流浪の月のネタバレレビュー・内容・結末

「流浪の月」に投稿されたネタバレ・内容・結末

横浜流星の落ちていく演技がすごい。
小説読んでから観たけどこれだけ要素を絞ってもしっかり見せられるのも、ひとり語りを入れずに伝えるのもほんとにすごい。
松坂桃李の文もあの危うさ、切なさが全編通して伝わってきてほんとに配役ピッタリだったなと思った。
映画なのでこれはこれ、だけど、谷さんの背景も描かれてると良かったなぁ…

幻のラストシーンはなくてよかったと思う一方で見れてよかったとも思う。あぁこの2人はもう大丈夫だ、って思わせてくれるシーンだったなと。
世間の目は好奇と嫌悪で2人にとって生きづらいと思うけど、お互いがお互いにとって唯一の居場所になってるのでふたりが出逢えたこと、一緒にいられることは必然でもありなにより幸せなことなんだろうな…
色々なしがらみがあるこの世界で生きていくのは息苦しいことも多いけど、文が言っていたように自分を誰かの好きにさせちゃいけないし、偽らずに生きていける自分の居場所を見つけるのはとても大事なことなんだろうなと、改めて感じた作品でした。
松坂桃李のこういう役、大好き。
(もちろんポップな作品も好きだけどねー)
.
松坂桃李、広瀬すず、横浜流星、かなり力を入れてるんだろうなと思う仕事っぷり。
特に横浜流星。
おめでとう!クズっぷり最高だった!
.
上っ面だけで決め付けてくる警察やマスコミ、職場の人、他人、母親。
本当のことを話そうとしても、頭から決め付けて聞く姿勢がない人には何を話しても無駄だよな。
そんなことをボンヤリ考えながら観ました。
.
文が服を脱いでいくシーン、手が震えていて彼の覚悟が伝わってきた。
(まぁ、おいおい!どうなってるの?と観てるこっちは冷静じゃいられなかったんだけど)
.
子供の頃の強烈な体験は大人になってもずっと心の中に潜んでいて、事ある事に表に出てきて厄介なもんだなぁと思いました。
キャストが良かった!薄暗い雰囲気の広瀬すずは目が離せなかった。
数年前に原作を読んだときには更紗と文の幸せを願って本を閉じた。時が経って映画として流浪の月を観たときには2人以外のも、特に亮の幸せを願いたくなった。更紗を見る度に自分の小ささを知るのはみじめで嫌気がさしただろう。母親に捨てられたことから自分を捨てないような女性を求めて、見つけた更紗も他の男のもとにいってしまう。更紗には文がいたけど亮には誰かがいるのかな。暴力がいけないことは大前提として、どう足掻いても幸せにならない亮に同情した。

自分にとって都合の悪いことは全て嫌がらせ

人間は見たいものしか見ない

私もきっと作品を受け取りたいように受け取っていて、次に読んだり観たりしたときにはまた感想が変わるのだろうなと思う。読んだ後ぼーっと物思いに耽りたくなるような作品
私は何だこのラスト、と思ってしまった
最後の幼少期のすずちゃんの唇を見つめて思わず触れてしまったシーン、すずちゃんに抱いていたのは結局歪んだ性欲だったんだ、手を出さなかったのではなく、手を出せなかっただけかと思って落胆してしまった
苦しくてもどかしくてしんどい、

どこまでいってもふたりにしかわからない。その言葉に尽きる気がする。
とてもよかった。
幼い自分を救い、穏やかで豊かな時間を与えてくれた文に対して、子供ながらに愛情を抱いた更紗。大人になって再会した文は、更紗にとっては大切な人のままだが、文にとって自分はもう女性として愛せる存在ではなくなってしまった。ただそんなことは悲しくない。ただ、愛しい文のことが可哀想で、自分が幼い姿に戻って、文が望むことをしてあげたいと思う。

