続組織暴力の作品情報・感想・評価

「続組織暴力」に投稿された感想・評価

渡辺文雄が社長をつとめる製氷会社は利益を上げ続け、地元ヤクザのしのぎにも影響を及ぼし始めたため脅しを受ける
そんなものは物ともせず組長を爆殺!警察(丹波哲郎、室田日出男、山本麟一ら)の捜査ものらりくらりとかわし素知らぬ顔
新たに銀座に会社を興した渡辺文雄はうまいこと世渡りをしながらやくざの仲間入り
身内であるやくざの親分衆、大物政治家をも利用しながらのし上がろうとするのだが、、、

タイトルにあるように佐藤純彌監督作品『組織暴力』の続編
ただ内容の繋がりは全くないんだけど、出演者は何人か同じ顔ぶれ(後から思い出す時ごっちゃになるw)
正編は正直イマイチだったんだけど、こっちはなかなか面白かった

まず、、、一応主演は丹波哲郎なんだろうけど、実際見てると完璧渡辺文雄が主役!
頭のキレるインテリやくざで、ふてぶてしく腹黒さ全開の役です
世渡りの上手さを活かしてのし上がっていくんだけど、その本性は真っ黒
見た感じはスマートで、どなったり暴力を使ったりしないんだけどかなりのどクズ

ラストは因果応報、それでも渡辺文雄をも上回る腹黒柳永二郎は残る、警察も手出しできない、前作と同じようにより大きな悪は滅びないっていうやるせない終わり

東映やくざ映画にしては珍しく?賭場が裏カジノ、洋風でスタイリッシュ
前作と違ってどこかコミカルさもある作品だと思う
警察のガサ入れを察知して裏カジノをあっという間にクラブに変えるシーンとか、丹波哲郎は大真面目なんだろうけどリアクション所々笑えるのw
そもそも前作同様コートと帽子をバッチリ決めていて、ぱっと見どっちがギャングだよみたいなね

あとはやくざなんで当たり前だけど、アウトレイジみたく全員悪人な所も良かった
揃いも揃って濃い悪人ヅラならべちゃって、この頃のやくざ映画って悪役の層が凄すぎる
ただ金子信雄はちょっと物足りなかったなー、黒さは見せてはいるけど大人しい演技、いつもの気持ち悪いねっとりを期待してたのにー

あ、安藤昇も一応出てきます
特別出演に偽りなく唐突に殺し屋として登場、ライフルで裏カジノを仕切るアメリカ人たちを蜂の巣にする、だけの短い出番
警察での取り調べのシーンで、悪びれず弾だけ返してやったんだって言うシーンがなんか笑える
mro

mroの感想・評価

-
前作の組織暴力よりもこっちが好きかも
成り上がりの栄光と悲劇的な結末
続編。渡辺文雄の悪役も素晴らしいが、製氷会社経営という設定が面白く印象的。
まこー

まこーの感想・評価

5.0
構成はほぼ前作と同じだがかなり面白い。やたらとカメラが動く。