを含みます

なんばパークスシネマ シアター⑧にて鑑賞

何を目指しているのか、何を見せたいのか、イマイチ分かりませんでした。レースシーンは迫力あるし、チャンベは流石の演技だし、長い時間を感じなかったのは確かなのですが、満足度がないというか。
マット・デイモンも空気っぽいというか、チャンベを実質的な主人公として機能させたいのか、そのあたりで割りを食っているのか。群像劇にも振り切れてないし。
ゴチャゴチャしてないのに整理しきれていないなーという印象が強く残りました。
チャンベの演技でなんとか見せている感じかな。それならそれで、もっとチェンベの役の心情を中心に持ってきてもよかったように思います。まぁ、脚本から変えないとダメなので難しいでしょうけど。
ネタバレですが、ラストは割りと後味悪い感じに私は思いました。史実があるから仕方がないんですが。
チャンベの配偶者役の人が超美人だった。超好み。
フォードVSフェラーリというか、現場VSクソ無能上層部の話でOLにはキツすぎた
ゴール下に埋められるのはフォード上層部だろうよ、ふざけんな
tsubame737

tsubame737の感想・評価

4.0
IMAXで観たかった。

本作は組織に属するサラリーマンの喜怒哀楽の物語であり、戦争や病気で夢を諦めた中年の挑戦の物語だ。

また、終盤のレースでの勝者と敗者、どちらに夕日(つまり栄光)はどちらに当たっていただろうか。言い換えればロッキーイズムだ

本作の良さは勝利条件とリスクの明瞭さもある。例えば、エンジンの回転数、スピード、故障のリスクの関係。しかもレース前の訓練で自然に提示される。

最後に、私は平成生まれで、本作の時代である60年代を良く知らない。私はアメリカンニューシネマ、ヒッピージェネレーション、学生運動などの暗く若い時代の印象しかない。そんな時代を舞台に、熱い人間ドラマが観れたことが嬉しい