プリズン・サークルの作品情報・感想・評価

上映館(6館)

プリズン・サークル2019年製作の映画)

上映日:2020年01月25日

製作国:

上映時間:136分

あらすじ

監督

「プリズン・サークル」に投稿された感想・評価

観ていて苦しくなってくるのは、似たような感覚、昔のトラウマとか劣等感とか弱い部分、覗かれたくないところを意識するからなのかな。考え方も環境も違うんだけど、なんだか自分のことに置きかえてた部分もあり。内を出す、対話する、1人じゃないって気づき大事だよなって考えさせられるドキュメンタリー。
ぱお

ぱおの感想・評価

5.0
友達と鑑賞。
どんな映画だったか?と聞かれたらとにかく複雑な気持ちになるドキュメンタリーだった。

生きてて良いのかと悩む受刑者、喜怒哀楽を表現できなくなった受刑者、ロールプレイ中に何の涙なんだと問い詰められる受刑者。

これを観る前まで、受刑者=悪いやつで苦しい思いをして当然
というふうに思い込んでいた。

でも彼らを孤独にさせたのは、悪者にしたのは、他の誰かであり、助けなかったのは私たちだと分かった。
また、刑務所の在り方を変えるべきだと思った。

この映画を観ることで新しい視点を取り入れることができた。でももし受刑者が出所したら私は彼らに怯え偏見を持ってしまうのではないかと少し怖い気持ちにもなった。

傷つけた罪を、助けなかった罪を、全て奪った罪を償うために、ひとりひとりを、元は優しい心を持った一人間として認めていかなければならないと思った。
sykszk

sykszkの感想・評価

4.1
プリズン・ブレイクと似て非なる映像作品。

刑務所内での自助グループ的セラピーと、参加者の変化を追った、地味だが芯のあるドキュメンタリーだ。

回を重ねるごとに、どんどん囚人たちの抱える己の中のものが吐き出されるようになっていく様子が記録されている。これを見て、似たような立場の人々で語り合うことは非常に心に影響があるのだろうと感じた。

ロールプレイでは犯罪者役に対して「正義」を発露させる場面もあり、犯罪者といっても生まれつきのサイコパスばかりではない普通の人間であることが実感できる。正義や罪悪感はあるものの、それぞれ認知の歪みを抱え、自分のそれには気づきにくい。窃盗癖のある囚人の告白が物語る。

本作には、拓也という青年が登場する。モザイク越しにもわかる端正なイケメンだ。彼は内省し、それを言葉にできる知性と粘り強さを持っている。

拓也の変化と、その自己を投影した創作物語がフックになり、一つの軸になってドキュメンタリーに物語性が生まれている。だが、「優等生」すぎる彼ありきでドキュメンタリーとして成り立っている感は少しあった。

とはいえ基本的に、セラピーや犯罪者心理に興味ある人にはお勧めできる作品である。
暴力の連鎖を考える。人間は簡単に壊されて、壊された人はまた自分を守る為に誰かを壊す。壊す/壊されるのはとても簡単なのに、立ち直る/立ち直させる、蘇る/蘇らせるには一生の時間がかかる。このTCのような取り組みは受刑者だけでなくいろんなところに必要な支援だと思った。
がんつ

がんつの感想・評価

3.6
取材許可に6年。撮影に2年を費やし“ 日本の刑務所の中 ”を撮影した映画!😳
「仮設の映画館」でも上映中です!私は映画館で鑑賞したのですが...

【 共感できない映画...😰 】

⬆️共感できないのは犯罪心理ではなく、彼らが受けてきた暴力や虚無感が計り知れなくて共感できない!😭
彼らにとって犯罪行為は“ 自分が受けてきた仕打ちを誰かに仕返ししているだけ ”なのかもしれない...。

特に印象的だったのが、犯罪の動機について話し合う場面で、そこで語られる犯罪の動機が想像を超えていて凄かった...。
「悪人」「怒り」「楽園」を観て、犯人の動機を考えたりしましたが、それがいかに安直なことかをこの映画を通じて理解しました😅
他人と同じような生活をしている人間には、わからない感情があるんでしょうね...。

