ダイナミック・プラネット -アスリートたちの冒険-の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ダイナミック・プラネット -アスリートたちの冒険-2018年製作の映画)

Magnetic

製作国:

上映時間:110分

3.5

「ダイナミック・プラネット -アスリートたちの冒険-」に投稿された感想・評価

自然系エクストリームスポーツのダイナミックさ、改めて面白い。フォイルサーフィンは知らなかった。
ackey1028

ackey1028の感想・評価

2.7
エクストリームスポーツのアスリートを取り上げた短編集的な映画。30mの大波、標高6,000m級からの直滑降。映像はきれい、話は単調。バーの壁に流しておくべき映画。
NaoHarada

NaoHaradaの感想・評価

4.0
「成長し続けるのは大切なことだ。毎日同じようなことをしていると、忘れてしまいがちだけどね。同じような毎日が続くと好奇心が死んで、人生を楽しくする心のエッジを失ってしまう」

「唯一の限界は自らの想像力だ。とにかくやり続けて諦めないこと。最初は失敗も多いけど繰り返し練習して小さな成功を重ねていく。目標は人生を最大限に生きることだ。それと同時に人との出会いも重要だね。波長の合う人たちと出会うことだ。」
sktk

sktkの感想・評価

3.2
波がすごい。
自然がすごい。
ナザレの海は行ってみたいな。

こういう映像が素晴らしいしドキュメンタリーは食事のときのながら鑑賞でよく観ます。
人ではなく自然を相手にするアスリート達のドキュメンタリーです。
危険を顧みず極限を追求する彼らは何を感じているのだろうか、「死と隣合わせでいることにむしろ生を感じている」、その思考や哲学を垣間見ることのできる作品でした。
原題は「Magnetic」。磁石に吸い寄せられるように、本能で自然に魅せられてという意味だと思いますが、それと比べた邦題のまわりくどさよ、、、日本人は比喩やアナロジーの感覚に乏しいのか、より幅広い層を取り込む為なのか、邦題は一瞥して内容がわかるような、概してダサいものが多いですよね。
浜塩

浜塩の感想・評価

3.5
壮大な自然、極限を攻めるアスリートの超絶映像、、

の割に、間延びした印象。

サーフィン比重高し。
kotomi

kotomiの感想・評価

4.2
自然を相手に自分と戦い、心から楽しむアスリートたちのドキュメンタリー。
最近テレビを4kにしたのだけど、テレビ替えてよかったと初めて感じた笑

人と争うスポーツではなく、自然を相手にするということは、自分をみつめることなんだなと感じた。
自然はただ変わらずに動いているだけなのに、こちらの動き次第で癒しから、凶器へと変化する。
自然も生きているので、その時々でこちらも適用しなくてはならない。そして、身体だけでなく判断力も鍛えなくてはならない。


「敵は、自分造像力」


心が豊かで、めちゃくちゃかっこよくて、自然に対して謙虚に、でも攻める姿勢を忘れず楽しんでいる姿がみれて、心揺さぶられます。
DK

DKの感想・評価

3.6
ドキュメンタリーフィルム
磁石に引き寄せられるようにエクストリームスポーツに魅せられる人。スキーでもサーフィンでもなんでも普通にできるフィールドとは異なる場所で命の危険と隣り合わせで楽しむスポーツ。それはどんな意味があるのか。なかなか面白かった。
映像は素晴らしい。