パレルモ・シューティングの作品情報・感想・評価

「パレルモ・シューティング」に投稿された感想・評価

ザン

ザンの感想・評価

2.9
どうしてもミラに出てもらいたかったのかね。わがまま言いたい放題の大物女優として出演してもよかった。そしてストーリーは宗教色がもっと濃く出るかと思った。
2018 9.4 鑑賞
ヴィム・ヴェンダースのこの作品は初めて観た。ベルリン天使の詩をまた観てみたくなったよ。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
20140705
まさに感じる映画。わかったような、わからんような。哲学的で、小説みたいな映画だった。生と死というテーマは好きだし人間避けられないものだと実感したけど、序盤の音楽がうるさい。なんか本当うるさいなって思ってしまった。まぁ主人公が唯一ひとりで思考できる時間がイヤフォンでそういう音楽を爆音でかけてる時なんだよっていうのはわかるんだけど、映画の雰囲気が壊されてしまうようにも感じてしまった。後半旅に出てからは良いんだけど。映像がとても美しかった。もっと宗教性でてくるのかな?と思ったけど、そんなことなかった。
あと、死神が死だって生と同じことなんだ、なのに皆死ばかり忌み嫌うって言って悲しげにしてるとこが印象に残ってる。確かにそうだね、でもみんな怖いんだよ、と思った。 レンタル
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「パレルモ・シューティング」‬
‪様々な印象深いシーン。一度聴いたら忘れられない数々の音楽…視覚効果を使った夢の様な場面。CGを彼流にアレンジ…巨大なフレスコ画。絶妙な悪役を表現したD.ホッパーと妊娠中のジョヴォヴィッチの美しさ…バロック建築、景観はヴェンダースが土地を主役にした事が分かる。‬
色んなものが無くなっていく中で何を残すか
生きることの一回性を考えざるを得ない
おみ

おみの感想・評価

3.1
ヴィムヴェンダースやっぱり良いなぁ。
デニスホッパーの遺作。
遺作であの役って、、、
ntm723

ntm723の感想・評価

4.6
デニスホッパーの遺作で、声が予想外に超可愛いミラジョボビッチが友情出演してる。
初めて観た時色々悩んでたから、けっこう怖目の演出でもぐいぐい引き込まれたし、だいぶ経ってからDVD買って2回目観てもやっぱり良かった。
同じ心理状態じゃないのに、その時々で絶妙にすーっと心に響く台詞がある。
タイトルもカッコいいし、いつかパレルモに行ってみたい。
カメラマンのフィンは現世にあきらめを感じている。ある日、一人の男が写真に映り込み、、、。カンピーノ演じるフィンが常に聴いているウォークマンから流れる音楽がかっこ良い。「死」と直面し、生きる事と真剣に向き合うようになる「生きることの素晴らしさ」を伝えることメッセージもよかった。映像もまたスタイリッシュ。
daisak

daisakの感想・評価

3.5
OST=ヴェルヴェットアンダーグラウンド、ニックケイヴ、ポーティスヘッドand more
otom

otomの感想・評価

3.9
いつものヴェンダースを期待すると裏切られる...個人的には良い意味で。全体としては、何だか鬱々としていて、おまけにデニス•ホッパー絡みの死のイメージはかなりアニメっぽいのではあるが、嫌いではない。ヴェンダースがこんなのも撮れるのかと云った具合。何よりもヨーロッパっぽさが強く、何か新鮮な気がする。そして、いささか老害の気は感じなくもないが、ヴェンダースのフィルム愛がひしひしと伝わってくる。存命中のルー•リードが亡霊っぽい感じでの出演で少々引いたが、なかなかの良作。サントラも素晴らしい。
>|