運命の子の作品情報・感想・評価

「運命の子」に投稿された感想・評価

かつてはチェン・カイコーってチャン・イーモウと中国人監督の盟主の座を競っていた印象があるけれど、随分差が開いてしまったという感がある。

本作は決してストーリーを過不足なく伝えるという点では十分だと思うけれど、平坦というか最大の見せ場がどこかイマイチ分からなかった。

リアリティという点では好みが分かれると思うが、豪華絢爛な色彩や1対何百、何千といったアクションシーンを無理矢理成立させてきたイーモウに比べて個性が感じられない。

「北京ヴァイオリン」は十分良かっただけに、アクション寄りの作品は止めといた方が良いのではと感じてしまう。
まろん

まろんの感想・評価

3.6

元は中国の古い趙氏孤児という一族を殺されたなか1人生き残り後に復讐を果たすという物語

復讐にはおよそ15年という月日がかかっており序盤と終盤は目が離せないがやはり中盤の子供の成長過程は盛り上がりにかけるのだか外せないからもどかしい………

しかし語は分りやすく復讐劇という誰が見ても分かりやすいものになっている

そんな中国とか騎馬戦とかいつかの復讐とかコテコテのストーリー好きにはたまらない映画
HAL2016

HAL2016の感想・評価

3.8
貴種流離譚ものは大好物。ストーリーも面白い。戦闘シーンの迫力はさすがチェン・カイコーです。馬可愛そう🐎。
ミナミ

ミナミの感想・評価

3.5
覇王別姫の時もそうだけど、チェン カイコーの映画ってクライマックスがとても涙を誘うというか。。個人的にはとても好きだ。
龍馬

龍馬の感想・評価

3.8
「さらば、わが愛」「北京ヴァイオリン」の陳 凱歌/チェン・カイコーの5作目の作品。

この作品は 2011年11月23日に、渋谷の文化村が改装OPENしたときの第1弾作品が、彼の最新作の「運命の子」という映画でした。

司馬遷の「史記」に記され、2,600年もの間語り継がれてきた物語「趙氏孤児」を映画化した感動の歴史ロマンです。

映画は2時間8分と短くまとめられており、これはこれで見応えがありますが、後半が少し失速ぎみの感も拭えないが、映画で見るにはこのくらいの時間が妥当な気がします。

本来はNHKの大河ドラマで1年間かけて見るドラマぐらいの奥深い内容のある作品です。

役者も中国では有名な俳優が名を重ねていますので演技も素晴らしく、繰り広げられる愛憎劇が、魂を深く揺さぶられます。

中国の歴史物なので、好き嫌いはあるかもしれませんが、最初は簡単にストーリーや背景をチェックした上で観たら、さらに楽しめると思います。
范冰冰のシーンがもっと多いのかと思いきや序盤で終わってしまい残念。でも、綺麗だったなあ。
「英雄」と被る部分あり、悲しい人間の物語。
歌子

歌子の感想・評価

2.9
そして、中国の偉大なる大物監督チェン・カイコー監督の作品
「運命の子」を見に行きました。
「趙氏孤児」という史記の原作を映像化したらしいのですが、
壮大そうな歴史絵巻ものでありながら、結構父息子の人情物。
『さらば、わが愛/覇王別姫』の時のエンタメ感が十分に発揮され、最後まで集中してみることができました。
取り換え子と、仇打ちと、友情と、それぞれの父息子の愛情。
主人公の医者の義理の父親像が、結構非力な庶民風情というのが、いい感じなんですよね。復讐とかいう割に、あんまり計画が綿密じゃないとことか
「お前本気でやる気あるのかよ??」と声掛けたくなるほどでした。

このレビューはネタバレを含みます

権力抗争で一族が殺されていくなか、唯一生き残った赤ん坊が成長し復讐する話。
はっきりした二部構成で、前半は傑作だったけど、後半は全然ノレなった。
Snow

Snowの感想・評価

-
赵氏孤儿 导演:陈凯歌 主演:葛优,王学圻,黄晓明,范冰冰,张丰毅