バイロケーションの作品情報・感想・評価

バイロケーション2013年製作の映画)

上映日:2014年01月18日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.1

「バイロケーション」に投稿された感想・評価

yuri

yuriの感想・評価

4.0
面白かったです。こういうの好きだな!
もう少し知名度も評価もあって良いと思う。個人的には良質なホラーに出会えたなあという感想。他の作品でも思うけど、ホラーになると皆極端に評価低くなるのは何故?(「輪廻」「着信アリ」「貞子vs伽倻子」「仄暗い水の底から」なども好き。「テケテケ」「青鬼」らへんは本当つまらなかったけど笑)


同じ地域に現れるバイロケーション。
(分かりやすく言うとドッペルゲンガーだけど、バイロケーションは本物の記憶も状態も受け継いでいって自分の意思を持つなど、細かく言うと違う)

水川あさみの演技も凄かったし、
バイロケーションが現れる度にドキドキ!!
どっちが本物なのか偽物なのか何度も当たっては裏切られの繰り返しで、頭を整理している間に2時間あっという間でした。

もう1度見たいサスペンスホラー。
KUBO

KUBOの感想・評価

3.0
【2014 アーカイブ】

水川あさみ主演のホラー映画「バイロケーション」の完成披露試写会に行ってきました。

登壇した監督の安里麻里さんが企画から3年かけたと言っていたが、予告編から受けた単なるホラー以上の作品には仕上がっていた。

ただ「シックスセンスを超える」とか宣伝で言うのはどうだろう? 逆に「ああ、そういうだましね」と観客にどんでん返しの方向性をバラしてしまっているようなもの。広告のセンス如何で鑑賞の邪魔にもなるっていう感想を最近頻繁に感じる。
Nn

Nnの感想・評価

2.8
予告編のcm見てオチを当てた思い出。
内容は壮大すぎるけど、滝藤さんの演技がすごい怖い不気味で最高。軽くトラウマになる。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
もう一人の自分が現れるドッペルゲンガー的な現象に個人的になぜか惹かれていて、怖さを覚悟しての映画館でしたが、全くビビらず(笑)
あの『シックス・センス』に結びつけたコピーは何だか…確かにもう一度最初から見たいですが、スッキリとオトしてないので、賛否かと。
いわゆる切ないスリラーとして仕上げてあり、幾つかの整合性に疑問はあるものの、ドッペルゲンガーとは違って意志を持つバイロケーションを巧みに生かした展開で…オリジナルの人間性に、もう一つの人生なんかは考えさせられましたが、裏のエンディングは蛇足かな。
これは2回観て完璧になる映画。途中で混乱してしまうので。
とゆうか、私は裏を観ていないので、観ないとダメですね。
ホラーよりはサスペンスだけど、バイロケの白目とか追われるのは怖い。
昔見た記録 映画館

友達と見終わってから久々に議論が白熱して、考察して答え言い合っていろいろ印象に残ったし、「裏バージョン」に答えを求めて見に行くか!ってなった。表を映画館でみた数日後に行ったよ

もしかしたら裏って言うくらいだし、実はこの場面の意味は〜とかこのシーンの裏では〜みたいなのが見られると思って。ラストも違うって言うし。

まさかね

まさかね

まさかね、ラスト以外何もかもおんなじだとは思わなかったよ!
ほんとに逆に驚かされた
お金、返して欲しくなった。


でも映画自体はホントに面白かった
千賀くん目当てに見たものの、作品として普通に良作でした。
ラストが切なくって、見終わった後に何とも言えないどーんとした余韻が残ります。
Jホラー特有のねちっこいジメジメした恐怖ではないし、幽霊ものとかでもないから、これサスペンスコーナーとかでもいいのではと思いました。
あーもっと早く観ればよかった!

ところで、どうしていつもJホラーのエンディングは激しめのバンド系音楽なんだろうなあ…笑
Akrn

Akrnの感想・評価

3.6
複雑な話だったけど、いい展開だった。

パッケージに書いてある「シックスセンスを超えた結末」の言いたいことはわかった。超えんけど。

ただ、もうちょい注目されてもいい作品じゃないかって思う。

このレビューはネタバレを含みます

 自分が知らないところで自分が監視カメラに映っていて、バイロケーションという自分の分身が発生していて自分とは相反する感情の持ち主のバイロケとの戦いの話。かと思いきや……な話。

 自分と同じ見た目の人間が自分の大切なものを奪ってくるという設定はよくあるようなもので、序盤から中盤は攻撃的なバイロケーションからの襲撃におびえるという展開ですが、中盤からバイロケーションの別の一面が出てきて切ない展開になる。最初から不思議なカットなんかがあって伏線が回収されていくのは面白かったです。
 バイロケの発生だったり、バイロケに悩む人たちのバイロケ誕生の回想やその突如現れるバイロケとの戦いは面白く見ることができました。灰色になる画面なんかカッコよかったです。

 けれども伏線が回収されると新たに疑問が発生してしまって、見てるうちにどっちがどっちだかわからなくなってしまいました。
 「あの時のあれはどういう意味だったんだ? あの時はどっちだ。こっちか?」とつじつまを考えてしまって、物語に入り込めなかったです。
 本体が6階で絵を描いている。バイロケはどこで絵を描いていたんだ? 6階のドアの前の水溜まりの伏線はバイロケが映らないというもののためなのかな? 意味あったのかな? とバイロケは本体の何キロ周囲しか現れないという設定だけど。バイロケと恋愛してた人はずっとあの病院周りでしかデートしてないのかな? バイロケと戦っていたイケメンは最後に協力して何であんな行動をとったのかな? 
 とかいろいろつじつまを考えてしまいました。そしてこの内容で119分は長いです。全てが分かって本体とバイロケのその後が結構時間をかけて描かれていくので退屈してしまいました。

 つじつまをまた見直すためにもう1回、表バージョンではなく裏バージョンも見てしまいそうな製作側の術中にハマってしまいそうな映画でした。
そると

そるとの感想・評価

3.7


面白い。
こうゆう最期に
あぁーそうゆうことねっ
もう一回見なきゃってなるやつ好き!!
>|