バルカン・クライシスの作品情報・感想・評価・動画配信

「バルカン・クライシス」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

コソボ紛争のこと詳しく知らなくて最初のほう難解でついて行けず途中でやめようかと思ったんだけど最後まで観てよかった。
面白かった。

戦争ってどちらの目線で見るかで善悪が変わってくるので、部外者が片方だけの目線で善し悪しを判断するものじゃないんだってことをつくづく考えさせられる映画よね。
まぁどちら目線で見てもけっきょく一番の被害者は民間人なんだけどね。

いや〜しかし欧米の映画にせよロシアの映画にせよこういう硬派な作品に恋愛ネタぶっ込まないと死ぬのかな?現象ぜったいあるよね。
まぁ女医さん綺麗な人だったからいいけどさ。
だけどあの人出て行ったからアンドレイ撃たれたんでしょ?
なんで出て行っちゃったのかね。
ああいうでしゃばり行動されるとちょっと引くんだよね。

それにしてもやっぱりアントン・ハンプーシュニー素敵だわ。
「アンチグラビティ」で素敵だなと思ったのが今回この作品を観るきっかけになったので、相変わらず素敵なお顔見れてもうそれだけで満足。
あとスラッシュ(だったかな?)役のセルゲイ・マリンも素敵だった。
ロシアの男性俳優さん本当に素敵なかた多いよね。
女性も綺麗な人多い。
sitry

sitryの感想・評価

2.0
USA!USA!な米産戦争映画のロシア版。キャッチーなイケイケサントラ使うそういう系戦争映画です。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.5
軸は不名誉除隊になった元チームを探して名誉を取り戻すために戦う熱いストーリーだったはず。犠牲を出して守り切ったのになぜいなくなったの?名誉より金持って逃げたということ?
唯一、彼だけがベレー帽を取り返し名誉を守った。
主人公が渋かったのは👍、ヒロインが美人なのはいいんだが彼女に役が似合ってない。それに、隊長がそんなに優秀じゃないような気が、、
T2Y

T2Yの感想・評価

3.6
一度は耳にしたことある90年代のコソボ紛争の物語。アメリカ映画のこっち系は常に東側悪者がセオリーで見飽きた感があったが、ロシア側視点なのでソ連びいきの新鮮さがあり、お金もかけてあるし実物兵器もお披露目しまくり。

登場人物が多くて、それぞれ認識するのが難しいぐらいのテンポで進むので序盤はついていくのが大変。
荒目のCG、そして多少の強引な展開に目をつぶれば、スローモーション多用の銃撃戦シーンやミリタリーバトルもなかなかの緊迫感があるのでドンパチ系アクション好きには満足できる作品。
Flynn

Flynnの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

初ロシア映画。

名前も聞いたことがないし、たまたまU-NEXTでアクション映画探してたら見つけて期待値低めで観たら大当たり引いた。

序盤では数カ所で起きた出来事を同時進行でテンポ良く描き、ハイテンポな音楽で重くなりすぎず、でも緊迫するシーンはちゃんと引き締まっていて、戦闘シーンはど迫力でかなりよかった。

女医役の女優さんが綺麗で、シャタロフ(主人公)とのシーンが実話とは思えないようなストーリー。ラストの再会シーンは少し感動した。むしろ主人公死んじゃったのかと思ってた。

セルビア人(民間人、女性子ども関係なく)に対する非人道的な行いと、子どもに偵察に行かせたり、残虐性が印象的。
→子どもが偵察から戻って来たらプロ(ロシア特殊部隊)、戻って来なかったら殺されたとみなし強盗という判断

今まで何作か戦争映画みたけど、兵士が自害を選択するシーンは初めてみるので、かなり衝撃的だった。
→結果、援軍が来たため死なずに済んだ

スナイパーのヴェラがかっこいいのと、軍人がキャップを後ろに被ってるの好き。
和風

和風の感想・評価

3.4


戦闘の迫力がすごい!
今まで見た戦争映画の中でもトップクラスの
映像のクオリティが高い!!

民家人のおねえさんが
めっちゃくちゃ美人
金正恩

金正恩の感想・評価

4.0
コソボ紛争が舞台のロシア映画。

セルビアが敵という設定がほとんどのユーゴスラビア紛争映画では珍しくセルビア側の作品。
NATOの空爆とアルバニア人による民族浄化に苦しめられるコソボにロシア特殊部隊が人道的介入するというストーリー。

セルビア人が善でアルバニア人が悪という構図が終始一貫しており揺るがない。
アルバニア人は軍服を着た強盗ぐらいのノリで極悪人に仕立て上げられている。
反面、国際法をガン無視するロシア軍の行動を美談みたいにするプロパガンダがすごい。
ジェノサイドやってたのはお互い様だし開き直った方が良いのか。

映像は流石のロシアの軍事映画という感じ。
BMPなどの兵器はガッツリ実物を使っているしCGは迫力がありつつ細部まで作り込んでいる。
後半の飛行場防衛戦にかけての盛り上がりがとてもソビエトロシアで非常に楽しい。

やっぱりソ連は最高だな。
megさん

megさんの感想・評価

3.6
ロシア・セルビアがいいもんの作品。

派手な武器、不気味な刃物、すごい迫力です。
途中からはいいもんとわるもんがはっきりするので、バルカン半島の紛争が分からなくても待っていれば大丈夫でした。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.5
始まりからドカドカ系で中々の迫力です。
後半はベンガジっぽい戦闘で盛り上がります。
女医が結構素敵です。
だけどすぐ捕まります。
コソボ紛争のことを知りたいと思って観始めたのですが
ある程度コソボ紛争に関する知識がないとまったくついて行けない。
最初の40分は誰が誰と闘ってるのかさっぱりわからなくて途中で一回止めてコソボ紛争について調べてから再開したくらい。

コソボにおけるセルビア人とアルバニア人の対立、
そしてNATO軍とロシア軍の対立をわかっていないとストーリーが入ってこなかった。

とは言え終盤は敵がわかりやすいしアツい闘いに手に汗を握った。
でも選曲がドラマティックすぎてリアリティに欠けてしまうのが好みじゃなかった。

調べてみたところこの空港占拠作戦がきっかけでロシアとヨーロッパの関係が悪化したらしいので
その辺の政治的な事情とかも知りたかったけどメインはプロ兵士による戦闘だった。

女スナイパーがクールでカッコよかった。
>|

あなたにおすすめの記事