ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古の作品情報・感想・評価

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古2012年製作の映画)

Peter Brook: The Tightrope

上映日:2014年09月20日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルック。“なにもない空間”という演劇論に基づき、最小限の装置と小道具、俳優の肉体から、イマジネーション豊かな劇空間を生み出す舞台は、世界中の観客を魅了し「魔術的舞台」とも呼ばれてきました。 彼の魔術的な舞台の数々は、俳優やミュージシャンらが参加するワークショップから生まれます。今回、その秘められた創作現場の様子が初めてドキュメンタリー映画として映像化…

演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルック。“なにもない空間”という演劇論に基づき、最小限の装置と小道具、俳優の肉体から、イマジネーション豊かな劇空間を生み出す舞台は、世界中の観客を魅了し「魔術的舞台」とも呼ばれてきました。 彼の魔術的な舞台の数々は、俳優やミュージシャンらが参加するワークショップから生まれます。今回、その秘められた創作現場の様子が初めてドキュメンタリー映画として映像化されました。ピーター・ブルック作品でおなじみの笈田ヨシなど、あらゆる国籍の俳優たちが一堂に会して行われた2週間ものワークショップは、床に敷かれた1枚のカーペットに、目に見えない「1本のロープ」を引くところから始まります。 単純なエクササイズに見えるタイトロープは、俳優の想像力の真実を暴くだけでなく、身体が生命を宿しその想像力と一体になっているかどうかを全てさらけ出す、演技の原点ともいえるものに繋がってゆきます。そしてこの掟破りの即興エクササイズは、役者だけでなく、私たちの終わりのない人生の挑戦へのヒントがたくさん詰まっているものでした。 監督は息子でありドキュメンタリー映画監督であるサイモン・ブルック。2012年、ベネチア映画祭アウト・オブ・コンペティション部門でも好評を博した、演劇人ならずとも必見のドキュメンタリー映画が、いよいよ日本に上陸します!

「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」に投稿された感想・評価

romio

romioの感想・評価

3.0
演技の神さま、ピーターブルックさんとその劇団員の稽古の様子を見学。
まったく知らずにみると、どっから来たのかも分かんねぇおじいちゃんを囲む、売れない役者陣。
冴えないオーラがすごい笑

そしておじいちゃんの与える課題は綱渡り。
何もない床の上で、綱渡りを演じる団員たち。各々が思うように演じるのだが、それに対してのピーターブルックの言葉が重い!
圧倒的なリアリティの追求。
集中していてもどうしても意識が薄れてしまう部分を彼は見逃さない。
そして、一番大切なものはリズム。
この教えはその通りだなとすごく勉強になった。
いったいこのおじいちゃんはどんな世界を見ているのだろうか、もう想像もつかない。
気付きを与える事が大切だと言っていたが、最初と最後で役者の動きが変わっている様子には素人の自分でも分かる。
それすら演じられているのではなんても思ってしまうが。

役者というのはほんとすごいなと実感する。自分のイメージを体に落とし込むなんて俺には到底無理だ。
言葉なしに、体の表現で全てを伝えるってのはほんと好き。
ジャックタチの演技の授業の作品を思いだした。


ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古。世界一受けたい授業ならぬ世界一受けたいお稽古。

監督: サイモン・ブルック。

ピーター・ブルック。

ビデオ・オン・デマンドにてジュラシック・ワールドを鑑賞済みになったあとあと、ソードガイ(出演: 島崎信長)と言いましたのを鑑賞致し鑑賞済みとなり今現状は、色々にとまだまだと鑑賞済みになってないVIDEOが山々山々山々!!!!!!!にとあるので御座いますが(笑).........ですが現状 ファナ・ビアーレ・アンドレ・ヴェレンコソ出演のEDHA/エダ と ティモシー・オリファント・リヴ・ヒューソン出演の最新作????と世界一受けたいお稽古に(も)出演を致しております、レイクエム: マチルダ・グレイを鑑賞中であります。こちらのレイクエム: マチルダ・グレイ中々にと面白く前半戦から、エッ????と言いました感じとなっちゃいます。レイクエム マチルダ・グレイ イギリス🇬🇧🇬🇧🇬🇧(国) 製作品級な映画VIDEOでありまして、BBCがソコソコな権利を持っております(作品VIDEO) レイクエム マチルダ・グレイであります。BBCが、自画自賛 急品賛美に賛美を消してます、、作品。BBC級の中では渾身の一撃を入れに入れ込んだ作品だとBBCは、語っております。BBCテレビが自信を持ちましてお送りするレイクエム マチルダ・グレイ ジャンル :はファンタジーとホラーとなっております。まぁファンタジー???+ααホラー映画。イギリスBBCテレビ史上最も怖い・恐怖伴ってる映画作品VIDEOと言われてます。# BBC One

ホラーを改めて彷彿・放物・沸かせられるよう・沸騰させられるようなレクイエム マチルダ・グレイ。🇬🇧

英紙Guardian あの「オーメン シリーズ」を放物・思い出させるような解き放たれるかのようなスゴォイ出来栄え!!!!!

