今宵、212号室での作品情報・感想・評価・動画配信

「今宵、212号室で」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

-
ファンタジックな恋愛映画。1人で観ていろいろ浸る映画だと思う。女性向き。

フランスの恋愛観って自由、だけどマリアは自由奔放過ぎる、既婚者であそこまで行くと結局のところ心が安定してない、そういう成長という意味でのパラドックスなのかな。法律の212条の事と212号室をかけている点はきっとそういう事なのだと思っています。映像表現とか好きでした、子供が怖かったけど‥笑
でも個人的には旦那さんが可哀想に思えてきてしまうなやっぱり💦

「夫婦にとって大切なのは誠実さとユーモア」「未練は1年まで」
もも

ももの感想・評価

4.7
人の人生は地続きのようで、過去の自分と今の自分は別の人間であるとも言える。日々の選択で人生は大きく変わるけれど、あの人は本当はこうしたかったんじゃないかと他人が(勝手に)疑ったり、あの時のあの人の方が魅力的だなって(勝手に)回想したりすることで、本当に過去の別の人間が現れてしまうのがこの物語。面白くない訳がない。
後半ちょっと蛇足気味と感じる部分もあるのが残念だけど、前半がとても好き。インテリアも衣装も素敵で目の保養。主人公動くとカトリーヌ・ドヌーヴに似てるな〜って思ったらリアル娘でびっくり。




ただただリシャールが優しすぎた。
日本とフランスの貞操観念の違いというか、不倫に対しての考え方の違いで同じ女性でもマリアのことが受け入れられなかった。


思ってたハッピーな話とは違ってたな。
ファンタジー?コメディ?現実は212号室の部屋みたいな、こんな風にいろいろな事に気づかせてくれないよ。
自分で気づかないと。



優しさに甘えすぎるのもよくないね。
マリアとリシャールの夫婦は付き合って25年、結婚して20年になる。
ある日、密かに重ねていたマリアの浮気が夫のリシャールにばれてしまう。
怒った夫と距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室に宿泊する。
そんなマリアのもとに20年前の姿をしたリシャールが現れ、さらに元カレたちも次々と登場するという不思議な一夜が幕を開ける。


ホテル212号室に若きリシャール、元カレ15人勢揃い、マリアの母親、マリアの決意を応援する男、空想の現旦那が次々やってきて、空想の世界から現状を向き合おうと話つけてくる設定が斬新すぎるし、こんなファンタジーなのにセリフの一つ一つがやけにリアルさが滲み出てて、全然ファンタジー感を感じさせなかった。

過去に愛した女は今愛してる妻がいるかぎり過去の女のままで、今も愛してるなんて限らない。いつまでも私を愛してくれているなんて思っちゃだめよ。現実世界の男女たちよ。

若きリシャールや元カレたちと話していくうちにマリアの中で答えが導き出されていくのだが、結局ラストは今まで通り浮気を続けていくスタンスのマリアっていう解釈でいいの?
浮気を繰り返すことを許す旦那って解釈でいいの?浮気をしてでもリシャールはマリアを愛してるってことなんだよね。

ホテル212号室の212は実は法律212条の夫婦に関する条例なんだね。
マリアが法律の教師ということに掛けているんだね。おもしろ。

でもマリエはイレーヌを使って旦那が浮気するか試していたのは嫌だね。
それに乗らなかった旦那のマリエに対する愛は最強だったけど、普通の男なら浮気するだろうな。


現状の事態を過去の連中や過去の出来事から今に導きさせる設定が新しいスタイルで面白かった。
ことね

ことねの感想・評価

3.6
想像以上にファンタジーだった
なんでもありじゃん(笑)
まだ観るの早そうな内容だったけど
ファンタジーだから観やすかったてのはある

歴代の元カレが集合するの爆笑した
親に観せたらどんな反応するか気になるけど
一緒に観るには気まずいシーンが多いな
観終わってからマリア役の女優さんがカトリーヌ・ドヌーヴの娘って知った
主人公夫婦がリアルで元夫婦だったのもびっくり!
リシャールの若い頃はアマンダと僕の俳優さんか
かっこよかったな〜

旦那さんがただただいい人だった
マリアには全然共感できない
この後どうなったんだろう…
夫の他に男がいなくてはやっていけない主人公。
それがばれて一晩お向かいのホテルに泊まる。

昔からの人がいろいろでてきて、なんだなんだ?
夫は年はとった。
若い人が良いのなら、離婚してでも若い子と結婚したら?

夫婦は一日で、成せるものでもない。
うまくいきそうだけど、この先はわからない。
るる

るるの感想・評価

-
ここにある少ない日本語レビューを読んだら妻完全悪者にされてるけど、長く付き合ってる(付き合えてる)パートナーがいる人なら気持ちが少しは理解できるのでは?

優しい結婚相手とか、愛とか、平穏な毎日とかは幸せだけど、それでも、それだからこそオンナとして救われない時があるんじゃないでしょうか。

ライバルのはずの夫の昔の恋人(オンナ)が
「彼は夫なのにアナタのこと全然わかってないわね!」って妻が不満を持つところを見透かして同情してたのにオンナだけがわかる気持ちの全てが詰まっていると感じました。

愛は契約じゃないし、結婚だって解消可能なのことを考えれば一人で生きていける二人があえて”お互いが”好きで一緒にいたいと思ううちは助け合ってやっていきますっていうことにすぎないし

一方が「こちらは浮気してないのに!愛してるのに!」って言ったところで一方的に好意を押し付けるファンと同じ。
結婚しているからと言って愛する「義務」があるわけではないし、強制することもできない。

もちろんリシャールは健気ですが🥲
他人を縛れるのは魅力だけ。
ん、んー。
ちょっと苦手な感じ。
ファンタジックな作品でしたね〜。
2021 4.4 鑑賞
サラブレッド女優のキアラ・マストロヤンニに魅力感じない❗️
切身

切身の感想・評価

3.5
名曲に心癒されました。
いかにもフランスだ。
愛には色んな形がある。自分の(国の)愛の形だけが正しいとは限らないのだ。
>|