おとし穴の作品情報・感想・評価

「おとし穴」に投稿された感想・評価

アノ

アノの感想・評価

3.5
異様な雰囲気のレイモンド・バーが映画を牽引していく…と思いきやそうでもなく、丹念に各人物の感情の変化で引っ張っていくのが地味ながら端正で面白い。
終盤のジェーン・ワイアットの振る舞いには痺れざるをえない。
ディック・パウエルがレイモンド・バーをボコボコにするシーンが結構苛烈でナイスファイト。不意打ちとはいえ強すぎるだろ。
nh

nhの感想・評価

3.5
平凡な会社員が朝からムスッとして嫁子供に当たって出勤から始まる映画だが、胸が痛いのは何故だろうw
で仕事がらみで出会った女性と不倫。ちゃっかり差押さえ品リストに彼女お気に入りのボートを入れない偽造罪に問われかねない私的操作!
彼女の男は収監中のヤクザ。返り討ちにそいつ殺すし。やりたい放題。
あと見所はストーキングデブの気味悪さ。
勝手に女の家に入って荷支度。その時点で拳銃ぶっ放せば正当防衛だったのに。。
lemmon

lemmonの感想・評価

3.4
保険屋のディックパウエルが強すぎる😅


レイモンドバーがいつも通り強烈。半ストーカーを抜群の存在感で魅せる。

女優はジェーンワイアットのほうが役柄的に好印象。リザベススコットのほうは面白味があまりなかったかなあ。

スコットの魅力が外見的なものしか感じなかったから、ただ不倫でつまづいた男の話に落ち着いたかも。

嫁・母は強い。ワイアットのラストが心に残る。夫婦の絆でもっと攻めてもよかったのかも。そうなるとサスペンスではなく人間ドラマになるか。

いろいろ書きつつ楽しめました!


リザベススコットとエラレインズが最近混同してしまう🤔。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「落とし穴」

冒頭、ロサンゼルスに住む保険会社のジョン。ヨットでの戯れ、典型的な中流家庭の生活、日常以外の刺激。保険金横領、調査、恋人、探偵。今、闇の世界に引き込まれた男が写し出される…本作はアンドレス・ド・ドスが1948年に監督したフィルムノワールで、この度DVDにて初鑑賞したが面白い。 アメリカンドリームの裏側の隠された世界を描いた職人監督の歯切れの良いノワール大作として有名だとか…。物語はロサンゼルスに住む保険会社のジョンフォーブスは、妻と子供のいる典型的な中流家庭の生活をしている。だが、日々の暮らしの中で日常にはない刺激を求める違う自分がいることにも気づいている。ある日、保険金を横領した男スマイリーの調査を始めた際に出会ったスマイリーの恋人モナの存在と保険会社が雇っている探偵マックがフォーブスを闇の世界に引きずり込むきっかけとなる。
cinemaQ

cinemaQの感想・評価

4.0
ファム・ファタールはリゼベス・スコットの役回りなんだろうけど、真に地獄へ突き落とすのが妻のジェーン・ワイアットっていうのが面白い。
Jimmy09

Jimmy09の感想・評価

2.7
あの大傑作『遅すぎた涙』で超絶ファムファタールを演じたリザベス・スコット出演作なので期待して観たサスペンス映画だったが、終盤失速した作品だった。残念。
前半は面白かったのに…。

保険会社に勤めるジョン(ディック・パウエル)は、幸せな家庭の妻子持ち。
彼が会社で、保険金を横領して収監されているスマイリーという男を調査するため、元警官の探偵マック(レイモンド・バー)を使ってスマイリー調べをさせたらマックは「あいつの女は凄い美人!惚れたぜ…」と言う。ジョンはマックの言葉を気にせずに事務的に仕事を進める。
そして、ジョンも仕事のために、彼の恋人モナ(リザベス・スコット)と会う。このリザベス・スコットが登場すると期待感膨らむあたりはさすが…(笑)
するとジョンも段々とモナに好意を持ち始めて、二人でボート乗る、食事する…不倫する展開となっていく。
それを知った探偵マックは、保険会社員ジョンと女性モナを脅迫しながら、収監中のスマイリーも巻き込んで揉め事を大きくしていく。刑務所の中のスマイリーはモナとジョンの仲に怒り狂う。
そして、とうとうスマイリーの出所の日となり、マックは彼に拳銃を渡してジョン殺害を目論むのだが……といったノワール的展開を見せる。

この映画、途中までは本当に面白いのだが、終盤盛り上がらないと作品全体がイマイチの印象になる典型的作品に思えた。
出演俳優は良いのに、勿体ない映画だった。
いや〜不倫はあかんな😑

またこの不倫をする2人の周りも
ややこしい人物が多いんよな🤔笑
特にマックというストーカーの男を演じる
レイモンド・バーが本間に怖い。笑
何かもう気持ち悪い...😨

ジェーン・ワイアットが凄く良い🥺
こんな嫁さん貰って幸せ者やぞ😤
全てをかけて償わないとあかんな😤

殴ったり銃撃ったりと思ってたより
興奮するシーン多め🤤
スコットとパウエルがすれ違うシーンも
印象的やったなあ〜🤔
mat9215

mat9215の感想・評価

2.0
ぬるいフィルムノワール。物語の多くが単調な会話の切り返しで動かされ、工夫が少ない。男に妻子があることを知って潔く身を引くファム・ファタールも、不義を働いた夫を許す妻も、女たちの物わかりがよすぎる。レイモンド・バーは、アンソニー・マン『脱獄の掟』ではもっと不気味な印象を放っていた。主人公宅では階段が描かれるが、小規模な中流家庭の家屋では、階段を描くのに空間が狭すぎる。ま、ディック・パウエルとリザベス・スコットがモーターボートで疾駆するところは楽しそうだったな。
ICHI

ICHIの感想・評価

4.0
さほど期待せずに観たらかなり面白かった。ディックパウエル扮する真面目な保険マンがふとしたことから若い女性と誤ちを犯してしまい悪夢のような泥沼に。ストーカー的な私立探偵役のレイモンドバーが怖い。この役者、ヒッチコックの「裏窓」といい、アンソニーマンの「脱獄の掟」といい、巨漢の異常性格者をやらせると存在感がもの凄い。コーエン兄弟だともっと状況を追い詰めるのだろうけど、不倫相手の女性と主人公の妻が良識ある人として描かれているので、ちょっとホッとしたテイストになっている。そこが物足りないかもしれないけど。
こぅ

こぅの感想・評価

4.0
アンドレ監督による、【フィルム・ノワール】。

仕事関係で知り合った女性と不倫⁈
これは、リアルな話だ。

1人の美女を巡って連鎖的に起きる【悪夢】。

リザベス・スコットは、美女だから無理も無い。
彼女は、ツンとしているより、笑顔のが断然良い。

マンネリ生活にちょっとだけ【情事】を求めた
ばっかりに、泥沼へ、、って、典型的なきっかけ。

女の恨みで、待ち伏せ男に自宅の車庫でぶん殴られ
たく無い。

何日か寝込んでの仕返しシークエンスは、スカッと
アメリカ‼︎

モナと関わった男3人共まともでは無いのだが、
内1人はまだ後悔の念、懺悔があった。
男らしかった。


でも、、一番現実的で、最強だったのは、、
◯◯だった。
>|