郵便配達は二度ベルを鳴らすの作品情報・感想・評価

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」に投稿された感想・評価

ごとー

ごとーの感想・評価

3.0
2015/04/26
若きジャックニコルソンがかっこよかった。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.4
出来心と下心が蠢く前半は面白い

ジャック・ニコルソンは特異な存在感があるなぁ
村

村の感想・評価

2.8
思考回路がだんだんと悪に染まっていって、染まりきったところで大事なことに気づいたけど、時すでに遅し、素晴らしいラストシーンでした。
ys

ysの感想・評価

4.5
昔鑑賞
ニコルソン✖︎ラング
ボブラフェルソン作品。
激しくて虚しい。
4回も映画化されている名作。
ヴィスコンティ監督作品もある。
MALPASO

MALPASOの感想・評価

-
キングコングお姉さんと、シャイニングの野獣がテーブルで・・の衝撃!だった。
yumi

yumiの感想・評価

3.0
なぜ観たのか記憶にないけど、多分原作の本を読んでーの流れで借りて来たんだと思う。ジャックニコルソンがとにかく若い!
自業自得・因果応報なのだけど、どうにも胸が詰まるお話でした。罪を犯し、結局そこから逃げ出すことのできなかったコーラが哀しい。ジェシカ・ラングは品があって美しいですね。音楽も素敵。
欲望に支配されるとこんな結末になりますよ!
と、全てのこのような物語のオリジンとなる映画。

なぜ女性は単純な幸せより危険な刺激を求めるのか?
なぜちょい悪な男はモテるのか?
平凡な私には理解ができない世界だが、この手の話はごまんとあるので、女性目線からの妄想話としての印象が強い。

ジャックニコルソンとジェシカラングは素晴らしい演技をしている。
リアルすぎて企画ものを観ているような錯覚に陥る…

何回も映像化されているので、昔の作品も観てみたい。
エロスは十分だが、バイオレンスは期待よりやや大人しめ。
破滅型の男と、愛を欲する女の出逢い。
二人は共謀して女の夫の殺害を計画するが…。
粗雑な犯罪計画がかえって生々しいリアリズムを発揮している。別に夫を殺す必要はないのに、段々と深みにハマっていく二人。
そして保険金がらみの筋書きもよく考えられてる。
ラストシーンは、物語の摂理として、彼ら二人が幸せになることを許しはしない。物語の神はそれを、あっけなく奪うのである。
まこと

まことの感想・評価

3.7
燃えて冷めてまた燃えたら次はなかなか冷めないでしょ

その冷めにくい時を選んだかのように悲劇がやってきたのは、やはり身から出た錆としか言いようがない

その都度その都度二人は選択してきたわけだけど、その選択は悉く不正解だったのかなと今になればそう思う

むせかえるようなエロスもここまできたらもはやあっぱれです
>|