プリズン・サークルの作品情報・感想・評価

プリズン・サークル2019年製作の映画)

上映日:2020年01月25日

製作国:

上映時間:136分

4.1

あらすじ

監督

「プリズン・サークル」に投稿された感想・評価

ジジョ

ジジョの感想・評価

4.2
毎日TVで流れる数秒の犯罪ニュースの裏には、たくさんの「悲しみ」がある。加害者目線からの「悲しみ」を映画を通して見ることが出来た。

刑務所の存在意義が「更生」であってほしい。今までの人生の中で与えられなかったものを受け取れる場所であってほしい。希望を持って再び社会に出たとしても簡単にうまくいかない現実でさえも、一緒に乗り越えて行ける社会でありたい。

時折挿入されるサンドアートの表現が素晴らしかった。

女子受刑者に対するプログラムは無いのだろうか?もしあれば続編として観てみたい。
あけみ

あけみの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

キネカ大森ではりぼてと二本立て
この二作を二本立ての組み合わせにした理由を色々考えた。

島根あさひ社会復帰促進センター(刑務所!)のドキュメンタリー。
TCと呼ばれる更生施設で、宿泊所のようなところで民間の人が警備や授業を担うところ。
でもまだ日本に1か所しかなくて、倍率もものすごく高いらしい。全国4万人の内40人。
再犯率が半分とのことだけど、そもそもこの施設に入る人たちは比較的意識高い系だったり賢い感じだったりするからそれを考慮すると、なかなかこの数字もどうなんだろうかねぇ。
家庭環境の影響ってデカイんだなって感じた映画だった。

こういう施設増えたらよいなって思った。っていうか自分も入りたいって観てて思った。
自分と向き合う時間をたっぷり取れて、どんなあたおか発言をしてもそれを聞いて受け止めてくれる先生や仲間がいること、なかなか実生活だと叶わないから本当にうらやましい。

唯一気になったことがあって、、、作品の良し悪しとは関係なくすんごいどうでも良いことなんだけど、食事がロボットでゆっくりと各部屋に運ばれてくるシステムで、そのロボットのスピードがめちゃくちゃ遅いのと、確か音がエレクトリカルパレードの単調なやつで、、、誰もいない薄暗めの廊下を、、、ホラーかと思った。笑
かさま

かさまの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のTCユニット外の刑務所内部シーン、ドキュメンタリー等でしか知らないがまさに刑務所というような監視、統制の様にまず圧迫感があった。締め上げれば規格に沿った人間が出来上がるだろうというような威圧的な規律の世界が映る。この中で一体何してるんだ?と思っていたら、次に映るのはそれまでの刑務所然とした描写からうってかわって緩やかな対話の描写だった。
語る場を持ち、語る言葉を見つけ、聞いてくれる人がいる受刑者達は稀有な機会を掴んだなあと思う。しかし外に出たあとの人生が必ずしも順風満帆とはいかないのが出所した人々の定例会の様子で分かる。
施設の雰囲気などからして回復に主眼を置いてるのだろうとは思うが、それでもやはり冒頭のような懲罰的統制が必要なのかと思ってしまう。
あのTCユニットを運営している人たちは一体どんな教育を受け、訓練を積んでるのだろうと思った。
施設の立地を見て、人口少ない過疎地で林中山中なんかに土地が持て余されてて地元に働くような施設がなかったりする土地が選ばれたのかな…と田舎の事情を思ってしまった。あの施設は地元の雇用や経済効果を生んでるんだろうなと思う。
あっさ

あっさの感想・評価

3.5
84(36)
窃盗を悪とは思えなかったり出所後の集まりでさらっと万引きして〜とか言ったりと結局根本が変わることは難しいんじゃないかと思ったが、その根本というのも家庭や周囲の環境から形成されたもので仮に自分がそういう状況で育ったらどうなっていたか考えてみるきっかけになった
編集にはちょっと間延びを感じてしまった…
【人生ハードモード】76

