ダンシングホームレスの作品情報・感想・評価

「ダンシングホームレス」に投稿された感想・評価

冒頭、雨の東京。ある者は公園で、またある者はガード下で、センター街で、中央分離帯で踊り始めます。年代も見てくれもダンスの巧拙もそれぞれに異なる彼らはなぜ踊るのか。ひとりひとりの姿を追い、グループの主宰者に経緯を訊くことで少しずつ明らかになっていくその全貌。3年の月日をかけて作り上げられたという作品の至るところに、フラットな風通しの良さと作り手としての誠実さを感じました。

フライヤーに大きく据えられた「社会のルールが正しいですか?」の問いかけは、取材中に主宰者・アオキ氏が砕けた調子で発した言葉。これをいかにもステレオタイプな社会への怒り、つまり路上生活者たちの恨み節とばかり思っていたわたしの想像は、上映中にことごとく打ち砕かれていきました。何故って?彼らは皆、そこに至った境遇こそ異なるものの一様にどこかあっけらかんとしていて、淡々と訥々と己の体験を語ってみせるからです。それはきっと、製作側が作品のビジョンを敢えて固めずに臨んだからだと思う。「虐げられる路上生活者の苦難を描こう」とか「踊ることによって得た変化に迫ろう」といった落としどころをあらかじめ決めた上でそこへ誘導するような訊きかたをしたならば、こういうふうには決してならないと思うのです。序盤では「父親の話は勘弁してください」とやんわり拒絶していたダンサーの一人が、やがて詳細を語るばかりかクルーに逆質問しカメラに触れたいとまで言い出す場面がとても印象的でした。あちらとこちらの目線が等しく同じ高さに収まり、カメラの先にある景色を共有してみせることで、彼がすっかり心を開いてみせていることが伝わってきたように思います。

一方、グループが抱える課題はふたつ。資金面、そして世間の反応です。卓越した身体能力に依らない彼らの表現は、ダンスに疎い一般人のわたしからみると「みんなちがってみんないい」の範疇を超えるものではありませんでした。これを唯一無二のゼニが取れる興業にするために必要なことって何だろう。そして、彼らに寄せられる「踊れるなら働いて税金を納めてほしい」という声は至極まっとうではあるのだけれど、それを当事者にぶつけてしまわずにいられないほど苦しい状況に置かれているひとたちがいかに多いかという社会全体のゆとりのなさを思い知らされました。ほか、思い出すことがあればまた書き足します。
1414

1414の感想・評価

5.0
いい意味で予想外の面白さだった!普段ホームレスの人の話なんて聞けないし、当たり前なんだけど変わらないんだなと。平川さんの歯と、監督のツッコミも個人的には好きでした。
778ekq

778ekqの感想・評価

3.2
登場人物たちへの取材的な深度が浅く、ドキュメンタリー的魅力に乏しいと感じた。ホームレスの人たちの身の上話の見本市という枠を出ていないんじゃないか?振付師に対する取材もとても甘い。

冒頭とラスト、ダンスを決め決めで撮って「映画的だ」というのは違うと思う。正直言って彼らのダンスにそれほどの強度を感じなかったし、それを批評的に見れていない作り手のスタンスが「映画的である
」という免罪符に依存しているように見えた。
龍太郎

龍太郎の感想・評価

3.9
おじさん達がなぜか魅力的だったんです。
アオキさんは小田和正さんみたいだったし。
upq

upqの感想・評価

4.0
何も情報が無いまま見た冒頭の踊りが衝撃だった。メンバーを追っていく過程、平川さんとのやり取りとか寄り添ってる感じで丁寧な印象だった。
いつ働けなくなるか分からないよな〜
防人

防人の感想・評価

3.5
型にハマった踊りが好きな自分の人生の幅って狭いんだろうなと思った。型にハマった人生の人々は型にハマってない人々をバカにしがちだけど、型にハマってない人々は偏見なしで一人一人の人をちゃんと見てる気がする、もっと寛容な次元に生きてるんだろうな。

彼らが表現する場があること。堂々と表現する強さ。人間がみんなそれぞれ見つけて欲しい何かがあった気がした。そして西成のめちゃくちゃ見慣れた風景。あそこに馴染んでるつもりだった私。。。ああやっぱり対等って難しいのよね。。
フィ

フィの感想・評価

4.3
表現やアートは楽しむものに捉えられがちだけど、自分らしく生きるために必要なものだなと感じた

高円寺 ドキュメンタリーフェスティバル
な

なの感想・評価

3.8
正しい生活みたいなものが26年で固まってしまっていてそこから出ることはもう出来ないかもと感じることが多い。彼らの暮らしや感覚を知ることができてよかった。アオキさんが彼自身の真理を追求する姿が本当にかっこいいと思った。
「社会のルールがいいですか?」

裸足で外を歩いたのは何年前のことだろう。泥に触れたり、地面に仰向けになった記憶がとても遠い。

今自分が大切にしていることは、社会のルール以外にきちんと持てているのか、問われたようだった。
とり

とりの感想・評価

4.0
まずもってパフォーマンスとして魅力的!

人間らしく生きるとは?に疑問を呈し、目の前の生に重きを置き、劇団を立ち上げる主催者。

ダンスにより生きがいを感じながらも普通の暮らしに憧れを持つホームレス。

活動を追う中で立場による根底の価値観の違いを考えさせられる。


ホームレスとワークショップ参加者の間で生まれた化学反応がまたよかった。
>|