しあわせの法則の作品情報・感想・評価

「しあわせの法則」に投稿された感想・評価

疑問ですが、邦題は、それで良いのでしょうか?
邦題から、深い内容を想像してましたので、拍子抜けしました。いろいろ話が展開することを期待していたら、いつのまにか終わっていた…
どの国でも正直に生きるのが難しいんだな。
平均的な日本人にはこの価値観が理解できない、だから屈折した性産業が蔓延ってるんだと思う笑
HEIDI

HEIDIの感想・評価

4.2
面白かった。親子の確執とか浮気心とか、平和じゃない気もするけど平和な気もする。自由人だけどちゃんと息子と向き合おうとする母親は、母としての生き方に囚われていなくてそれはそれで素敵だと思う。なんだかんだで、親子や恋人の絆も感じられた。最後のイアンの姿がとてもシュールで笑ってしまった。人間らしくて、結構好き。ケイトがとってもきれい!
主演に『ターミネーター4』『ダークナイト』のクリスチャン・ベイル、 
競演に『アンダーワールド』『モーテル』のケイト・ベッキンセール。 

ハーバード大学を卒業した女性学者のアレックスは、婚約者がいながらもかつて経験したことのない浮気心に揺れ、自らを見つめ直すことを余儀なくされる。しあわせになるために着実に歩んできた恋人たちの愛の行方は…。 

性生活に楽しみを見出すのは、愛があってこそだという概念からはこと離れた作品だなw 
ある意味狂った作品!普通の人は楽しいことであっても理性でやってはならない性行為があると思うけど、これはアブノーマルな領域に到達しそうになる物語。 
そりゃ、大切な絆を失うだろ!って思春期のガキでも分かることを平気でやりそこないますw 
しあわせに程遠い法則に題名変えたほうがいいんじゃないか?w 

混乱したアレックスが3Pってのが笑えたので☆一つ追加で。
花紫

花紫の感想・評価

2.4
単調であまり印象に残らない内容だった。
プールでラジコンボートに引っ張られるやつ、私もやりたい。
邦題がイマイチ。
<字幕>2014.12.
まりも

まりもの感想・評価

3.0
クリスチャンさんとしたくてたまらないのにフラレた女が、ほんとに下唇を噛むのに笑った。
ケイトさんが貞淑(を装う)な妻を演じているが少々無理がある。
pape

papeの感想・評価

2.8
クリベーの乳首まで安っぽい。クリベーの役作りさすがっす!!!
RiN

RiNの感想・評価

3.2
ガッチガチの理系女子が、ちょっとしたきっかけで、なんでもありの娯楽の世界に片足突っ込む話。このジャンル、好きです、くっだらなくて。
アレックスは博士論文を控えた医学部生、その恋人サムは研修医、ハーバード大で出会ったエリートガチガチカップル。サムの研修先近くに滞在するために、彼の実家を訪れるが、そこでは有名音楽プロデューサーである彼の母親が自由気儘な暮らしを謳歌していました。
この母親の自由気儘っぷりがね、本当にね、わっかりやすくヒッピーなの。終わりない飲酒、ハッパ、フリーセックス、毎夜のパーティ。これに、今の今まで温室育ち・エリート一本筋だったアレックスお嬢様はわっかりやすく翻弄され、魅了されてしまいます。
ラストがね、ピリッと、というかジワっときて、いいです。良質な暇つぶし映画。
結構ぽろぽろオッパイ出るので、エロ目的で見てもいいかも。
sakedelic

sakedelicの感想・評価

3.5
例えるならフェイドアウトで終わる曲の、そのフェイドアウトの部分で、急に曲の展開が変わったり
別の曲のフレーズが出てきて、何だろと思っている内に曲が終わってしまう様な、そんな余韻を残す映画でした。
Q

Qの感想・評価

1.8
クリスチャン・ベールとケイト・ベッキンセールの個人的に最強クラスのコンビ。がしかしなんとも、なスクリプト。いまいちひねりの無い、ザ・物足りなさが残るラブストーリー。かっこよさ&かわいさは無論◯。