乱世備忘 僕らの雨傘運動の作品情報・感想・評価

乱世備忘 僕らの雨傘運動2016年製作の映画)

亂世備忘/Yellowing

上映日:2018年07月14日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデ…

僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」に投稿された感想・評価

日常の延長線にデモがある、それを上手く捉えていたドキュメンタリーだと思う。最初の2シーンでぐっと心をつかまれた、というか泣いた。
香港は民主主義を手に入れたくても手に入らないのに対し、日本には民主主義があるのにそれを行使する意識が希薄という監督のインタビューに、ほんまにそうですよね、としか言えない。
すな

すなの感想・評価

3.6
予備知識なしで、たまたま待ち合わせ時間まで持て余してたので東中野で観た

最初からすごくいい映像で、ドキュメンタリーとして撮れ高よい感じがビンビンきた。香港の雰囲気もとても良い。編集の流れが単調かも?

警察にも虫歯はあるね
AngieLee

AngieLeeの感想・評価

2.0
このドキュメンタリーを通して、香港の若者のリアルな思いを知ることができました。

「学生運動=正義」
という世界的な流れがありますが、果たして本当にそうなのか、この作品を鑑賞する前に、背景を調べた上で、中立な目線で鑑賞して欲しいと思います。

全てのも国民が満足できる社会を作るのは難しいけれど、自分の求める"モノ"を声に出して求めているのか?求める前から諦めていないか?社会との向き合い方を考えさせられる作品です。

『雨傘運動』について、デモに参加されたチャン・ジーウン監督のリアルな声を聞きたく、インタビューをさせていただきました。

【インタビュー記事】
https://angielee.hatenablog.com/entry/2018/07/12/025320
香港は好きな街で、年に1度くらい訪れている。
2014年、雨傘運動の年、私はデモのことは知っていたし、関心もないわけではなかったが、金鐘にはわざと近づかず、問題に蓋をするように観光だけをして帰ってきた。まさに作品冒頭の、催涙弾の閃光に目を向けずに頭上の花火を見ていたのだ。
そのことがずっと後ろめたくて、その贖罪の念から映画館を訪れた。
舞台挨拶で監督の口から彼らのその後が語られた。雨傘運動の体験をそれぞれの内に残しながら力強く進み続けているようだ。
私は損得勘定しながら暮らしている人間ではあるが、民主主義が奪われそうになったときは、民主主義を守るために闘おうという想いを強く抱いた。
みらい

みらいの感想・評価

4.3
はじめてのドキュメンタリー映画

実際に監督のお話も聞くことができてよかったです

中学生の女の子が、逮捕される覚悟があるって言ったときに震えた、すごくかっこいいと思った。まだ中学生なのに政治や自分の国に関心があって、ちゃんと未来を見据えていて、すごいと思った。

自分を犠牲にしてもいいと思えるものを見つけるってかっこいい

鑑賞しながら、自国の政治すらちゃんと理解できていない自分の無知を恥じました
もっとたくさんのことを知らないといけないと思った
梅田

梅田の感想・評価

-
狙いはよいが「現象」よりもっと「人」を映してほしい。それにしても、映像には基本的に無頓着に撮っているはずなのに、香港の街のなんと映画に映えることか。
み

みの感想・評価

-
そこで彼らが起こした"行動"を記録し、怖気付きそうな状況でも目を離さない。
milagros

milagrosの感想・評価

4.4
希望と失望のなかで、カメラを回し続けた監督の偉業は、『チリの闘い』にも匹敵する熱気を生み出した。とにかく残すべき「今」を映すことに、確かに成功している。カメラが寄りそうことで、現実はより強固になる。

膨大な量の記録映像を、巧みに構成し、整理している。熱狂と冷静さのどちらも併せ持つことで、スクリーンの上の運動は素晴らしく人間的だか、その終焉を見届ける結末が悲しい。
521号

521号の感想・評価

-
観ることに意味がある。

政治や社会的には香港の限定的な出来事だけど、そこにいる人間とそのリアクションは普遍的だと思う。

千波万波、小川紳介賞。
中国がチベットなどと並んで抱える問題の地「香港」。ここまで酷い政治状況だというのは驚かされる。権利は普段の努力で獲得されるものだと改めて認識。よく考えたら仕事などといったしがらみ無しにデモを行えるのは学生か老人が中心となる。その行動に若さがあるとはいえ、最も社会を代表して行動を起こせるのはその層しかいないのであろう。
>|