ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣の作品情報・感想・評価・動画配信

「ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣」に投稿された感想・評価

ディズニーロシアという初めて聞く団体の映画。
異世界転生もので安っぽさはありながらも、ファンタジーの王道とコメディ要素が両立出来てはいた。
期待してなかっただけに割といけた。
2022|129
まめ

まめの感想・評価

3.0
途中まで意味わからないくらいつまらなかった。誰が味方で敵なのかもわからない。ただ後半はテンポがよく観ていて爽快だったし、ラストにビックリ、次回作が観たくなった。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ドミトリー・ディアチェンコ監督が手掛けたアクション・アドベンチャー『ベロゴリア戦記』シリーズの第1作である本作は、"光の魔術師スヴィヤトザル"として出演した人気TV番組のチャレンジ企画でイカサマ行為を働き意気揚々とファイナルステージ進出の満足感に浸るも、とある依頼を受けたその後日に"嘘"がバレてデパート内で逃走劇を繰り広げていた中、プール施設のウォータースライダーに逃げ込んだところ異世界"ベロゴリア王国"へと転移し、そこで待ち伏せていた老爺から自身が"伝説の戦士イリヤ・ムーロメツの息子"であることや父親の形見の指輪を託された、口先だけで人を騙しながら生き抜いてきた児童養護施設育ちのペテン師イワンが、王国を統治するドブリーニャの歓迎を受けるもその妻ヴァルヴァラによって地下牢へ収監されたことで、不思議な魔術を使う600歳の魔女バーバ・ヤーガやある"秘密"を抱えた協力者のヴァシリーサの手引きを受け地下牢からの脱獄に成功した、魔法の剣と水晶の力によって不死身となり王国を1000年にも渡って支配していたコシチェイと行動をともにし、水を操る半魚人ヴォジャノイを仲間に加え人間界に戻るために必要な"魔法の剣"が隠されているという"白の山"へと向かうもヴァルヴァラの追跡に遭い思いも寄らぬ事態に遭遇したことで、一度は人間界に逃げ戻るも勇気を奮い立たせヴァルヴァラたちとの戦いに身を投じていく様が描かれた作品となっているのだが、率直な感想としてはペテン師・イワンを演じた主演のヴィクトル・ホリニャックに関しては惹かれるものはあまり感じられなかったが、作品自体はコメディ満載で気軽に楽しめるアドベンチャー作品でしたし、続編が気になる結末も見せてくれたので最後まで飽きることなく視聴はできました。ただ、どちらかと言えば子供よりで前文で触れたコメディも意外とベタでシュール。物語のスケールは壮大だが第1章とのことで説明不足な点も見られますし、わりと終盤も小波な盛り上がり程度でアクションも控えめ。なので期待して視聴するほどのものではないかと。それでも登場人物らが織り成すユニークな掛け合いや悪役ながらしっかりとコメディを見せてくれることなど気になる点もありましたし、暇つぶしに最適な一作といったところでしょうかね。それなりに楽しめました。
ディズニーロシアの作品。
今ロシア作品見るの?って突っ込まれるかもだけどディズニーロシアとは知らずに
「ディズニー!?でもディズニープラスに配信されてないから借りよ」
ってなったのです。

異世界転生もの。
日本のアニメみたいな設定で
バカみたいなことしか言わん男が主人公で
異世界でわけわからんギャグとか一切スルーされる描写が多かった。

🐶とみた!
ぢぇる

ぢぇるの感想・評価

3.5
ジャケ借り。期待してなかったけど、普通に面白かった。
おい、そこで帰んのかーーぃとツッコミました笑。
2章も見ます^ ^
今だからこそロシア映画

ロシアのエンタメ文化を少しでも知りたくて鑑賞。結論笑いは至極ベタで他は西側の価値観とさほど変わりはない。っていうか普通に面白い。英語の曲も結構かかってたしね。さすがに女子は美しい。次作も楽しみ。
シンプルなストーリーですが、
最後の最後まで 誰が敵で 誰が味方なのかが分からず、なかなか面白いです。

~~~~~~~~~~

< ストーリー >
孤児院で育った詐欺師 イワン♂は、自らを魔術師だと偽り、
人々から金品を騙し取っていました。
ある日、イワンは 異世界のベロゴリア王国に召喚されます。
そして、元の世界に戻る為、冒険の旅に出る事になってしまうのでした。

~~~~~~~~~~

ディズニー・ロシアが制作している このシリーズは、
第2作目まではDVD化されています。

けれど・・・
第3作目は ロシア国内では昨年末に公開されたようですが、
今年に入ってからの ウクライナに対する侵略戦争と
それによるロシアへの経済制裁も有って、
第3作目がDVD化されるのは プーチン政権が倒れるまで難しいでしょう。
カント

カントの感想・評価

3.7
ロシアン・異世界転生コメディ。または……ロシアン・ロード・オブ・ザ・リング💡

剣と魔法とスマートフォン。
所々ジブリっぽさが有るな~と思うけれど、逆に、ジブリに異国モチーフが多いだけですね😅
面白かったです。

まさかディズニー・ロシアのスタッフも、リアル・ウクライナ事変が起こるとは思ってないし、起こった事すら知らないのかも😵💦
kazu

kazuの感想・評価

-
評価が高かったので観てみたけど…
無理😑💧
主役がイヤだし、ダメなふざけ方で、ストーリーも…。頑張って観たけど、途中でやめた。
期待していなかった分、楽しめた感はある。
ちょっとひねくれた異世界転生ファンタジー。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品