終電車の作品情報・感想・評価

『終電車』に投稿された感想・評価

テンポ感すごくよく、10分に一回しっかりハラハラする想像以上のエンタメ脚本だった。のうえに流れる、ドヌーヴの艶やかさ...。戦時下の、劇団員のコメディわちゃわちゃも愛しい。視線のやり取りが見事。

>>続きを読む

やはりフランソワ・トリュフォー監督の作品は味わい深い。こういう作品を観ると、彼がどれだけ演劇を、そして映画を愛しているかがわかる。演劇を舞台に、出演者達のリアルな素顔を見せることで、我々鑑賞者はまる…

>>続きを読む
きのこ

きのこの感想・評価

3.8
ええやん。劇中劇はだいたい面白いと相場が決まってる。仕舞い方も乙で見応え充分でした。カトリーヌ・ドヌーヴの匂い立つような美しさはどうよ。面白かった。

ナチス占領下のパリ。モンマルトル劇場の支配人で、ユダヤ人のルカは、亡命を宣言しながら、実は劇場の地下に隠れていた。

それを知っているのは、妻のマリオンと、相手役のベルナールだけ。
地下から演出を指…

>>続きを読む
ダクシアの最後おもろい

全体的によく収まったと思う。
ナレーションでまとめたけどね^_^
maro

maroの感想・評価

3.6

秘密がいつバレるのかとハラハラしながら鑑賞していたが、ラストの方で恋愛面でなかなかの急展開。なるほど2人の女がここでいきるとは!まだまだ女心(フランス映画?)への理解が足りないなと。ラストもいい。最…

>>続きを読む
ベルナールを好きに?!夫がそう言うんだから、そうなんだろうけど驚いた。心の揺れがまったく分からないドヌーブの顔面は最強&最高
劇中劇のある作品は
やはり好み。

ナチスの出てくる映画は
重くなりがちだが
この映画は明るい。

そこがまた良い。

ナチス占領下のパリで劇場を切り盛りしている主人公(カトリーヌ・ドヌーブ)は看板女優でもあった。
ユダヤ人の夫は演出家で、国外逃亡したことになっているが、実は劇場の地下に隠れている。
新しい演目で新人…

>>続きを読む
Julia

Juliaの感想・評価

4.3
いい映画だった。
1943年のフランス、日常だった風景がすごく興味深かった。
>|

あなたにおすすめの記事