郵便配達は二度ベルを鳴らすの作品情報・感想・評価

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」に投稿された感想・評価

おかだ

おかだの感想・評価

3.7
郵便配達は一度もベルは鳴らしません

フィルムノワール特集ということで、マルタの鷹を皮切りに見始めた今作。
まず原作小説があって、その後4度の実写映画化という何が何だかよく分からないコンテンツ。

案の定、いわゆるフィルムノワールに分類される期間のハリウッド映画ではなく間違えてイタリア映画のこれを見てしまったわけですが。

監督はルキノヴィスコンティという、イタリア人の非常に有名なおっさん。
肩書きがガチ伯爵のガチ貴族やっただけでなく、当時のイタリアにおいての映画運動に関わっていたりと、とっつきにくそうなことこの上ないプロフィール。

他では唯一、ベニスに死すは見たことあるけど、芸術味が深すぎて、オォンっていうニャンちゅうみたいな反応で返すのが精一杯やった。

それと比べると、シンプルな筋書きで、犯行に至るまでの不穏な心の動きとか、その後の、やってはみたものの展開も居心地が悪くて面白い。

ちなみに、ある意味最大のネタバレとして、郵便配達は出てこないしベルは鳴らさない。

悪い美女と男臭い主人公と後味悪いラストという、フィルムノワールの共通要素も確認できたし、ハリウッド版未見やけど、いいよもう。
chacole

chacoleの感想・評価

3.1
ヴィスコンティ監督の処女作ですが、耽美さは全然ありません。内容は割と通俗的ですが、戦時下にあえてこのような題材を撮ることが、監督の反戦の意思表示ではないかと思いました。

この後続くリメイク2作も観ました。
ジーノ役の俳優さん(さすがヴィスコンティ監督、イケメン俳優を選ぶ目は確か!)が、一番よく、ジョバンナ(アメリカ版はコーラ)は、2作目のラナ・ターナーが、一番妖しい美しさと魅力があったと思いました。
“郵便”は出てこない、“配達”もしない、“二度ベル”を鳴らさない。題名に偽りありとはこのことか?
海老天

海老天の感想・評価

3.0
ものすごくみづらくて話も胸くそ悪かった…どう受け止めたらいいのかわからない…
al

alの感想・評価

3.7
ヴィスコンティ監督の処女作。
今観るとありきたりな展開だけど、時代にそぐわない際どい描写もありハラハラさせられる。2時間超えの長さもあっという間に感じた。
ジョバンナの妖艶さと徹底した悪女ぶりも印象的だったが、何よりスペイン人とジーノの場面。これってもしかして…?と思わずにはいられない。
男女の描き方といい結末といい当時の観客には衝撃的だったのだろうな。
46年版も観てみたい。
pino

pinoの感想・評価

4.0
この作品における映画史的な功績は大きいかと思うが現代人が観て楽しめるかと言われると多くのエンターテイメントを消化している現代人には難しいのかもしれない

それでもやはりラストの悲劇的な盛り上がりは観てよかったと思わされる
hiro

hiroの感想・評価

1.0
全くつまらなかった…
シネマトゥデイは外ればかりだからもう見るのやめよう…
ギャオで自分の見たい作品を見る事にします。
何故か当時録画の今作、録画のみで未鑑賞。自分ではかなり古い映画で拒んでいただろうか?
最近、同監督の、
ヴェニスに死す
を観た。そういう今監督が作る原型があると思う。それも戦時中でもある1942年公開。多分、伊国は翌年敗戦していると思う。
この状況下でこんな力作が作られたとは、希有としか言う他ない。
かなりの今監督の映画を見ているので、時代もあり、何が今作が秀でているかを言うのを発するには至らなかった。
kio

kioの感想・評価

3.0
イタリア語の原題は「妄執」
タイトル通りのストーリーだった

まさにステレオタイプの因果応報を描いているが、
ムッソリーニ時代に作られた映画であることを鑑みるとよくこれ程過激な作品が生まれたな、とは思う。

この二人が上手くいかなかったのは、
勿論犯罪による因果応報ではあるのだが
純粋な不可抗力の愛情ではなく
お互いの価値観が違うことを理解する前の衝動的な性欲による駆け落ちだったから。

全然好きなタイプの作品ではないが、
人間の醜い部分を上手くあぶり出している、良く出来た映画だった。
トオル

トオルの感想・評価

3.4
不倫から男女間のいさかい、とわかりやすい内容。サスペンスというよりは人間ドラマですね。なんといってもラストの展開が印象的でした。
>|