郵便配達は二度ベルを鳴らすの作品情報・感想・評価

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」に投稿された感想・評価

meg

megの感想・評価

3.0
これは確かにエロい!キッチンでの濡れ場が有名だが、他にも濡れ場が多くて昼下がりに観るにはちょっぴり不適切かも知れない(笑)。しかしストーリーは迷走気味。まずフランクとコーラがニックを殺す動機があまりにも弱すぎやしないだろうか?ニックの目を盗んで情事にふけるくらいが幸せだったような……。そして2人の行動が行き当たりばったり。まぁ、因果応報。悪い事をしたら罰が当たるぞということだろう。
マヤト

マヤトの感想・評価

2.8
確か見たのは中学生だったが、とにかくジェシカラングがエロかったという印象
ジャックニコルソンの色気ったら。忘れられぬシーンとなりました。

「Ready Player One」で「シャイニング」が出ていたので、思い出したようにニコルソン関連のLD、DVD、VHSを整理してみたら、この作品を見つけました。

ジェシカ・ラングとのリメイク版です。
若かりし頃のジェシカの色香がプンプンしてました。
「アメリカン・ホラー・ストーリー」は怖かったけど…

1930年代のカリフォルニアが舞台。
風来坊の男フランクは、ギリシャ系移民のニックの経営するドライブインへ流れ着き整備士として働き始める。
そこで、フランクはセクシーな妻コーラに目をつけ、二人は情事を重ねるようになる。
そして、とうとう二人は邪魔になったニックを亡き者にしようと奸計を巡らすが....

ジェームズ・M・ケインの同名小説が原作。
実際にあった事件を元にしているようです。
この作品は4度目の映画化作品ですがね、特にこの作品を特筆すべきものにしたのは、ニコルソンとジェシカの濡場のシーンです。
当時、劇場で息を呑んで観たのを覚えています。

また、どうしても不可解なことは、裁判における弁護士と保険会社との駆け引きの部分。
法廷とはそんなものなのかと思ってしまったが、あの部分は今見ても解せない。

そして、上手く罪をくぐり抜けたかに思われた二人がたどり着く結末とは?

映画の結末は見る者に余韻を残すエンディングですが、原作小説の方はジャックにしっかりと罪を償わせる終わり方になっています。

まさに「天網恢恢疎にして漏らさず」です。
ごとー

ごとーの感想・評価

3.0
2015/04/26
若きジャックニコルソンがかっこよかった。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.4
出来心と下心が蠢く前半は面白い

ジャック・ニコルソンは特異な存在感があるなぁ
村

村の感想・評価

2.8
思考回路がだんだんと悪に染まっていって、染まりきったところで大事なことに気づいたけど、時すでに遅し、素晴らしいラストシーンでした。
ys

ysの感想・評価

4.5
昔鑑賞
ニコルソン✖︎ラング
ボブラフェルソン作品。
激しくて虚しい。
4回も映画化されている名作。
ヴィスコンティ監督作品もある。
MALPASO

MALPASOの感想・評価

-
キングコングお姉さんと、シャイニングの野獣がテーブルで・・の衝撃!だった。
yumi

yumiの感想・評価

3.0
なぜ観たのか記憶にないけど、多分原作の本を読んでーの流れで借りて来たんだと思う。ジャックニコルソンがとにかく若い!
>|