乱世備忘 僕らの雨傘運動の作品情報・感想・評価

乱世備忘 僕らの雨傘運動2016年製作の映画)

亂世備忘/Yellowing

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」に投稿された感想・評価

社会派、香港にまだ普通選挙がないのを初めて知った。民主化もされておらず、中国の共産主義とイギリスの資本主義の狭間にいる。
ryo

ryoの感想・評価

4.0
香港の代表者を自分たちで選ぶことを求めて、若者たちが街を占拠した雨傘運動。

この映画は、その運動の参加者の目線での記録映像をまとめたもの。全体像が見えないので分かりやすくはないけれど、その場の空気を感じることができる。
とはいえ、背景知識もないので、どういうことを言っているのか分からない箇所がたくさんありました(汗)

大学教授の「香港への手紙」のくだりは、アニメ『進撃の巨人』の主題歌の"家畜の安寧"という歌詞を思い出した。

この映画に出てくる運動の参加者たちは、みんな冷静で理性的なのがすごいと思う。

私もせめて、常に目を覚ましているよう心がけたいと思った。
デモ期間中に警察官が休み取って旅行行ったらその後気まずくなるのか気になる
リアルタイムではなく2014年の話だからかしら、香港映画として成立する(させる)体制側の余裕。
光州や天安門のように「殲滅する」という必死さが体制側にないのは、時代ということなのだろうな、と。
新百合ヶ丘アルテリオ映像館で『乱世備忘』。
2014年の台湾、雨傘運動79日間を内側から観たドキュメンタリー。
ほら、国がちがってもやっぱり若い人はクールで優しくてロジカルで勉強熱心で利他的じゃないか。
爺婆は精神的な若さになんてしがみつかないで、生物的に若い人たちに任せちゃえばいいんだよ。若さを。
すごく良いドキュメンタリーだよ、これ。
2014年民主主義を求めて香港で立ち上がった若者の群像劇、って言おう。笑

こういう意志を持って撮られたドキュメンタリーは本当に好きだ。

監督自身撮影当時27歳でデモに参加する学生たちと年が近い。
からこそ、これを撮って世に出す意味ってあると思うし、
この映画に映る学生たちは良い意味で「ファッション」感覚に近いようなニュアンスでデモに参加しているようにも見える(友達にお願いして女の子をナンパしたりもするし。笑)

生活の延長線上に政治があってデモがある。それが香港の人たちの日常だというのがよくわかる。
デモに参加する若者が、1997年の香港返還後の政治的な動きを幼い頃から、もしくはそのあとの香港が香港として再生する姿を感じながら成長していった世代だからか、「政治」に参画することは香港の若者にとってなんでもないなんだろうな。日本人だったらこうはならないよな、って。
ドキュメンタリーはいつも片方の見方しかわからないから難しい
政治のことで泣いたり怒ったり感情的になることは、いいことなのかよくないことなのか、幸せなのか不幸せなのか
自分だったらどうするだろう、ってことをずっと考えながら見てた。
唯一解はないし立場によって意見は色々だけど、その全てが認められる意見であることが民主主義の厄介さであり、素晴らしさだと、とても基本的ながら大事なことを今一度教えられた気がする。
最後まで暴力に訴えず行動を起こし続けたことは、個人的には尊敬に値すると思う。
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

4.0
4年前の香港で起こった民主化運動の本質を知る。
運動に参加する香港市民の連帯、そうでない人々との温度差。色々と感じることの多い作品でした。
トト

トトの感想・評価

3.6
デモとか社会運動は、偏見だけど難しい顔、怖い表情な学生運動の過激でインテリをイメージだってけど、ユーモアや笑顔を絶やさない感じの、現代でデモする人たちのリアルさを知った気がする。
>|