The Telegraphと言いましたサイトでは(レビューでは) このレクイエム マチルダ・グレイをこう称してるとの事。「ハマー・フィルム・プロダクション (ハマー・ホラー)」を(よくよく)にと知ってないとこんな映画作品VIDEOは、全くもって作れないといいたぐらいの出来栄えとの事 ....... #ミイラの幽霊 まずわ???これからどんどんどと、鑑賞をしていくレクイエム マチルダ・グレイ まだまだにと前半なのでこれから どうなるかどうなるか どれもどれも どの映画どの映画も全てビデオ・オン・デマンド #Flixにて、鑑賞済みとなったり鑑賞中となったりとしております。因みにまだピーターブルックの世界一受けたいお稽古はまだ鑑賞済みとなっておりません。!!!!!!

2018年 (平成30年) 3月25日 日曜日。

このレビューはネタバレを含みます

想像力とそれを表現する身体。
自分の中の基準を新しい次元へ常に刷新する。困難に立ち会ったとき、起こるイメージはネガティヴな感情でなく、新たな課題がみえる喜びである。

バランスを取るとは、目標に向け前進すると同時に、自分を巧く操り思い通りの状況を作ること。綱渡りするように。
見えない綱の上を歩かせて、ピーター・ブルック先生いきなり難易度高いっす。そこから広がる演技の真髄は、準備と想像力、感覚を研ぎ澄ますこと、それを共有すること。アスリート並の身体感覚を要求されるし、すべて綱渡りのように細やかな神経と勇気が要りそうだ。感じるとしてもそれを身体に繋げなきゃ意味ないのね。年齢人種様々な俳優が参加したワークショップだけど、笈田ヨシさんやインド系の女優さんに多く時間を割かれてたので、他の人ももっと観たかった。微笑みを浮かべ終始穏やかにレクチャーするブルック先生、お話は半分も理解できたかわかんないほどハイレヴェル…。ここに居るのは皆ピーター・ブルック一座だそうで既に相当のレヴェルのはずだが、知らずに観てると初心者みたいな扱いよ。
kei77

kei77の感想・評価

3.5
綱渡りのイメージの精度を上げ、それを共有する。正直よく分からない、けれども見入ってしまう瞬間がいくつもあった。

演技のリズムについても最初は全く分からなかった。しかし最後に二人の女性が同じ役を演じていた時、リズム感が顕著に出ていて私にも差が理解できた。

たけのこニョッキみたいなゲームも、ああいうふうにやると演技の訓練になるのか。
ふと思ったが、周囲の人の呼吸とか空気を感じる事が上手い人は、人混みの中を歩くのも得意なのだろうか。
動画配信Netflixの1カ月無料期間につき映画見まくった。膨大な作品群の中に、『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』があってビックリ!演劇の神様ピーター・ブルックが世界の俳優達にワークシップした貴重な映像だ。一言一言に重みがあって、凄かった。
おそらくすべての事象、といっても、演劇などのアートフォームでなくても、ビシネスプランでも、普通の会話でも、「表現」という意味ではイメージを身体を使って表現するという意味では同じとすると、一見この俳優だけのためのワークショップを一般人にも見せるフォーマットにして作品にしあげた意図が見えてくる。

需要なのは、自分の中に、恐ろしく精度の高いイメージを創り上げ、他のプレーヤーと共有することとすると、いかなるものにも応用可能な可能性を感じざるを得ない。今回始めてみたけど、おそらく観るたびに、その時の自分の状況で、新しい発見が必ずありそうな予感しかしない。

いいのに出会った。
kamakurah

kamakurahの感想・評価

3.5
個人的事情あってNetflixで再鑑賞。あらためてピーター・ブルックの一言ひとことの深さと重みに敬服。最近では「沈黙」の演技が印象的だった笈田勝弘(ヨシ)さんが80を過ぎてなお追求しつづけておられる姿勢にも打たれます。終了したら可能性は閉じられる。このメッセージを若い人ばかりでなく自分自身にもよく言って聞かせたい。大切なドキュメンタリーです。
rosas

rosasの感想・評価

3.3
空気を感じること。
時間を感じること。
存在を感じること。

豊かになること。

必ずある場所に向かう。
ある種の静謐。
Zuidou

Zuidouの感想・評価

5.0
剃刀の上を歩くようなバランス。最初のうちはあからさまに売れない役者の集まりみたいな集団だったのが最後の方ではちらほらハリウッドスターがいるようにすら見えた。絨毯(超高そう)の上の見えない綱の上を歩く若者たちとそれを食い入るように凝視してはポツポツ何か言うおじいちゃんとモーツァルトmeets神楽な生演奏という異様な光景。沈黙から全ては流れ始める。間隔が空き過ぎれば次の音は死ぬし、短すぎれば狂躁になる。演劇の指導ではあるんだけど、言ってる内容は全部そのまま人生に置き換えられることばかり。文学にも科学にも数学にも偏らない、まさしく剃刀の上を歩くような絶妙なバランスの言葉が次々飛び出す。壮大な物語の展開を予感させることが重要、みたいに言っているのを聞いて思ったのは、人生に絶望したり希望を持ったりする時ってその瞬間に対してじゃなくてその後の壮大なのであろうと勝手に想像している展開への予感に対して一喜一憂しているんじゃないかということ。落ちてもないのに、ましてや渡りきってもいないのにあれこれ騒いでいても仕方ない。映画の見方がまたちょっと変わりそうな映像だった。
>|