わが谷は緑なりきの作品情報・感想・評価・動画配信

『わが谷は緑なりき』に投稿された感想・評価

アカデミー賞第14作。ヒューは谷(=家)が緑(=幸せな状態)だったことをいつまでも覚えているんだろうな。家族愛の話であり、キリスト教の信仰の話でもあり、色んなテーマが重層的に語られていた。
2024/05/18
アカデミー賞第14回作品賞受賞
ジョン・フォード監督が家族をテーマにした映画
当時、炭鉱で働くことの過酷さや、人々の日常を感じることができます
このような時代があったのですね
JJr

JJrの感想・評価

5.0

そこかしこで泣いた

炭鉱夫は産業革命時代あたりの作品ではよくでてくるイメージだけど、その時代のとある一家の物語
末弟のヒューは幼くて、その少年を中心に描かれる家族、街、炭鉱、それぞれの環境の人々……

>>続きを読む
家の並び、人の群れ、一面の花、折々の歌
距離感がなんとも良い
yosaka

yosakaの感想・評価

4.5
少年の視点から見た家族の優しさ、人々の優しさと卑怯さ、汚なさ。色々なヒューマン要素がこれでもかというくらい詰まっている名匠ジョン・フォードの人間ドラマ。心が洗われる。それにしてもこの邦題、美しいなぁ。

ブルーレイ神。風に揺れるモーリン・オハラの白エプロンとウェディングドレスがアイルランドの豊穣な気候を可視化する。やはりラストより冒頭の何でもない合唱と隊列の美しさにこそ泣きそうになるし、並の監督なら…

>>続きを読む



素晴らしかった。
ジョン・フォードはそこまで多く見ているわけではないんだけど、個人的には「駅馬車」に並ぶ傑作。
駅馬車 がアクションの傑作なら、こちらはヒューマンドラマの傑作。

とにかく美しい…

>>続きを読む
とおる

とおるの感想・評価

4.0
深い家族愛
ヒューにボクシングを教えた二人組が学校に乱入したとこおもしろだった
Haruki

Harukiの感想・評価

4.2

19世紀末、ウェールズの炭鉱町に暮らすある一家の姿を描いたヒューマンドラマ。

父、母、兄たち、姉、そして故郷。

自分を育ててくれたものへの追憶と愛を通して、産業革命がもたらした光と影、そして困難…

>>続きを読む
iPhone

iPhoneの感想・評価

3.6
ヒューがやられた時めっちゃムカついた。
その後から面白くなった。
この後も守り続けたい温かい世界というのが共感した。
>|

あなたにおすすめの記事