偽りの隣人 ある諜報員の告白の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「偽りの隣人 ある諜報員の告白」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

4.1
my映画館2021#94  > "チング(友)"って言葉に久々にグッと来て、ラストは泣きそうになりましたね・・・今年の韓国作品のmyベストの余韻

軍事政権下の韓国政府が、民主主義国家を目指そうとする大統領候補を自宅軟禁し、その盗聴と監視を命じられた男の姿を描く社会派サスペンス。

そう、実話の様なリアルな
フィクションで、1985年に実際に起きた軟禁事件に着想を得て・・・欧米作品では時々目にする盗聴のネタを絡めて、巧みに仕上げましたね。

うん、前半はコミカルに仕立て、終盤に行くにつれてシリアスに、そんなクライマックスも大胆なエピソードを盛り込みつつ、涙腺も刺激され・・・また見事に一本取られた感ですね。

なお、キャストでは、まずはチョン・ウ・・・堂々の熱演ぶりで、ついに文句なしの代表作となるかと。
そして、オ・ダルス・・・名バイプレーヤーならではの名演を存分に披露。
さらには、キム・ヒウォンにキム・ビョンチョルにイ・ユビらのサポートもナイス。
命懸けで、国民のために国を変えようとした人々の、熱を感じる作品。

遅咲きの実力派俳優チョン・ウ、さすが。
紫式部

紫式部の感想・評価

3.9
韓国民主化運動作品で、自宅軟禁された政治家家族を24時間監視すべく隣に住み込む諜報員の、正義と人情と緊張のヒューマンドラマ✨

前半のコミカルで軽くて笑える盗聴の日々から、次第に国家の圧力が及んで来る後半の緊張感、政治家や諜報員との立場を越えて生まれた信頼感と感動のラスト!

タクシー運転手🎥 や 1987 ある闘いの真実🎥に繋ぐ、ホンの半世紀前の韓国の民主化への姿と、正義とは何かを考えさせられます
韓国ドラマ、韓国映画好きなら好きだと思います

わたしもこの話好きです

脇役に個性的な人が多く、ニヤニヤしちゃいます

是非映画館で!
序盤はコメディなのかと思わせるゆるめの展開。諜報員たちの仕事ぶりもいい加減。出世と金にしか興味がなさそうな使えないやつばかり。
「緩和」から始まり、中盤からは一気に「緊張」が高まる展開。前半の緩さが、中盤以降の緊迫化をより引き立てます。最後は「友情」と「信頼」を貫いた二人に拍手喝采となりました。
それにしても権力は怖い。ややコミカルに描かれてはいるけど権力の本質はよく描かれていると思いました。これは軍事政権下の韓国が舞台になってはいるけど、政治的な発言が一斉に炎上したり、同調圧力の強まった日本でも、いつそうなるか分からないと怖くなる今日この頃です。
KON

KONの感想・評価

4.0
序盤の盗聴して情報得るだけなのに、色んなパプニングでめっちゃ笑ってたのに、終盤にかけてガラッと雰囲気変わっていって、人の良心の部分に問いかけてくる展開に涙、涙でした😭

最後のチョン・ウとオ・ダルスが向き合うシーンが素敵すぎて涙溢れた😭✨

キム・ヒウォンの悪役感たっぷりの悪役が好きすぎるから今作でもそれが観れて大満足だな✨😈
pyc

pycの感想・評価

3.0
えっ何これ...とっ散らかってた😂
sunnyでも流れてた流行り曲好き
『悪い政治家を捕まえて自宅に軟禁してるから、その一家を見張れ』と命じられた主人公が監視を続けるうちに『この政治家は悪いヒトじゃないんじゃないか⁉︎私のしてることは正しいのか⁉︎』と葛藤する。

