ラスムスくんの幸せをさがしての作品情報・感想・評価

「ラスムスくんの幸せをさがして」に投稿された感想・評価

人生的にもオスカルの方がゆとりがあって理想的だが、父親だと最悪…
でも、お金持ちでも農家の跡継ぎもちょっとな…
どうであれ珍道中はとても楽しめた。
Melko

Melkoの感想・評価

3.9
「なぁ、ラスムス。また来年の春、旅に出ような」

長靴下のピッピ、やかまし村シリーズのリンドグレーン作。原題「さすらいの孤児ラスムス」(Rasmus på luffen)

原題の通り、孤児院を脱走したラスムスは、たまたま出会った風来坊オスカルのお供をしながらさすらう。
思いがけず、見る側の「心の純粋さ」が試される作品だった。
今まで色んな作品で汚い大人を見てきて、しかも風来坊にあまり良いイメージのない私、心根は優しいが、どちらかとゆうと常に利己的な事ばかり考えているオスカルに対し、こいつはそのうちラスムスのことを見捨てるんじゃないか、どこかで突然裏切るんじゃないかと、もう終始ヒヤヒヤで…。
見終わってみて、そんな自分の疑心が恥ずかしくなるぐらいの温かな人と人との信頼と絆に、純粋にジーンとできた。

里親に選定される孤児たち。いつももらわれるのは金髪巻き毛の女の子。ここにいたっていつまで経っても幸せになれない。そうだ自分から親になってくれる人を探しに行こうと、親友グンナルの引き止めるのも聞かずに脱走するラスムス。このラスムス君、無邪気なイタズラ小僧だが、とても賢く頭がキレ、おまけに身軽で足が速い。
パッと見て印象で選定する里親には、この子の良さは分からないのかもしれない。

そんなラスムスを、文句を垂れながらもオヤジのようにケアする風来坊オスカル。汚い身なりにだらしない生活、口を開けば皮肉に、「働きたくない」。事件が起これば真っ先に疑われる。でも、どんな時でもユーモアと歌と自分の信念は忘れない、一本気の通った漢。やってないことは、やってない。言いたいことは警察相手だろうがハッキリ主張する。まさにスウェーデンの寅さん。

幾多の困難やピンチを機転と腕力、脚力でくぐり抜け、親子のような関係になる2人。オスカルを慕うラスムス。
そんなラスムスにやっっと巡ってきた、お金持ちの養子になるチャンス。彼の出した答えは……

親友グンナルのことを、何があっても忘れないラスムスの男気。それは、オスカルに通じるものがあった。

なるほど、ジャケットのシーンは、そこか!

ゆったり展開は北欧映画ならでは。
美しい自然のおかげで、貧しさも見すぼらしさも気にならない。最後のカットでは、ラスムス君にとっての本当の「幸せ」が画面いっぱいに広がり、溢れる多幸感に胸いっぱい。
彼がずっと探し続けた「幸せ」は、お金には変えられないもの。
ぜひ、小さな子どもに見てほしい一作。
tomi

tomiの感想・評価

4.0
ラスムスくんの真っ直ぐな優しさが沁みる〜。
親になってくれる人を探しに孤児院を抜け出したラスムスくんと風来坊のおじさんのお話。アコーディオン片手に歌いながら過ごす二人が仲良しで癒されました。
豆タンクとは違い、ラスムスくんは言葉遣い良かったです、孤児という境遇だが聡明な主人公、少年にしてはかなり賢い設定。

エリックリンドグレーン=ラスムスくん…ん?
リンドグレーン姓って北欧で多いんだろうか(原作者と同じ姓)情報が少ないフィンランド。
chisa

chisaの感想・評価

4.5
ずっと観たかったのがやっとみれた。おじさんとラスムスくんのやりとりに癒される。
アストリッドリンドグレーンの作品が好き
孤児院から脱走した少年と風来坊のおじさんの話。ラスムスはかなり厳しい境遇なのに幸せにすら見える。大好きな風来坊のおじさんと自由があればそれが一番だよーって。
二人が歩く後ろ姿は、小学生の時みてた夕方の子供番組を思い出して切なくなった。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.7
主人公のラスムスは孤児院で暮らす男の子。孤児院で養子にもらわれていくのはいつも巻き毛の女の子。ラスムスは自分で自分の両親を見つけるために孤児院を脱げ出す。そして出会ったのは陽気な風来坊だった。彼の旅にラスムスはついていくことにしたが…。


「ロッタちゃん」シリーズやかわいい「長くつ下のピッピ」で有名なアストリッド・リンドグレーンの児童文学が原作。

美しい自然とあたたかい人々とかわいい子どもたちに癒される。

ラスムスくんが本当にかわいい。喜怒哀楽がわかりやすくて特に笑顔がかわいい。

児童文学なので怖すぎることは起きないので、安心して観れる笑

子どもが自分の意志で冒険をし、成長していく明るくて優しい映画。

青い空を背景に黄色の文字のエンドロールが流れるのが好きだった。

このレビューはネタバレを含みます

原作が児童文学なだけあって 
現実ならてんやわんや起きそうな場面でも
結構スムーズにほんわかと進んでいきます♡


“お金の為ならなんでもするような人間にはなるな”

働くのはちょっとだけでいい
働くのはちょっとだけ。

ちょっとのお金で豊かな人生♬
それがオスカルとラスムス♡

美しい自然を見渡して
空気を吸って歌を唄って
濡れて凍えて暖まって・・・
多くの人から羨ましがられる人物でも
生活でもないかもしれないけど
これもまた一つの豊かで恵まれた生活♡

オスカルのお嫁さんが素敵すぎるのです♡
愛に溢れたとっても可愛い人なのです♬

あと子猫が可愛いのです♡
大っっ好きな作品!!!
孤児院で里親を待つラスムスが、自分の力で里親を探すために孤児院を脱出して、その最中に風来坊のおじさんと出会って一緒に放浪の旅をするお話。

ラスムスくんを抱きしめたくなるような優しい作品で、心が洗われる。
風来坊のおじさんも味のあるおじさんで、かっこいい!
音楽を相棒に自由気ままに旅をするおじさん。
心の豊さはお金の豊さより勝るとはこういうことか。
ラストがかなり素敵な展開で、子供のように泣いてしまった。

心を洗濯したい人は、ぜひこの作品を観て。
北欧ののどかな風景の中でアコーディオンを弾いたり、歌ったり。ラスムスくん良い好青年になりそうだ。
>|

あなたにおすすめの記事