“ 共感できない映画 ”ではありますが、この映画はオススメです!
特に「犯罪はとにかくダメ」っていう人に見てほしい!きっと何か感じられるはず!🤔

作為的に、犯罪者=過去のトラウマを抱えているという構図ばかりになっている気がしましたが、それも正解なのかも。
“ 忙しさ故に放置する子育て ”も子供からすれば暴力に等しいのかもしれません😔

犯罪者を処罰するのではなく回復させるという考え方が、これから広まっていくのかも知れませんね!🤗
Twitterを見た感じでは、不寛容過ぎて無理そうですが...

本作は本当に、良いものでした!
必ずや詳らかにされる、社会的大事件を起こした人間の生い立ちや背景事情、これを見聞きする度にあたしが思う事は何故事件を起こしたのが俺じゃなかったのか、という事で御座いまして。

その答はおそらく、意地と見栄に密かに縛られている矮小な性格とエンタメに救われていた事実があるからだと思うんですけれども。

その観点で敢えて語弊のある言い方をすれば、人間てやっぱ面白えなと思いましたよね。

自分を救おうとする心の働きと、自分を戒めようとする気持ちと、その狭間で葛藤する人間の姿がこれ本当に興味深いものでしたよね。

そんな面白え人間には救われて欲しいと思いましたよね。

このレビューはネタバレを含みます

以前、刑務所に関わっていた者として、とても面白く観た。
以下、個人的に印象に残った点
・刑務所を取り囲むのが「塀」ではなく「フェンス」(通常の刑務所はフェンス。他の官民協働刑務所も同様なのか?)
・撮影班に同行して、時折カメラに映り込む警務官の帽子に金色の線(=幹部クラス職員)
・食事を運ぶロボットの動作音がエレクトリカルパレード……(笑)
・先に出所した元受刑者の「もう、あんな所戻りたくないやろ?」の言葉
おさき

おさきの感想・評価

4.0
『TC』という語りの場では、自分の犯罪だけでなく、幼少期や家族との思い出も、「自分の言葉で」語り合う。みんなでそれをすることにより、ある種の共通性みたいなものが見えてきて(いじめとか虐待とか)それは自分が「異常な」人間だから事件を犯してしまったのではなく、社会や環境の要因もある、と気づけたのではないだろうか。そしてそれに気づくことは孤独から解放され、またそれに向き合い続ける周りの人々をみて、自分はこれからどうするかを常に問い質される場所なのだろう。。。
追記:ロールプレイングで他の受刑者に被害者や自分の家族を演じて話してもらうことで、本当に本人たちと話してるように感じたり、また演じた受刑者も自分の事件の被害者のきもちにもなれていた。あとはこれからのことを楽観的と悲観的に考える自分をわけて演じさせることで考えるとか、自分を客観視させることが大切なのかな。
砂絵(風?)もきれい、、「嘘しかつかない少年の話」はすごく切なくて、どこか彼自身の中にずっとためてきた物語なんじゃないかな、と思った。

最後に受刑者40万人中40人しかこれをうける環境がないって言ってたけど、逆に、日本の刑務所ってどう事件に対して考えさせるんかな。。。というのが気になったから調べる。ぞ。。。
ねこ

ねこの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

是非見て欲しい作品。

福祉職を目指す身としてはとても勉強になった。

過去を見つめ自分を受け入れることは、私たちであっても難しい。でもそれを乗り越え笑顔で社会へ向かおうとする姿はかっこいい。

嘘つきの少年の未来が住民に受け入れられた明るいものであって欲しいと願うとともに、受け入れられる社会を作らなくてはならないと思う。道を踏み外したとしてもまた戻れる社会をつくっていけたら…

2020-61
R

Rの感想・評価

3.7
受刑者が自ら希望し、犯した罪に向き合う『TC』。自らの罪に向き合うだけでなく、更にその先、、加害性の根本をひたすら掘り下げる様を写し続けるドキュメンタリー。
犯罪など犯したことの無い自分でも、その過去を受け入れて踏み出す一歩の重さに胸が震える。
>|