長くつ下ピッピの冒険物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「長くつ下ピッピの冒険物語」に投稿された感想・評価

marinA

marinAの感想・評価

4.5
このバージョンのピッピもものすごく観た
身体能力がすごい
曲も良い
家の床掃除するシーンをよく覚えている
GON

GONの感想・評価

2.9
ピッピは荒唐無稽でおてんば。
時には達観した言葉と視点で破天荒な事をしでかす。

常に子供目線から見た作風。大人の考える子供らしさが介入しない良作。
子供の持つ伸びやかな感性と行動力。教訓めいたお説教くささも無し。
ストーリーはいささかご都合主義だけど、ピッピはそれでイイんだ。うん󾍘
もな

もなの感想・評価

4.8
もう、本当に大好き過ぎる、、、
子どもの頃、このピッピに憧れに憧れてたなあ〜〜、、、

長くつ下のピッピってたくさんリメイクされてるけど、私はこのピッピが一番好き!永遠の憧れ!
久しぶりに観たい🥺
大好き!幼少期の私のローテーションの1つであり、今年は特にまた思い出が沢山出来たピッピ。
友達の子供があの頃の私ぐらいの年齢になって来たのでクリスマスにみんなで観ました!
大人になって初めて観た友人も何人かいますが、皆から太鼓判をもらえます!!
嬉しい!
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
リンドグレーンをこよなく愛する妻の影響を受けて映画をちらほら観てきたが、原作を読む前に外伝的位置づけなこの映画から入るのは果たして正解だろうか... 多分にアメリカナイズされた軽いミュージカル的な要素もあり、原作とは別のお子様向け娯楽映画という感じではあるが。でもその中で奔放なピッピが周囲の古い頑なな考え方を変えていく過程、そして「信ずる所に道は通ずる」事の大切さをしっかりと残してくれていて、このキャラクターが世界中の子供たちを魅了した理由は十分につかめたし、周りに迎合するのではなく自らを主張するその姿には逆に戒めを受けた感もある(笑)。
2019年 476本目

セミミュージカル?
グーギーズを思わせるような子供たちのほんわかストーリー。
あーこの曲懐かしい。

破天荒に見えて、友達思いのピッピ。
底抜けの明るさがあるかと思えば、大人が答えられないような疑問をふと言う場面も。

「なぜ答えを知っているのに聞いてくるの?」
子供の言葉って、時に核心をつく。
それだけに、心に触れられてるような感覚を覚える。
たまにこういう子ども騙しの映画を観ると、まんまとハマってしまう。
miki

mikiの感想・評価

-
幼少期めちゃくちゃ好きだった
アイスクリーム戦争のとことパンケーキつくるとこめっちゃ好き
ピッピロングストッキングこと、長靴下のピッピ少女の時の話。
ロッタちゃん、厶ーミンと同じスウェーデン生まれで、童話だけあってメッセージ性が強い作品。ミュージカル調だったので楽しく観れる所がまた良かった。
(なぜか兄貴が観たいって借りずに買わされたの覚えてる。そんな観てねぇしw)
ak

akの感想・評価

2.0
破天荒ではちゃめちゃなピッピ。ちょっと引くぐらいに。

それでも心はとても綺麗な女の子で、とても強くて、素敵だった。
当たり前のことを見落とさないところは尊敬する。


“なぜ人は答えを知ってて人に聞いてくるの”

意訳だろうけど、これにはどきっとした。
ピッピの新たな一面を知れたシーンだった。
ミュージカル作品制覇企画、有名どころをほとんど観た関係でそろそろ探すのが大変になってきたのですが、そういえばこんな作品もあったとふと思い出して鑑賞!

有名な児童小説を元にした、ハートフルで可愛らしいミュージカル。楽曲も完全に子供向けでしたが、ひとつひとつの演出がとっても凝っていて大人でも楽しめます。
冒頭のアニメーションから絵のタッチがすごく優しいし、車に乗って空を飛んだり、大海原をお父さんの船に乗って旅する場面など、次から次へと文字通り、絵本の中から飛び出した世界が広がっていきます。

イギリスとアメリカの合作とのことで、どちらの要素も備わっているからか、他のミュージカルと比べるとどこか不思議な雰囲気の漂う映画でした。うまく言葉にできないのがもどかしいんですが!(笑)
観てるとつい童心に返ってしまう懐かしさが心地よかったです。

ピッピの三つ編みお下げ髪がほぼ上を向いているのが、「重力の関係上無理でしょ!」と思うようになった私は、もう子供の心を忘れてしまったんだな...と悲しくなりました(笑)。
>|