イヤー・オブ・ザ・ガンの作品情報・感想・評価・動画配信

「イヤー・オブ・ザ・ガン」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

2.5
シャロン・ストーンさんを
追いかけて観た作品。

印象が無いけど
美しいですね!
SYU

SYUの感想・評価

3.0
2020/05/27
監督 ジョン・フランケンハイマー
アンドリュー・マッカーシー
シャロン・ストーン

【女に勇気。男に野心。失ったものは愛。】

小説家である主人公の男が執筆した内容が、イタリア極左組織「赤い旅団」の計画と酷似していたことから、組織に命を狙われる。
男がたまたま出会った女性カメラマンとともに決死の逃亡を試みる姿を描くアクションスリラー。

J・フランケンハイマー監督でもう一本。

そのルックスからどちらかというと好青年役が多かったイメージのA・マッカーシーが野心ギラギラの男に挑み新たな一面を見せ、人質交換のシーンや冷徹な組織の描写、迫力ある銃撃シーン等、フランケンハイマー監督らしい重厚な作品。

やや話が難解でついていけなかった記憶があるが、今見返せば違った印象になるかもしれない。

「氷の微笑」でブレイクする直前のS・ストーンが美しい一本です。

鑑賞日1992年頃  VHSにて
イシ

イシの感想・評価

-
ある意味で名高い作品だよという話を聞いてから見たので何も感じずに見終わることができた。
アンドリューマッカーシー大好きだし、シャロンストーンも良かったけど当時あまりストーリーを理解できなかった。
magster

magsterの感想・評価

3.0
渋谷パンテオン

アスキー配給第一弾とかで大々的に宣伝してたけど豪快にコケてたという記憶
saeta

saetaの感想・評価

3.6
イタリアのテロ組織である赤い旅団の逸話をジャン・フランケンハイマーが映像化。若い頃のシャロン・ストーンも出演。人質の解放・受け渡しの場面などゾクゾクするシーンもある傑作であった。今一度観てみたい。