カサブランカの作品情報・感想・評価

「カサブランカ」に投稿された感想・評価

Lily

Lilyの感想・評価

3.0
あっさりとした喋り方なのに人情家で渋くて、リックかっこよすぎるでしょ。
最後の終わり方、本当の友情が始まったって最高すぎるでしょ。

今の時代に生まれて平和に生きれてることに感謝。
みんなで国歌斉唱をするシーンは泣きそうだった。

“君の瞳に乾杯”ってこの映画発祥なのね〜。
でも毎回毎回言われたらまあまあうっとしーわww
薄

薄の感想・評価

3.0
ボギーがイメージと違って背が低くて変な声だったのでビックリ。バーグマンはなんの文句もない美人。ちょっと野暮ったさが残ってるのがいい。

有名な君の瞳に乾杯は決め台詞なのかと思ったら要所要所で使われている。特に後半はhere's looking at you, kidならともかく君の瞳に乾杯だと台詞が浮いてしまっていて、この訳は正解だったのか。
もなか

もなかの感想・評価

5.0
白黒映画なのに、
画面から色が溢れ出しそうな
素晴らしい作品。
古き良きハリウッド映画。昔の映画なので中だるみはするけど、ラストシーンが素敵すぎる。ずるい。曲も名曲です。
有名なセリフの数々。

途中で若干グダってしまうんだけど、それでも最後のシーンが大好きで大好きで何回も観てしまう名作。
mmmmm

mmmmmの感想・評価

3.0
もともとは「はじまりのうた」でグレダのiPodに入っていた好きな曲で映画の曲と言っていたところから始まり、いい曲だなぁと思いつつなんの映画かは分からなかった。

その後「20センチュリーウーマン」にて同じ曲が使われてて、ハンフリーボガードの名前が出てきた。

そっからググって「カサブランカ」にたどり着いた。

「As Time Goes By」名曲です。

しかしよく観てたら主演女優も現代のCMに使われてたり、「君の瞳に乾杯🥂」の台詞などなかなかのムーブメントが起こっていたのが垣間見える。

女優さんを写す時の紗の掛け方や影の使い方がとても素敵だった。
今は技術が飛び抜けてるけど、アナログは心が伝わる。
kumik00

kumik00の感想・評価

3.9
リックが渋くて優しくて頭が良くて惚れる。強きを挫き弱きを助けるヒーロー。

カサブランカという絶妙な場所の物語だからこそ表現しうる、フランスとドイツとアメリカの戦争中の皮肉が垣間見れて面白い。
戦意高揚の目的で意図的に作られてる部分があるにせよ、結果的には戦勝国アメリカから見た歴史が全体認識になっているから、現代のわたしが今見ても敵味方すんなり理解しやすい構図。

1942年、アメリカはこんな映画を作っていた。その事実だけで勝てないなーって思った。
ハンフリーボガードのかっこいいこと。
アステアとジンジャーの作品はロマコメって感じやけど、こっちはただただロマンチックな映画やった。

君の瞳に乾杯!
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.4
“昨日?そんな昔のことなんて覚えてない。明日?そんな先のことなんてわからない”

“君の瞳に乾杯”

主人公のリックがいちいち渋くてかっこよすぎる。あそこまで人を愛せるか。
ほたて

ほたての感想・評価

3.9
別れた女の人のことを悪く話す全男性に
見てほしい一本

もちろん女性も
>|