組織暴力の作品情報・感想・評価

「組織暴力」に投稿された感想・評価

丹波哲郎の棒読みが、渡辺文雄のクールネスと相まってもはや様式美。拳銃ブローカーのアジトのバーは、日活映画のようなオシャレさがある。月形龍之介の飄然とした姿も印象的。
vizilake

vizilakeの感想・評価

5.0
ヤ○ザの抗争に警察の力。。
タイトル通り、3つの組織が力任せにぶつかる任侠映画の傑作である。。
同監督作である『実録 私設銀座警察』のような派手さや狂気は感じられないが、テンポの良さと垣間見られるモダンなスタイリッシュさが素晴らしい。。
明確な主人公が存在しない群像劇として描かれているが、警察側のメインである丹波哲郎の冷血感がたまらない。。
ヤ○ザ側は一人の若者を除いて、どうもみんな薄情なのだ。。
言葉はいっちょ前だが、結局は自分が可愛いと言ったぬるさがある。。
五分五分のヤ○ザの抗争に一枚上手な警察といった状況が続き、迎える終盤。
一つの組織の恐ろしく不明確な力が静かに覗く。。
。。
喧嘩が出来る相手にはまぐれであっても勝てるかも知れない。。
深く根の張った大きな組織に暴力など要らないのだ。。
未DVD化が惜しい傑作だ。、

このレビューはネタバレを含みます

警察を通すことで、観客がやくざ側へ感情移入することを許さず、「組織暴力」の冷酷さを描いていく。
この構造は傑作『県警対組織暴力』との相似も感じさせる。
やくざ映画の肝であるはずの抗争は壮快感が無く、巻き添えになった若い女の目が潰れてしまう。
上層部は責任を押し付け合い、威厳と権力を保つ事だけに全力を注いでいる。

終盤、末端の末端のチンピラに過ぎない千葉真一が社会の不正を暴くために躍り出るシーンはかなり熱い。
だが、その直後ボロクズの様に死んでしまう。
感情移入を拒んだように淡々と出来事を列挙していくのは佐藤純彌のやくざ映画特有のタッチだ。
決して感情移入させる技量が無いとかではない。多分。

ようやく悪を撲滅できるところまで行きながらも、さらなる権力によって阻止される。
その黒幕を演じるのが往年の剣劇スター・月形龍之介な辺りも上手い。
チンピラの死体や汚職相手が逮捕されている姿を尻目に、「私は失礼する」と、悪びれもせず警察陣の横を悠々と素通りする姿はカリスマさえ感じる。
明らかに黒幕であっても、「逮捕する法が無い」と無念の目で睨みつける丹波哲郎がテーマを際立たせる。

こんなに面白くシニカルで先進的な映画を撮っていた佐藤純彌監督。
70年代後半くらいからあのような「ご乱心映画」を連発したのにはきっと深いわけがあるはずだ。
まこー

まこーの感想・評価

5.0
ラスト10分がとにかく最高。千葉ちゃんがとてつもなく弱い(笑)