主人公の上司、キム室長のやり口がエグい。胸糞すぎる😡地獄に堕ちろ!って感じ👿
主人公がウィシク一家を見てるうち、自分の家族への向き合い方が変わっていくところが良き☺️
笑えるシーンがけっこうあったのは意外!メリハリがすごい(笑)

思ったより素晴らしい作品だったのでパンフレット買ったんだけど、可愛かったウンジンちゃんの紹介がなくてしょんぼり😞
社会派ヒューマンサスペンス…

フィルマークスではこれはコメディらしい🙄
確かに序盤はところどころ笑えたけど💦
でも、流石にコメディはアカンでしょ😨
と、思えるぐらい後半はシリアス。政治系でもあるし…

オ・ダルスが主演(チョン・ウとダブル主演)という時点で即鑑賞を決めた作品。
1985年、自宅軟禁された次期大統領候補と、その監視役に任命された諜報員の男に焦点を当てた社会派ヒューマンサスペンスドラマ。

一応、あくまでフィクションとのこと。

空港で帰国したばかりの次期大統領候補(オ・ダルス)がいきなり捕まるところから物語は始まる。
そして、そのまま自宅軟禁に。
理由は大統領選の出馬を阻止するため。

そして、その隣の家には住み込みでオ・ダルスを監視する男が3人。
その中のリーダーが主人公(チョン・ウ)という設定。

監視といっても直接対峙するのではなく、仕掛けた盗聴器の音声をひたすら拾っていく仕事。
そのまま盗聴さえしてればいいのだけど、それでは物語が進まないのでやっぱり出会ってしまう2人。

そこからが今作の見どころだった。

主演の2人以外のキャストでいうと、1番印象に残るのはチョン・ウの上司役のキム・ヒウォン。
正義なのか悪なのか微妙な感じが絶妙で良かった。

そして、もう1人は家政婦のおばちゃん。
前に名前を調べたけど、また忘れた😅
この家政婦が適度に場を和ませる役割を果たしていたと思う。

物語的には序盤はところどころでふざけていたので気が緩みがちになってしまう。
でも、そこからの後半のシリアスさは全く笑えないので、緩急のつけ方という点ではなかなかの作品だった。

ただ、自分はオ・ダルスが好きなので全然構わなかったけど、客観的に見て大統領候補役が適役だったかどうかはわからない🙄
oln

olnの感想・評価

3.3
民主主義と共産主義
お隣さんに聞き耳を立てる

ガサガサ
知らないことは不安になる
グルグル
わからないことを不穏に思う

わかり合えれば当たり前のことがわかる
言葉で表現するのは難しいけれど
誰かの言葉でこの世界を変えないと

投げ捨てた腕時計
進む秒針
そろそろ食事の時間

いろいろあったけれど
すべて水に流そうよ





感想です。

”『7番房の奇跡』の監督最新作”と銘打たれて観ないわけにはいきませんから、それなりに期待して鑑賞していたんです。
房長を演じていたオ・ダルスは、ついに総裁にまで上り詰めました。相変わらずトップに立つ男のようです。オ・ダルスは良かったんですけどね。。この監督の悪い癖が引っかかりすぎました。

『7番房の奇跡』のときも、ちょっとクドイよねとは思っていたんです。でも、親子もので、「お前ら泣かす」と宣言しているに等しい内容でしたし、やればやるほど自体は悪化していく「もうやめてぇー」な内容だったのも、クドさを中和する要因だったのかもしれません。
本作では、このクドさを使って事態を好転させていくせいで、「くっそご都合やんけ」という感情が込み上げてきます。あいつ引き籠ってただけじゃんね。
泣いている方もいらっしゃいましたが、大変申し訳ないことに「はぁ?」という感情で心が埋め尽くされていました。

トイレットペーパーと新聞紙の対比とか、「共産主義者はクソまで真っ赤だ」とか、魚の鍋の暗喩とか、気が利いているところもあったし、中盤までのふふッと笑えるやり取りも良かったんですが、終盤の失速が気になる作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事