幸福な囚人の作品情報・感想・評価

上映館(2館)

幸福な囚人2019年製作の映画)

上映日:2019年12月06日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

「幸福な囚人」に投稿された感想・評価

あんまり頻繁に観たい作品では無いですが、悪口や嫌がらせとか有る、あんな職場環境では働きたく無いです。
主人公が徐々に壊れて行くのが、「ジョーカー」の別バージョンのような感じが。
ポスターからだと、トゥー・フェイスのようにも見えます。
音楽の使い方や、完全な人体破壊を見せてないですがそう見せる音がそう思わせる。
主人公と影響を受けるこの二人の関係が、ある作品を思わせます。
人間の心の闇を描いています。それぞれの関係を見ながら考えて観るのも良いのでは。
2日目でも監督、出演者の舞台挨拶に、お見送りまで。

これはもう天野監督の世界観、
こういう見たことのない世界観を
世に出せるのはすごいと思う

ところどころで園子温っぽさがすごくあった


幸福な囚人とは、澤田のことだとおもってみてたけど、澤田は全く幸福な"囚人"にはなれなかった。

じゃあ、誰のことだったんだろう

あの作品の中に、本当の意味で
幸福な人はいたんだろうか


2019年ー87本目
人々の悪意と妻への愛情から、
不器用な男 澤田(#山中アラタ)が、
精神を病んで壊れていく、
狂気満ちたサスペンス映画

うつ病の妻 和子(#小原徳子)
猟奇的な思想を持つ同期 岸田(#児玉拓郞)
夫(#池田良)のDVに耐えながら澤田と不倫する同僚 美奈子(#百合沙)
その他、キャラとして魅力的で面白い澤田の同僚達

果たして、澤田の狂気へのトリガーは誰が引くのか。そして、澤田は…

会社のシーンの部屋からいなくなった人の悪口・噂の連鎖、その悪口から複雑に絡んでいる社内の人間関係が分かる話の繋がりが、スゴく面白かった。
人間関係がある程度分かってから観るとまた作品が違ってみえそうなので、
また、観に行きたい作品。

#百合沙 さん、#上埜すみれ さん、#日高七海 さんの出演とのことで観賞しましたが、
他の作品で観たこともある魅力的な役者さんが多かった。

監督が演技を惹かれた役者さんばかりを使った作品と言うのも頷けました。
2019115

週末だけど通ってる映画館で観たい映画が無くて遠征。
ジャケ買いじゃないけどポスター見て直感的にこれは観たいと思いたって全く情報なしだけど会社終わってダッシュで劇場へ。

そうしたら21:00からなのにすでに立見席(1番目)ヽ( ̄д ̄;)ノ
後で気づいたのだけれど初日1回目の上映で舞台挨拶付き!しかも出演者、監督合わせて総勢14名ってメチャ豪華)^o^(
終了後のお見送りもついてなんて贅沢な日だ❗️
ヒューヒューだぜぃ。
とってもラッキー🤞

さてさて中身はというと人間の負の感情と影が描かれたドロドロした様相。
セリーグ・パリーグ渦巻くセパセパ交流戦な職場で皆が陰口だらけでもう誰も信じられず妄想と現実の狭間で鬱気味におかしくなっていく主人公が狂気に侵されていく…っていうお話。

少し大袈裟だけど現実にあり得そうで恐ろしい。
自分も会社ではいないところで何言われてるのかたまったもんじゃないなぁって思えて来る。他人事としては楽しめるけど自分に置き換えてみると恐ろしや (´༎ຶོρ༎ຶོ`)
世にも奇妙な物語的な内容でした。

欲を言えば監督の挨拶で狂気的な内容と言っていたのだけれどけど刺激される部分が少しだけズレているというか痒いところに手が届かない的な感じで突き抜け感が少しだけ物足りなかった。
人の不幸は蜜の味じゃないけど
ドロドロ感というかこういう世界観は好きな部類なのでちょっとそこだけが残念。

でも豪華挨拶&お見送りのサービスがあったので満足満足。

本能に忠実にあれって心に響く。
そしてタイトルにもなっている
幸福に囚われた囚人っていう部分、ジョジョ5部でブチャラティも似たような言葉言っていたな。とっても心に刺さってきたな。