ルパン三世 バビロンの黄金伝説のネタバレレビュー・内容・結末

ルパン三世 バビロンの黄金伝説1985年製作の映画)

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.2

「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ルパン頭は………ウィッグ…?!?!?
鈴木清順ルパン。
テレビシリーズの絵柄引き継いででハードボイルドなアクション重視。ルパン捜査から解任されたとっつぁんのお仕事はICPOのミスコン司会。挙句その後始末。美人に囲まれて幸せなんだか不遇なんだか。
バビロンの謎を知るロゼッタ婆さんがキュートすぎる。ルパンは元気なじじばばが沢山いて良いね。
ちらっと五右衛門色ボケ回。
劇場版「ルパン三世」第三作。

「vs複製人間」、「カリオストロの城」とガラッと雰囲気を変えた作品。
基本的にドタバタ、大げさで大雑把な話運びの印象を受けるけども、これもまた“ルパン三世”の側面か。
オリエント急行でのアクションなど、ドタバタの連続は面白いのは面白いんだけど、やはり話が強引で薄っぺらいのが勿体ない。
単発のTVアニメならともかく、劇場版でこれをやられるとちょっと辛いねえ。

話のオチも想像以上にとんでもない話だしw

ゲストキャラに、塩沢とき・カルーセル麻紀・おぼんこぼんと、奇をてらった配役も個人的には…。
まあ、塩沢ときは上手かったけどね。
カルーセル麻紀が演じたマルチアーノは、キャラの姿だけ見ていると塩沢兼人の声が頭に浮かぶ。
不思議だ…w

ちなみに、本作の監督に鈴木清順が名を連ねているんですが、俺にはどのあたりが鈴木清順なのか分かりませんでした。