今宵、212号室での作品情報・感想・評価・動画配信

「今宵、212号室で」に投稿された感想・評価

shihong

shihongの感想・評価

3.5
Oh, フレンチファンタジィ!

何気に鑑賞しましたががっつりファンタジィでした。
ファンタジィといえど、パリで夜中にピアノなんか弾いてたら通報されませんか?🤣
(確か20時以降は騒音に厳しい)
ファンタジィと割り切って見ると、、、楽しいかも。


結婚後も浮気を繰り返していたマリア。
ついに旦那にバレるも、向かいのホテルにプチ家出。そこからマリアの脳内の物語・・・。
舞台を見ているようです。

一番の感想は、
リシャールのように穏やかでしかも自分を一途に愛してくれる男性募集、です(笑)


愛されすぎて(?)つい浮気をしちゃうマリア。
そんなマリアとリシャールは実生活では元夫婦。なんか、凄いな。
そしてフランス人、相変わらず脱ぎっぷりが良い。

いやいや、マリア強すぎ、てか尻軽すぎ。
さりげない着こなしとか素敵ですが。。
流石、両親の強力なDNAを感じずにはいられない。

熟年イレーヌがキャロル・ブケ。
美しくなっちゃったw
優雅に海辺で暮らす彼女は、色んなことから解放されていて素敵でした。


ホテルの部屋、212号室とは
民法212条とかけていて、
夫婦は互いを尊重し
貞節であること
の戒め的な。

いい夫婦関係を保つには、
誠実さとユーモア、
欲望と共有ですって。

真実!!🤩
sima

simaの感想・評価

4.0
インテリア&ファッションが素敵。人が増える、部屋が増える。イラつかない好感度良い男女のもめ事系ファンタジー。
ザン

ザンの感想・評価

3.3
現在の自分と若かりし配偶者か。気味悪いけど、そりゃ惹かれるだろう。フランス人は奇妙なことを考える。
まの

まのの感想・評価

-
倦怠期を迎えた夫婦、妻の浮気がバレて起こる一夜の不思議な出来事。

うーん、正直ついていけない内容で、途中で寝落ちしてしまいました。

ホテルに移動した妻に見えた若き日の夫やその他の人々。
全て妄想??マリアの心の中の幻影??

わざわざ有料で観る価値はなかったかな。
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0
クリストフ・オノレ監督作。

パリを舞台に、夫婦関係に危機が生じた夫婦の葛藤とその後をファンタジックに描き出したクリストフ・オノレ監督&脚本作品で、マルチェロ・マストロヤンニ&カトリーヌ・ドヌーヴの娘であるキアラ・マストロヤンニが夫への愛情が冷めつつある妻を妙演しています。

パリのアパルトマンで暮らすマリアとリシャールは結婚20年目を迎える子無し中年夫婦だが、夫婦仲は上手く行っていない。マリアが自分以外の男と浮気していたことを知り愕然としたリシャールはマリアを責め立てる。マリアはそんな夫に嫌気が差し、アパルトマンの向いにあるホテルの一室で一夜を過ごすことにするが、その時20年前の若い頃の夫が姿を現してきて…というシチュエーションで、マリアの前に不思議と姿を現した20代の夫のほか、夫の青春時代の初恋相手であるピアノ教師、マリアの母&祖母、その他昔付き合っていた数多くの男性達をホテルの一室に続々登場させた上で、現在のマリアと束の間の交流を繰り広げていく様子を登場人物の回想&時空の飛翔と共に幻想的に映し出しています。

夫との関係が上手く行かない妻とホテルの一室に出現した昔の夫やかつての恋人達との幻想的な関わりを通じて、自らの原点に一度立ち返った末に今現在の夫婦関係の有り様を見つめ直していく様を描いた“夫婦愛修復ドラマ”で、劇中を彩るシャンソンの楽曲が聴き心地抜群ですし、目元&横顔がマルチェロパパに瓜二つなキアラ・マストロヤンニの心情的な演技も輝きを放っています(大胆ヌードも披露♡)。
んー、ファンタジーすぎた!昔の人?思い出たちが主人公だけじゃなくて旦那さんにも見てるし会話できるし。
若い頃の旦那さんビジュアルがカッコよかった。
25年奥さんだけを愛した旦那さんと、軽い火遊びしまくりの奥様のおはなし。
フランス、今宵、ホテルの一室で起きた不思議なお話。

雰囲気だけで最後まで...

よく考えたら、ただのビ○チの話。恋愛に自由なフランスらしい話。
Yuno

Yunoの感想・評価

2.0
もっと若い頃の彼氏がぞろぞろ登場して過去の思い出が示されるのかと思っていたけど、違った……
傷付きに逢いに行く

御都合主義と言えばそれまでだが、傷心をそっと慰めてくれる力がある。
奔放だな〜。ファンタジーだけど、ふわふわしたやつじゃなく現実的なファンタジー
>|

あなたにおすすめの記事