デニス・ホー ビカミング・ザ・ソングの作品情報・感想・評価

デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング2020年製作の映画)

Denise Ho: Becoming the Song

上映日:2021年06月05日

製作国:

上映時間:83分

4.0

あらすじ

「デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング」に投稿された感想・評価

lemon

lemonの感想・評価

-
去年観に行った。 
一番いい方法、正解がなんだろうと考え続いている。
香港画と連チャンで鑑賞。

信念がある人の映像作品は心惹かれる。
政治体制なんてのは正直、なんだって良い面もあれば悪い面もある。
ただ、人々の声を抑圧することは許されないし、そのために軍や警察といった力を乱用するのはあり得ない。
デニス・ホーさんはずっと警察に語りかけていた。
僕もそうであってほしいと願っている。
民衆と警察は敵という認識になってしまったけど、そうではないはず。
極端な考えに走らずに理解し合おうとする未来であってほしい。
もちろん、自分は外野から理想論を述べているだけだけど、それでも、少なくとも、外野という立場かもしれないけど、そう願っている。
1000miles

1000milesの感想・評価

4.5
http://deniseho-movie2021.com/
九州大学台湾スタディーズ・レクチャーシリーズ「映画を通して見る東アジア2:今みんなで考えるべき問題とは」の企画で鑑賞。
社会問題に切り込んだ楽曲を制作するだけでなく、実際に雨傘運動などの社会運動にも積極的に参加してきた香港のポップスター、デニス・ホーのドキュメンタリー。
改めて中国政府の言論統制の怖さを知るとともに、トリエンナーレの件然り、表現の自由、声を上げることが今の日本社会でも脅かされていると感じた。
hpyyr

hpyyrの感想・評価

3.5
中華圏、特に台湾とか香港の人らのことは(特定の親しい人がおるわけじゃないけど)勝手にかなり尊敬してて、その理由が詰まってる映画やった。
この映画の主人公デニス・ホーのことも師匠アニタ・ムイのこともよく知らんかったけど、
こういう華やかな表舞台の人はじめ、恐怖を感じながらも自分の信念を言動で示していく人たちがいることがいつの時代においても希望やし本物の力やと思う。自分もそういう風に生きていこうって思ってる。
このドキュメンタリーが撮られたのは、2年以上前だから、今の事態はさらに悪化して、香港は厳しい状態。先日、デニス・ホー逮捕のニュースがながれ、今は保釈中でパスポートを取り上げられ、香港から出れないと聞き、彼女たたかいはまだ継続中なのだと、現実感が増します。
「よく生きる」ではなく、アンシェイカブルな自分を生きること!
MGJ

MGJの感想・評価

5.0
ニュースを見て「怖いね」とディナーを続ける。

かつての紛争を扱った映画で扱われたこの表現。

既に世のメディアから過去にされてしまっている香港の窮状を、彼女が歌で届ける。

ミャンマーの軍事クーデター時にも歌が流れ、その力に当局がフタをした。

人ごとなのだろうか?

世界中の紛争は、人と人の問題で、テレビの向こうのエンターテインメントではない。

もう、そこに迫っていると思って、沖縄の地でこの記録を見つめた。
2021年末の香港当局による逮捕も記憶に新しい香港のポップアイコンにてアクティビスト、デニス・ホーの長期密着取材によるドキュメンタリー。
昨年見逃してしまっていた本作。このタイミングでも見れて良かった。彼女と、香港の闘いは終わっていないのだ。

ひとりのアーティストとしてだけでなくひとりの人間としての成長の物語が、香港という街の現代史とも見事に折り重ねっていく。
こんな言い方は浅はかかもしれないが、途轍もなくカッコイイ女性だと率直に思う。
彼女の様な本当の意味でカッコイイ、たくさんの人をポジティブにインスパイアするアーティストこそ真のアーティストであろうし、人に何かを伝え様とする生業である以上、必然の彼女の軌跡である様にも思う。
翻って、隣国たる私達の国では果たして、それほどの"アーティスト"が如何程にいるであろうか……
映画や音楽というアートフォームがボーダーや出自を越えて、共感や教訓を与えてくれるモノである事を、そもそもそれを愛する人間であれば判っている筈。
それなのに、そこに政治や主張を持ち込むなと反応する人達がいる事にはいつも驚かされる。

個人的であろうが政治的であろうが、すべての闘うことを諦めない人たちに捧げたい普遍的な物語。
haru

haruの感想・評価

-
やはり自分の伝えたいことを音楽で表現できる人って素晴らしい。
>|

あなたにおすすめの記事