トークバック 沈黙を破る女たちの作品情報・感想・評価

トークバック 沈黙を破る女たち2013年製作の映画)

上映日:2014年03月22日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

監督

「トークバック 沈黙を破る女たち」に投稿された感想・評価

監督挨拶付きトークバック回にて。
プリズンサークルより好きかも。
暗い過去を持つ女性達
出演者の半数はHIV患者
私自身クイーンが好きだったこともあり病名は知っていたけど小中学性の時はHIVは不治の病、確実に死に至ると思っていた。
薬などの治療により進行を遅らせる事が出来ると知ってはいたが完治までは至っていない現状。
私はHIVに感染している、なんてカミングアウトそう易々と出来るもんじゃない。
下手したら友達も家族の信用を失いかねない。
この事により恋愛も結婚も子供も諦めてしまった女性達
彼女達が何故こうなってしまったのか。
一人一人スポットを当てて自分経験を詩に、芝居に落とし込む。
日本ではセクシャルな話はタブーとされてる部分がある。
生理ですら言うのは恥、という考え方が今でも抜けないし、痴漢やレイプ被害に関してはかなり慎重にならないといけない問題である。
自分が抱える過去や闇を打ち明けることも出来ず、受け入れて生きていく事も難しい女性達の負の感情を解き放つような劇でした。
特に印象的だったのはマルレネの話。
自分の過去に蓋をして忘れ去る事が正しいか否かは分からないけど過去は変えられない。
それでも同じように苦しんでる人間がいて、話して想いを共有出来るのであれば気持ちも軽くなるのかもしれない。
正直メデアのような劇は日本では無理だと思う。
受け入れて前へ進む彼女や他の女性達を応援したい。
草枕

草枕の感想・評価

4.0
中野にて鑑賞

HIV患者のみならずこの映画に出てくる人々の前を向いて進んで行こうとする姿はとても胸にくるものがあった。
もう少し整理出来る部分もある気もしたが彼女達のバックボーンを知る事はHIVと言う事実以上に根深い社会や家庭の闇が見えて来て翻って自分の生きている生活に対して自戒の念を強く持った。
彼女達の何%かでも自分も強く行きていかなくちゃ。そんな風に思いました。
mmoe

mmoeの感想・評価

3.7
HIVとそれぞれの人生でえぐられてきた傷、回避することは可能だけど必然的に生じた過去が時に社会と自分の距離を遠ざける。

でも舞台にたつことで、自分に向き合い、見たものを、エネルギーに変える。

そんな映画で、各々の殻を破って発されるエネルギーに圧倒されて萎縮。
言葉に限らず感じたことを記号に変換していくことに身が固くなりがちだから、自分の身辺に置き換えるとどうその殻を破ればいいのだろうかなと。
困難が浮き上がる。

ドキュメンタリーとしては成立していないのだけど、人間の物語だから偏っても足りない情報も少しあっても、動かされるものがある。
 実のところ少々苦手。伝えたいことがありすぎて矢継ぎ早にまくし立てられているような印象を受けた。内包するメッセージや、今まで明るみになってこなかったことを描いた点では価値のある作品だと思います。
charan

charanの感想・評価

3.2
それぞれの人物の背景を紹介するが、人数が多すぎて、少しだれてしまった。
最後のオーストリア人の女性の語りは感動的。
260602アップリンク