ロミオとジュリエットの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロミオとジュリエット」に投稿された感想・評価

金柑

金柑の感想・評価

3.2
鳩!そんな出てこないんかい
2014年でもオーランドブルームがヘルメット外した瞬間に歓声が湧くのか……や、まあ、そりゃハンサムだとは思うんですけど、歓声が湧くほどか…そうか…歌舞伎の「待ってました!」だと思えばいい?

んーーーテンポがあんま良くないような。特にロミオとマキューシオ。台詞の一行一行、単語一つ一つに重みを置きすぎて会話に見えないしもはやくどく感じる。そこがシェイクスピアの難しいところであり役者と演出の腕の見せ所だと思うんだけど。最近観たロミジュリだとNTlive版はとても自然に観られたので、やりようだと思うんだけどなー。
そしてキャピュレット卿は現代英語なのか、よっぽど見やすいけども

カジュアルにしたり笑いどころを入れるタイミングもちょっと好みと合わない。
あとモンタギュー側が年齢層高いのでヤンチャ男子/若気の至り感が薄いのもあまり私の好みではなかった

一目惚れもあまり重みがなく、相手がそれぞれの家だと知った瞬間もあまり重く受け止められず、
ロミオを宥める神父とジュリエットを叱りつけるキャピュレット卿の場面は見応えあったな

ロミオ、なんか全然苦しまずに死ぬじゃん…なぜかジュリエットが目覚めるタイミングで神父様来るし、短剣見つけた感動も全然無いし、刺してコテンと倒れるのもなんか
薬屋が運良く近くにあるのも笑っちゃった


ステージドア、本番後にこんなファン対応するのほんと大変だな…「ありがとうー!」って叫んでる日本人ファンがいた
maco

macoの感想・評価

-
現代的にアレンジしつつ、シェイクスピア風の台詞は残しつつ…という舞台。私はこの話は若い男女が恋に酔って破滅する話で、まったくロマンチックとは思えない。なので、オーランド・ブルームではちょっと年をとりすぎていて、分別持てよ、と思ってしまった。
深爪

深爪の感想・評価

3.0
終盤にかけて駆け足で余韻が残らない淡々さがあった。
ロレンス修道士の目力ある演技と存在感で何とか結末まで観れた感ある🫥
えり

えりの感想・評価

3.5
「愛の手引き」…なんてロマンチック。分かっていても美しい言葉と詩的な表現にうっとりしてしまうわ。

古典的なセリフは残しつつ、現代風にアレンジ。
コミカルでちょっとガチャガチャしてる印象。所々入る現代風なセリフもギャップがかなりある。好みは分かれそう。

余談。
メット取った瞬間の「きゃぁぁぁー」の黄色い声には正直、びっくりした。オーリー、そういうポジションなのか…
クミ

クミの感想・評価

2.0
ロマンチックさが全然無いロミジュリだった。
オーランド・ブルームファンにはいいのかな。
キラキラの若い二人が〜なミュージカルのイメージが強いからなかなか慣れなかった。

演劇的なのはいいんだけど、なんか欲しくないところでコミカル。

バイク、ママチャリ出てくる現代版なのは、ケータイが出てくる日本版ミュージカルで免疫はあるけど、やっぱり初々しさが無いのが。さらにモンタギュー側が全体的に年齢行っていて。

白い鳩に手紙を届けさせるのかと思った。
現代に置き換えて、キャピュレット家は黒人、モンタギュー家は白人の設定。
キャピュレット卿はまるでマフィアのボス。言葉も彼が登場するシーンはシェイクスピアから離れて乱暴な現代語に変わる。
むしろこの部分に見どころが多く、家族を支配する横暴な家長と娘のジュリエットの対立シーンは生き生きとしていた。
他のシーンはスピーディというかあっさり。
2人が恋に落ちるシーンもバルコニーのシーンも別れの朝のシーンも超高速で筋を進めるので気持ちが乗れない。決闘もあっという間に終わり。墓場のシーンもあっという間。間の余韻が無くどんどん展開するのは演出の問題なんだろうか。
ジュリエットはとても良かった。現代的で生き生きとして活力に満ちた魅力的な女の子。
オーリーはヘナっとしたモテ男っぷりがロミオ像にあっている。白Tシャツ姿がとても素敵。
いっそ題名をキャピュレット家のジュリエットに変えて、シェイクスピアのセリフと現代語のミックスを再考して、ジュリエットの自立に絞ってまとめたら良かったかも。
キャピュレット家のパーティシーンはアフリカンな雰囲気が面白かった。
lilytm

lilytmの感想・評価

-
現代版アレンジ、自分には合わんかった
若すぎてドリーミーな感じが好きみたい〜

私のfirst celebrity crushなオーリーは相変わらずかっこいいけどロミオにはおっさんすぎた…
saki

sakiの感想・評価

-
初ロミジュリをこれに捧げてよかったんだろうか…と思いながら観た
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.3
ブロードウェイ版で松竹により映画配給された今作。
ロミジュリは宝塚でも上演されているフランス版のロックミュージカルが有名だけど、こちらはミュージカルじゃなくストレートプレイの舞台。故にシェークスピアの言葉の洪水を浴び去られる作品だ。

オーランドブルームがロミオを演じているのが一番の売りなのだろう。他の俳優さんはよく判らない。
モンターギュ家は白人だけど、ジュリエットらキャプレット家は黒人なのが特徴。ジュリエットは頭身が高くとても綺麗。

Tシャツにジーパンのようなラフな衣装で舞台も美術は簡素なものだ。
だが面白いなと思ったのが、キャプレット家の仮面武道会のシーンだ。黒人だからか、ノリがアフリカンパーカッションでダンスも土着的。仮面も野生動物っぽいデザインの紙のマスクと特徴的だ。
演出上で一番ハッとしたシーンだな。

他にも本物のバイクを使ったり、リアルに火を用いたりして、シンプルながらも大胆な演出が冴える。
役者さんも圧倒的な台詞量を流暢に喋り流石ですな。
まつこ

まつこの感想・評価

2.5
セリフは美しい詩なのに動きがコミカル過ぎてバカップルにしか見えなかったのが残念…衣装が現代的なのはいいんだけどちょっと荒れてるからウエストサイド感出てくるし…新しさを求めると難しいんだろうなぁ。うーん…終盤になる程単調になっていくのも辛い。物足りなさが残る解釈だった。

オーリーの旬も少し過ぎていてキュンと出来なかったのもあるかな。個人的にはロミオはもっと若さが欲しい。でも、ばぁやはよかった!ばぁやは!

松竹ブロードウェイシネマが続いてくれると嬉しいから次は劇場に行こうと思う。キンキーブーツなら幸せな気持ちにしてくれるはずだし!後、NTLのアンコール上映が関西で決まったのがありがたい。ベネ・フランケンとかトムヒの作品見逃していたから嬉しい。

余談
先日WOWOWの番組で中島健人がシェイクスピアの一節をノーランに披露していたんだけど…ニヤニヤしているノーランを見てはこっちが変な汗かいたよ。将来黒歴史にならないか、ちょっと心配。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品