島根の刑務所(名称は社会復帰促進センター)のドキュメンタリー。受刑者たちは日々、認知行動療法などを通じてともに生い立ちを振り返り、罪を認識し、他人との接点をつくろうとする、そんな姿を淡々と映す。
まず思ったのは「話が通じるひとたちの話だ」ということ。ここは「犯罪傾向の進んでいない男子受刑者」を受け入れている刑務所なので、罪状が重い人もいるけどみんな話がわかるし、かなり知的レベルが高い。自分を分析できるし、抽象的な話をバリバリする。
これが同じ島根でも「暴動島根刑務所」みたいな累犯モリモリ粗暴この上なしのみなさまだったら、お話にならない。松方弘樹に被害者の気持ちを聞いても仕方ないもんな。犯罪者と言っても色んな人がいるのね、勝手に決めつけたらあかん、というのが実感。
もうひとつは、ネグレクトや虐待の被害者ってほんとうに多いのねってこと。生まれたときからハードすぎる。人にとって環境はいかに大事か。
「すばらしき世界」の三上のように歩き方とか礼の仕方とかにビシッと筋が入っちゃってる男たちが、真摯に、ときには辛そうに、またときにはなくしたものを探そうとするように、自分の話をする。相手の話を聞く。
出所後もこういうコミュニケーションができればいいんだけどね。刑務所の外にはやなヤツも粗暴なヤツもいっぱいいる。ほぼジャングル。
所内での拍手は禁止されている。

キネカ大森②[名画座2本立て]で鑑賞。🏆文化庁映画賞 大賞受賞作品、ずっと観たいと思ってた。
島根あさひ社会復帰促進センターで行われるTCに参加している囚人のドキュメンタリー。 
日本の刑務所にカメラが入るのは初めて。制約が多いなかで、ここまで纏め上げてる。観て良かった。

受刑者がプログラムを通じて、自分と犯した罪に向き合う。大小のグループで、自分を語り、他者を聞き、考える。幼少期の体験、被害者家族と話す設定のロープレ、本音で語り、時には涙する。
生の声を聞くのは初めて。幼少期のトラウマや劣等感、存在を無視される、なめられたくない強迫観念、自分を失う思考回路など、自分を知ることから、暴力の連鎖を止める。
今、職場にも病む人が多いなかで、自分と向き合い対処する術を身につけることは誰もが必要。

ちゃんと向き合うことは、親身に聞くこと、なのかな。
dadada

dadadaの感想・評価

4.3
TCという更生プログラムで黄色いイスが並ばれてるあたりに刑務所なのに老人ホームみたいなゆっくりした時間がながれたかと思いきや囚人が演じる加害と被害のロープレに傍観者の僕もあちら側だったかもしれないし既に罪を犯しているかもしれないと考えたら苦しくなったのでシャバにでたら責任を持って発言し行動しようと思いました。
ものすごく淡々と、刑務所内部を撮影したドキュメンタリー映画。
対話やロールプレイにより更正を目指す、TCプログラムという制度がある刑務所を舞台にしたドキュメンタリーで、正直、少し受刑者に寄り過ぎなのでは…?というシーンもありましたが、取材許可まで6年、撮影2年という制作期間を考えると多少は仕方ないかと。
知らない世界を知ることができるので、機会があったら鑑賞する意味のある作品だと思います。
遊

遊の感想・評価

-
「更生」ってなんなのか
何が達成されれば更生なのか

自分の向き合いたくない過去に「向き合いたくない」って明言できているだけで「向き合いたくない」という感情と向き合えてるじゃん、おれはそれ出来てるのか?と思った

「死んだふりをして生き延びた」
「帰る所がある という感覚が本当に無い」
自分がいかに無償の愛を当然のものとして享受して生きてきたか、

プログラムに参加する受刑者たちが「自分を語る言葉」を豊かに、十全と思えるレベルで持ち合わせていることが気になった
ハナから言葉を持つ人間が受刑者の中から選ばれているのか、プログラムの中で言葉を与えられていくのか、「犯罪を犯す人間は自分の感情を分析する言葉を持てていないから犯罪を犯す」というこっちの先入観か

観終わって劇場を出たらなんとなく世界が違って見えたりフワフワしたりする映画は本当に良い映画
しるこ

しるこの感想・評価

4.0
刑務所の中で更生プログラムが行われている。4人の若者の2年間に丁寧に寄り添うドキュメンタリー。

幼い時の心の傷は大人になってどれほど癒せるのか。受刑者はお互いの過去を吐露しあう。
どうにもならなかった生い立ちに苦しみながら自分の過去と対峙する彼ら。

女性監督の優しい目線。
出所した若者の清々しい表情に救いを感じる。
>|