子供のまま大人になってしまった文が、恋心を持つことのできた女の子と2度目の別れをしなければならなかったとき、文は1度目の別れよりも、大きな拒絶を表現した。これは、別れそのものへの拒絶?他者から自分の愛を否定されるへの拒絶?社会的地位を脅かされた(であろう)あの経験が、再び繰り返されることへの拒絶。どれかかもしれないし、全部のまだらかもしれないし、どれでもないかもしれないけど、2度目の別れを経験して、文は更紗に自分の秘密を打ち明けた。もう抱えておくことができなかった。
だけど、彼の奥の奥にあったものを彼が打ち明けてくれたことが、更紗にとって、文を愛し続ける力になった。ふたりはきっと、居場所が失われたら次の居場所に流れて、それを繰り返して、ずっと一緒にいるだろう。

追記:
考察や原作の口コミを見ていたら、ロリコンというのは、文が病気を隠すための偽りだとあった。病気の自分から目を背けた先が幼い女の子なんだと思っていたが、そうではなく、文は大人だろうと子供だろうと愛することができないのだと。多部さんとのシーンも納得…なるほど…

音楽:原摩利彦
言葉の使い方、他人への向き合い方、考えさせられる映画だった。

自分のことを全て相手に理解してもらうことも不可能。
相手のことを全て理解することも、同時に難しい。

でもそのような「孤独」な定め持つ社会だからこそ、自分の弱さを見せられる存在、寄りそってくれる存在や姿勢に、物凄い価値があるんだと思う。

登場人物の心情でいうと、
更紗は周囲の環境に依る「孤独」が大きく、
更紗が抱える闇の起因も理解できたが、
映画終盤まで、
何故文が孤独であり、闇を抱えているのか、
わからない部分もあった。

ただ最後の病気のカミングアウトのシーン、
そして未公開シーン含め、母親との会話のシーン。
これらのシーンを見て、
ようやく文の心情が腹落ちされた。

・人間としての尊厳に関わるコンプレックス
・それを母親に「ハズレ」と扱われてしまう自己否定
・最愛の人(更紗)には知って欲しいが、幼い更紗のことを思うと、到底病気のことを打ち明けるわけにはいかない
⇒大人になった更紗には打ち明けられ、救われた部分でもあると思う。

上記のような孤独と闇を抱えながら、
それでもなんとか心に折り合いをつけ、
生きてきたんだと思う。

更紗や、安西りかのような、
淀みのない子どもと触れ合っている瞬間のみが、
唯一この世の中で、文の闇を払拭してくれる時間だったのだろう。

更紗が、文の家に居場所を求めたように、
文もまた、更紗との時間に、家庭や学校では味わえなかった拠り所を感じることができていたんだな。

こと、自分自身と重ね合わせると、
冒頭の通り友人や恋人との関係において、
各人の心情を全て汲み取ることはできない。
ただ、誰かにとって、
自分が「居場所や拠り所」になるのなら、
それはそれで少しは意味があることなんじゃないか。
最後にはそう思考を膨らました作品だった。
叔母の家に引き取られ行き場のない少女と、病気の為に無情にも母親に見放された大学生、それぞれ孤独を抱えた2人が惹かれあって離れられなくなり、やがて特別な存在になってしまったみたいな、観たままシンプルにそういうことだと思いました。常識にとらわれて偏見の目でしか見られない、自分も含め世間一般の人達には決して理解できないことだと思うので、これからは2人で外国にでも逃げてもらって幸せに暮してほしいですね。とりあえず横浜流星のライトサイドの作品を観て中和しときたいと思います。
更紗と文の切ない過去と現在とても魅力的で見どころ満載の映画
少しミステリアスだが根はとても優しい文と過去に囚われているが元気が良く笑うと可愛い更紗が、大人になった時どうゆう再会をするのかとても感動的な映画でした。
わたしの中でのハマり役は横浜流星で、酷い…となる人と、そりゃそうなるだろ…ってなる人にわかれる気がするんだけど、私はそこまでしないけどそりゃそうなるだろうな……派だった。
エンドロールに劇中使用曲として『白日』がクレジットされていたけど、どこで使われていたかはわからなかった。 歌詞の内容とこの映画を重ねてみると意図的に選曲されたように思う
終わったあとにずーーーーーーんとしたものが残る。
なにか物足りない終わりだった。
安西りかちゃんどうなったの???

映画館にて。5/16
>|

あなたにおすすめの記事