待つには遠すぎた初恋の作品情報・感想・評価

待つには遠すぎた初恋2018年製作の映画)

製作国:

上映時間:12分

4.4

あらすじ

「待つには遠すぎた初恋」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

心意気

とだけ書いていたけど追記。ちゃんと意見言いたい。

一番評価したいのはファーストカット。最近の自主映画にありがちな、目を閉じていても開いていても同じことが伝わってくるような"聞かせる映画"(これは悪口のつもり)ではなく、きちんと映像を見せて、それで映画へと引き込もうとする描き方は、シンプルに好感が持てる。たとえそれが最初だけだったとしても。
映像に比して、役者の声がどこか上滑りしていくような最初のシーンは、技術的なことを抜きにしても「やられたな」と思える。これが演出ってやつだよな、とも感じられる。このシーンに関しては、すくなくとも演出家としての技量を認めざるをえない。(イコール監督としての評価ではない)

個人的に思う問題は、それを全編でやってしまったことではないだろうか。主演の台詞はどこまでも上滑りだけで、本音を押し殺し続ける。それゆえに最後のシーンが映えるのだ、と言ってしまえばその通りだが、どこかで本音がにじみ出てしまう、その瞬間が映像でほしかった。これはあくまで好みの問題であり、映画そのものの客観的評価にはつながらないだろう。
個人的に、恋愛を含めた人間の感情というものは、"物思へば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる魂かとぞみる"とあるように、隠しても隠しきれないその一瞬に、純粋でとめどなく流れるものだという思いがある。(それも含めての"好み"だろうが)
演技の演出と、主人公に訪れる境遇が、機械的で、理不尽とある種の必然性を感じさせないのも問題かなあ。
てかこのへん大学生の役者に求めるものでもないか。ごめんここ忘れて。

この映画はファーストシーンとラストシーン以外はすべて単なるつなぎで、その過程には何もない。それがやや残念。姉のくだりはよくわからん。必要なくない?とも思う。かわりに、もっと主演の女の子二人に重層的な深みを与えるなにかがほしかった。台詞と一緒にキャラクターも上滑りしては意味と甲斐がない。

技術的なことは何も言うまい。撮影はすばらしい。ちょっと酔ったけど。音声はもっといい音を録ってたと思うんだけど、使えるレベルになかったのかな。精進します。

色味は、ファーストカットに準拠したらああなる。短い尺でコロコロとテイストを変えるのも避けたい。けど結果としてやっぱり眠すぎるかあ、、、、。撮る際にもっと工夫すべきだっただろうか。

ちょっと予想を超えた広がりを見せていて、戸惑っている。評価される映画なんだなあ、という単純な感想。

ごめんあとタイトルが永遠に覚えられない。
quince68

quince68の感想・評価

4.0
凄く良かった。好きな展開。

長編ならラスト10分で観る人を驚かせるけど
この作品は、最後の一言だけで全ての見方が変わる。

カレンの無言の演技に魅せられた。
kou

kouの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

良かった。三角関係。形は違えど誰しも経験するかもしれないやつ。力強い一言を言うラストシーンがよかった。そして、それがミカコに対しての言葉だったのが尚よかった
#夜空と交差する夜の映画祭2019
みき

みきの感想・評価

-
まっくらのなかで観てました!

個人的に、鑑賞する環境が違うだけで映画の雰囲気や自身の見方も変わったような感じがして興味深かったです。

CinemaTerminal Finalでもう一度鑑賞できるのを楽しみにしています✨
あさ

あさの感想・評価

-
終わった途端 オイこれ好きだわと思った

英語も日本語みたいに聞こえるんでしょ〜とか日常会話レベルでいいから話したいって言いつつ単語ですら会話しようとしないし友達に100パー任せきりなの姿勢最高にイラッと来たし(リアル)
最初はこんな展開あるかよと思っちゃったけど、愛の矢印に気づいた瞬間ね
最後良い
ASK

ASKの感想・評価

-
顔を撮りたい気持ちわかります
それがまなざしとして強度を持てばなお良い
様々なもどかしさが重層的に表現されていて素敵な作品だと思う。
淡い光を放つ色合いが儚い雰囲気を醸し出している。
RyoS

RyoSの感想・評価

-
何でもない河原での単なる会話シーンが全然平凡でなくてファーストカットも含め撮るのめちゃめちゃうまいなぁと思いつつもやっぱり全体的に白っぽくて灰色っぽくてCineStyleな色味はカラグレちゃんとしろって思っちゃう、それがわざとだとしても。カメラで撮ったまんま感ある。

でもこういう学生映画って芸術性よりも人間というものを撮れているかという事の方が重視されるんだよね、だからこれは評価されている。って思うと『なみぎわ』がブレイクしているのと相反するんだよなぁ。